Amazonプライム年会費3,900円の価値はあるのか。元を取れない方が難しい豊富な特典とその詳細

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

Amazonプライムは年会費が3,900円しますが、これって本当にお得なのか、元が取れるのか悩みますよね。

実際に加入してみたので、プライムのレビューや使い心地について書いてみます。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員は送料無料と日時指定が制限なく利用可能。月に1回以上買う人はこれだけで元が取れる

最近だとAmazonプライムと聞くとビデオとかミュージックばかり思い浮かびます。確かにそれも魅力ですが、もっとも基本的かつ真骨頂ともいえるのが、お急ぎ便・指定配達・送料無料の宅配です。

Amazonは今年の4月6日から配送料を改定していて、Amazon.co.jpが発送する2,000円未満の商品の通常配送料を無料から350円(税込)へと引き上げました。長らく続いた送料無料キャンペーンに終止符が打たれたわけです。

私はたいていAmazonを見ていて「あ、これ欲しいな」と思うものって2,000以下のものが多いのですが、例えば980円のものを買うのに350円も送料を出すのはやはり馬鹿らしいと感じます。

でも2,000円以上無理して買うのももったいないし、「欲しいものが増えたらまとめて買うか」と我慢するしかありません。

改めて考えてみれば、2,000円程度で送料無料になるというのもある意味異常なサービスであって、運送業界の方には申し訳ないと思うのですが、でもやっぱり送料無料だとうれしいのが本音。

そこでAmazonプライムが出てくるわけです。

Amazonプライム会員は2,000円に満たなくても、Amazon.co.jpが発送する商品であれば配送量が無料になります。

試しに私の好きなコーヒー関連商品をカートに入れてみますと、

2016_12_16_1_1

配送料・手数料について

ご注文に含まれるAmazonプライムの特典対象商品には、Amazonプライムの配送が適用されました。

このように表示されて、通常350円かかる配送料が無料になっているのがわかります。

それに加えて、お急ぎ便が無料で選択できますし、お届け日時指定便も無料で利用できます。

年会費は月割りで考えるべし!頻繁にAmazonを利用するなら入っても絶対お得になる

プライム会員ならばまとめて買う必要がなく、足りなくなったものを送料を気にしないで小分けに買えます。

本来ならば1回ごとに350円ずつ送料がかかってくるのですから、例えばひと月に1度特定のものを買うとして350×12=4,200円。

プライム会員の年会費は3,900円なので、12ヶ月で割ればひと月あたり325円です。ほとんどAmazonを使うことはありませんという人はともかく、頻繁に活用するならば月に1度買い物をしているだけで元が取れることになります。

プライムビデオの映画やアニメ作品が追加料金なしで見放題。流し見しても見尽くすのは難しい量

最近ではこちらの方が話題にのぼりやすいかもしれません。「amazonプライムビデオ」について。

ドラマや映画・アニメなど数多くの作品がありますが、プライム会員ならこれらのamazonプライムビデオの動画が見放題になります。

本来はプライム会員の特典という形で「おまけ」的なものだったはずですが、Amazonは妙に力をいれていて、いつの間にかプライム対象の動画がかなりの数になっていました。

プライム対象の動画であれば、追加で料金を取られたりすることはなく何度でも無料で見ることが可能。

Amazonプライムビデオのコンテンツ量と画質。ダウンロードして再生することもできる

有料の動画配信サービスといえば、近年では「Amazonプライムビデオ」「Hulu」「Netflix」などが有名です。

Huluはアニメが豊富だったり、Netflixは最新映画などが見られるのが強みですね。

それらと比較してみるとAmazonプライムビデオはコンテンツ面での突出した強みはないように思えるかもしれません。

だからといってコンテンツが少ないかといえばそうではなく、映画やドラマ、アニメも有名どころは押さえています。ものすごいヘビーユーザーでない限り見尽くすのは無理という程度の量はあります。

動画の画質も高画質、綺麗で安定しているという点もプラスポイントでした。

通勤通学など、外で動画を見たい場合は綺麗な画質ゆえにそのデータ量が心配になりますが、Amazonプライムビデオは事前にダウンロードしておくこともできるので、通信データ量を心配しなくて良いというのも嬉しい点です。

プライムビデオのダウンロードは、

  • Fireタブレット
  • Android携帯およびタブレット
  • iOSデバイス

これらのデバイスに対応しています。

2016_12_16_1_2

また、現在放映中の最新アニメも取り扱ってくれているのが個人的に嬉しいところ。地方だとそもそもテレビでやってねぇ!という状況もままあるのですが、全国どこでも最新アニメを追いかけられるのは地味にありがたいものです。

何か忘れていませんか?料金だよ!月額325円相当だよ!

しれっと他の有料動画配信サービスと比べてしまっていますが、待ってください。料金が抜けています。

税込み価格で表示すると、

  • Hulu : 月額1,008円
  • Netflix : 月額1,026円(一番安いベーシックなら702円)
  • amazonプライムビデオ : 月額325円(月割計算)

このようになります。amazonプライムビデオがぶっちぎりで安いのがわかります。

一番気に入ってるのは、値段だ

Amazonプライムミュージックで音楽聴き放題!邦楽より洋楽が多い。スマホアプリでも聞けてダウンロード可能

プライム会員ならばAmazonプライムミュージックも利用できます。

Amazon Prime Musicは100万曲以上あるミュージックを一切の追加料金なしに聞き放題となるサービスです。

2016_12_16_1_3

普通に買おうとすると1曲250円とかするので、無制限に聴き放題なのは非常に嬉しい。特に作業中にBGMとして鳴らしたい方は重宝すること間違いなし。

取り扱うミュージックは洋楽が多い。邦楽やアニソンは少なめ

プライムミュージックでは100万曲以上の音楽を取り扱っていますが、内容的には洋楽が多目となっています。

邦楽もそれなりにありますが、やはりコンテンツ量を占める割合は少なかったです。アニソンも同様。

プライムミュージックアプリでいつでも音楽が聞ける。スマホはダウンロードしておけるのも嬉しい

2016_12_16_1_4

Amazonプライムミュージックは専用のアプリも用意されており、

  • Fireタブレット
  • Amazon Fire TV
  • Fire TV Stick
  • iOS端末
  • Androidスマートフォン、およびタブレット
  • PCおよびMAC
  • Amazon.co.jpサイト

これらの端末に対応、あらゆる場所で音楽を楽しむことができます。

Amazon Musicアプリがインストールされたスマホやタブレットの場合は、Prime Musicをダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。高音質のものでもデータ通信量を心配する必要はありません。(ダウンロード済みのPrime MusicはAmazon Musicアプリ内でのみ利用可能)

Kindleオーナーライブラリーで毎月1冊無料で本をもらえる!Kindle端末またはFireタブレットが必要

Kindle端末またはFireタブレットを持っている方は、プライム会員になることで「Kindleオーナーライブラリー」というサービスを受けられます。

私は対応端末を所持していないのでレビューできないのが残念ですが公式の説明文には、

Kindleオーナー ライブラリーは、Kindle端末またはFireタブレットをお持ちで、Amazonプライム(無料体験を含む)、Amazon Studentのいずれかにご登録のお客様を対象としたサービスです。数多くの対象タイトルの中から、お好きな本を1か月に1冊、無料でお読みいただけます。

引用元:Amazon公式サイト

このように記載されています。

Kindle電子書籍リーダーまたはFireタブレットを持っている方が対象のサービスですので、PCやスマホなどではオーナーライブラリーは利用できません。

月額325円の価値は絶対にある!何がなんでもAmazonを使いたくない人以外は元を取れない方が難しい

メジャーなサービスの詳細は上記のとおりですが、ここでアマゾンプライム会員の特典一覧。

  • 無料の配送特典
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム・ビデオが見放題
  • Prime Musicで音楽聞き放題
  • プライム・フォト(Amazon Driveに写真を容量無制限で保存できる)
  • Amazonパントリー(食品・日用品を中心とした低価格の商品を1点から購入可能。手数料1箱あたり290円)
  • Dash Button(押すだけで商品が届く魔法のスイッチ)
  • プライム会員限定先行タイムセール(タイムセールで通常より30分早く注文できる)
  • Kindleオーナーライブラリーの利用
  • ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など(おむつとおしりふきが定期おトク便で15%OFFになる)
  • 家族と一緒に使い放題(会員本人のほかに、同居のご家族を2人まで家族会員として登録でき、配送に関する特典を利用できる)
  • Amazon定期おトク便のおまとめ割引

Amazonプライム会員になれば、実にこれだけのサービスが受けられるようになります。

年会費3,900円と聞いて私もどうするか悩んだ口ですが、自分のAmazon利用状況と受けられうサービスの内容を良く知れば、簡単に元が取れることがわかりました。

何かしらの理由があって、「Amazonは使いたくない」という方以外は、逆に元を取れない方が難しいような気がします。

学生さんは学生専用のAmazonプライム「Amazon Student」が利用できます。こちらは年会費1,900円 (一月あたり159円)ととんでもなくお得になります!

はじめてAmazonプライムを使う人は30日間の無料体験を利用できる

まだAmazonプライムを利用したことがないユーザーならば、30日間の無料体験サービスを利用することができます。

Amazonプライムの機能をそのまま、30日間無料で試すことができるので今後加入するかどうかを見極めるにはぴったりです。まずは無料で加入して利用してみましょう。

ちなみに私は最初、「どんなもんか試してやんよ~( ・ω・)」というノリで加入してみたんですが、もう抜け出せそうにありません(笑)

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク