新生FF14ブログ第8回、プラエトリウム攻略でついにエンディングを迎える。エンドコンテンツへの道

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

先日ついに新生FF14のメインストーリーをクリアすることができました。
カストルム・メリディアヌム(外郭)から連続で行ったので少々疲れたものの、楽しいPTで攻略することができ、思い出のひとつとなりました。

スポンサーリンク

ラストダンジョンは同サーバ内でPTを組もうと決めていたが、正解だった。新たな出会いと育まれる友情!これこそFF14の醍醐味である

新生FF14ではコンテンツファインダーという便利なシステムが存在します。
サーバ側で自動的にマッチングしてくれるので、ID(インスタンスダンジョン)通いも楽というものなのです。

特に後半のIDは8人構成のフルPTとなるために、同サーバ内で人を集めるのが難しいときは重宝するかと思います。

しかしこのシステムにも欠点があり、別々のサーバから色々な方が参加するため、フレンド登録ができずIDが終われば二度と会えないかもしれません。まさに一期一会的な感じでしょうか。それはそれで面白いものなのですが……。

私の場合はできるだけシャウトで募集したりしています。
特にラストダンジョンに関しては同サーバ内でPT募集しようと決めていたのです。

結果的に夜遅くにも関わらず、8人集まり無事に「最終決戦・魔道城プラエトリウム」をクリアし、エンディングを迎えることができました!

ラストダンジョンクリア後、皆で記念撮影。

パーティ構成は、

  • ナイト
  • ナイト
  • モンク
  • モンク
  • 黒魔道士
  • 黒魔道士
  • 白魔道士
  • 白魔道士

と、同じ職が2人ずつという面白い構成でした。

IDクリア直後には皆で集まって記念撮影しようということに。
上記の画像がそれです。真ん中の黒魔道士ミコッテが私のキャラクターですね。

さてさて実はこのPT、元々はプラエトリウム攻略のために組んだのではなく、カストルム・メリディアヌム攻略のために組んだPTでした。

新生FF14はダンジョン途中のムービーや演出にも凝っており、ぜひ見るべきところなのですがムービー視聴中は当然そのキャラクターは動けません。

特にカストはクリア後にもらえるアイテム(アラガントームストーン:哲学)を集めるためになるべく早く周回するのが常となっており、初見だとしてもムービースキップを強いられることもしばしば……。

フレンドのフレンドさんがまだカストをクリアしていないということでしたので、お手伝いも兼ねて「じっくりムービー鑑賞できる」をコンセプトにカスト攻略PT募集をしてみたら以外にサクッと集まりました。

カストのムービーやダンジョン内のギミックを堪能しつつクリア。
この後すぐに最終決戦へ行けるようになるので、このままのPTでエンディングまで行きませんかと提案したところ「やりましょう!」の流れに。

それでそのままプラエトリウムもクリア、という感じでした。
ご一緒した皆さんどうもありがとうございました。そして夜分遅くまでおつかれさまでした……!

カストのクリア後には皆で一旦集まって休憩。その間にお互いにフレンド交換もし合いました。
こういった新しい出会いができるのも、同じサーバ(ワールド)ならではのことだと思います。

前述したように、私ができるだけ募集にしているのもこれがあるからですね。

「広がるフレンドの輪、育まれる友情」
ん~、何とも素敵ではありませんか!やはりファンタジーの世界なのですからこうでなくては!

エンディングを迎えた後も冒険はつづく!エンドコンテンツが盛り沢山。まずは真イフリートを討伐して武器を入手したいところ……!

さて、エンディングを迎えてゲームクリア……といきたいところですがまだまだ冒険は続きます。

「エンドコンテンツ」と呼ばれるものが次々に解放されていきます。

エンディング後には早速「真イフリート討伐」のクエストが受注できるようになりますね。

直近の目標としては、この真イフリート討伐をクリアして入手できる武器、いわゆる「イフ武器」を手に入れることとなりそうです。

装備できるレベルは50で変わりませんが、アイテムレベルが高くなっており、高い性能の武器・装備を整えないと、さらに先のダンジョンは攻略が難しくなっています。

そのため、装備を入手したらそれを手に次のダンジョンへ……。
という流れになるでしょうか。

まさしく「僕らの冒険はこれからだ!」的な感じでしょうかね(笑)
先は長いですが、新たな目標目指して頑張ります!

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク