「yum-security」でセキュリティアップデートのみを適用する

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

YumはCentOSやFedoraなどで標準で採用されているパッケージ管理システムです。
これのおかげで簡単にパッケージのインストール・アンインストールができます。
ちなみに「Yellowdog Updater Modified」の略で、読み方は「ヤム」なのだとか。

yum check-update
yum update

とすることで更新のあるパッケージをサクっとインストールできます。
しかし、更新のあるもの全てをアップデートしてしまいます。

サーバ管理者によって運用方法は異なるので一概には言えませんが、アップデートによって不都合が生じる可能性もあるため、最小限の変更で済ませたいなどの理由から、脆弱性を除いたパッケージの更新(セキュリティアップデート以外の更新)を行いたくないという方もいると思います。

このような場合にとても便利なのが「yum-security」というプラグインです。
このプラグインを使うことでセキュリティアップデートのあるパッケージのみを更新することができます。

スポンサーリンク

「yum-security」のインストール

yum-securityをインストールするには以下のようにします。

CentOS5 の場合

yum -y install yum-security

CentOS6 の場合

yum -y install yum-plugin-security

「yum-security」の使い方

使い方はとても簡単です。
アップデートするときに、「–security」とオプションを付けるだけです。

実際にやってみます。

yum –security check-update

すると、

[root@test ~]# yum –security check-update
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * base: rsync.atworks.co.jp
 * extras: rsync.atworks.co.jp
 * updates: rsync.atworks.co.jp
Limiting package lists to security relevant ones
No packages needed for security; 16 packages available

このようになりました。
セキュリティアップデートの必要なパッケージはなかったようです。

もしセキュリティアップデートの必要なパッケージがあり、そのパッケージだけ更新したい場合は次のようにします。

yum –security update

これでセキュリティアップデートのあるパッケージのみ更新することができます。

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク