【ニンテンドースイッチ】ジョイコンに乾電池を使えるグリップ、追加バッテリーで長時間プレイでも安心

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

ニンテンドースイッチ向けの新しい周辺機器「Joy-Con拡張バッテリー」が登場します。なんと乾電池をジョイコングリップに装着できるようになります!

スポンサーリンク

単3形乾電池2本で1つのジョイコンを充電&給電。長時間プレイにも対応、重さが増えるが安定感は増す

2017_04_14_1_1

引用元:任天堂公式

ニンテンドースイッチ向けの周辺機器に新しいラインナップが登場します。その名も「Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)」。

ニンテンドースイッチのコントローラーは有線ではないため、本体から外してジョイコンを使用しているとバッテリーが減っていきます。

遊ぶゲームタイトルにもよるのですが、ジョイコンを取り外して使うゲームを長時間プレイしていると肝心な場面で電池切れになるという事態もありえます。小さくするために仕方ないとはいえ、もうちょっとバッテリーの容量が多く欲しいところ。

そこで登場するのがこのジョイコン拡張バッテリー。この拡張バッテリーはジョイコンをニンテンドースイッチから取り外して長時間使うことを想定して設計されていて、バッテリーには「単三乾電池」を使用するというのがポイント。

ジョイコンストラップのでかい版と考えれば良いでしょう。昨今のコントローラは充電式のが多いため、乾電池を装着するという点がユニークに思えてしまいますね。

ジョイコン1つで単三乾電池2本。両方で合計4本!

2017_04_14_1_2

引用元:任天堂公式

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)の仕様
サイズ 縦101mm×横47.6mm×厚さ34.4mm
質量 約48g(乾電池の質量を含まず)
バッテリー 単3形アルカリ乾電池
※ 単3形乾電池2本でJoy-Con1本を
充電できます。

ジョイコン拡張バッテリーは単三乾電池を使いますが、ジョイコン1つにつき2本の乾電池を使用する仕様です。

当然使うときは両方セットにするのが普通ですから、ジョイコン本体重量とジョイコン拡張バッテリー本体重量に加えて、 単3形アルカリ乾電池が4本分の重さになります。

元々が軽るすぎるくらいなのでそこまで影響はなさそうですが、重量は増えるという点は確認しておきましょう。

ジョイコン拡張バッテリー発売日は6月16日、ニンテンドースイッチ用ソフト「ARMS」に合わせての発売となる

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式) Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)
Nintendo Switch任天堂 2017-06-16
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る

ジョイコン拡張バッテリーの発売日は2017年6月16日となっています。この日はニンテンドースイッチ用ソフト「ARMS」の発売日でもあり、それに合わせたラインナップということになります。

ARMSはボクシングに似た新感覚格闘スポーツゲームなので、ジョイコンを両手に握ってプレイする都合上、電池残量を気にせず遊べる対応が必要だったのでしょう。

もしかしたら乾電池でほどよく重量が増した分、軽すぎなくて安定したプレイが可能なのかもしれませんね。

ジョイコン拡張バッテリーの価格は3,280円+税となっています。付属品として動作確認用の単3形アルカリ乾電池も付いてきます。

ジョイコングリップの電池容量が気になる方は、ジョイコン拡張バッテリーの購入を検討してみましょう。

当サイトのNintendo Switch関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク