20180803

【FF14】ロスガル(ロンゾ)が新種族でキマリ!男性キャラしかいないのでヴィエラと対になるポジションとなった

拡張パッケージ5.0「漆黒のヴィランズ」でヴィエラに次ぐもうひとつの新種族「ロスガル」が実装!こちらは男性オンリーのキャラクターとなります。

スポンサーリンク

FF14新種族「ロスガル」は大柄な獣人!ヴィエラは女性専用キャラとなったため、それと対になるようにロスガルは男性キャラのみとなる

引用元:基調講演

先日東京ファンフェスにて行われた基調講演では、ヴィエラに次ぐ新たなプレイヤブルキャラクターとして5.0から新種族「ロスガル」が実装されることが発表されました。

まずは公開されたロスガルの動画を見てみましょう!

ロスガルはルガディン男性を思わせるガッシリとした身体ですが、今までのキャラにはないほど強い獣要素が最大の特徴となっています。

獣人と呼ばれるカテゴリーになりますが、一応ミコッテやアウラ、ヴィエラもその類ではあるものの、これらはかなり人間寄りのデザインとなっていました。

今回実装されるロスガルは本来の獣人と呼ぶに相応しいキャラデザインで野性味が強く出ています。

結局5.0新種族はヴィエラは女性キャラ専用種族、ロスガルは男性キャラ専用種族ということで決着。いずれ両方の性別は欲しいのが正直なところ

引用元:基調講演

「ちょっと待って! ヴィエラの男がないやん!」……と思うプレイヤーの方も多いでしょうが、残念ながらこれでヴィエラの男性はプレイヤブルキャラクターとしては実装されないことがキマリました。

5.0で追加される新種族に関しては、「ヴィエラ」は女性キャラクターしか使うことができず、「ロスガル」は男性キャラクターしか使うことができません

これに関しては、基調講演内にて吉田氏が次のように述べています。

大変ですね、悩みに悩んだんです、正直。

ただど~~~してもですね……、獣人を入れておきたかった。

これ以上の種族バリエーションの追加は、恐らく今のパッチスピードを考えると本当に難しい。ということでですね、両方叶えにいくことにしました。

引用元:基調講演

「獣人を入れておきたかった」というのは、恐らく海外プレイヤーからの要望が強かったことも影響しているのかもしれません。日本国内よりも、海外の方が獣人キャラを望む声が多いというのは良く聞きますね。

【FF14】ヴィエラは最後の追加種族!?設定詳細とヴィエラ男性について。前髪の有無や折れ耳タイプも選べる
7月2日に発売が決まった拡張パッケージ5.0「漆黒のヴィランズ」で最後かもしれない新種族の「ヴィエラ」が実装!男女設定や情報のまとめについて。

ヴィエラの記事のときにも書きましたが、個人的には新生FF14になってからは、根性版で実装されていなかったミコッテ男性も追加されて各種族が必ず両方の性別を選べるようになっていただけに、片方の性別しか選べない状態がまたできてしまうのに対してちょっと複雑な思いがあるのは正直なところです。

ただ、上記で吉田氏が発言しているように色々考慮した上で開発上の制約が付いている中での決定ですから、これは仕方ありません。

結局今回の拡張では、ロスガルは男性のみ。ヴィエラは女性のみとなりました。

しかし今後出てくるユーザー側の要望としては、両方の種族を使った人だからこそ「ロスガルの女性を使いたい!」「ヴィエラの男性を使いたい!」となるのはある種必然ともいえるでしょう。

もしかしたら今後さらに長いスパンでFF14を見たときに、ユーザーの声次第では、ロスガル女性、ヴィエラ男性も追加される可能性がないとは言い切れませんから、新種族をまずは使ってみて、たくさんフィードバックを送ってみるのが良いでしょう。レッツ幻想薬!

ロスガルの第一世界での呼び方は「ロンゾ」!フェイスパターンも多いのでキャラクリエイトの幅も広く、キマリも作れるがキマリは通さない

FF14の5.0の舞台となる第一世界では、今の種族の呼び名がちょっと変わります。新種族ももちろん例に漏れず、

  • 「ヴィエラ」は第一世界では「ヴィース」
  • 「ロスガル」は第一世界では「ロンゾ」

となります。

ロンゾと聞いて反応してしまうのはFF10のプレイヤーの方でしょう。かの有名なネタ「キマリは通さない」の元ネタですね。

ロンゾ族はFF10に登場した種族で、角の生えた獣人のような種族でした。

原初世界(FF14のメインの世界)ではロスガルと呼ばれていますが、第一世界ではロンゾと呼ばれていることから、ロスガルはFF10に登場したロンゾがモチーフとなったキャラクターです。

また、ロスガルは獣人ということもあり、特徴的なフェイスパーツが揃っています

引用元:基調講演

このようにFF10のキマリそっくりに作ったりすることもできます。こうしてみると、ロスガルは他の種族に比べてかなり個性を出しやすいように感じますね。

ヴィエラ男がいないことから、ロスガルが対になるポジションとなった。まずは方向性の違う2つの新しい種族を使ってみよう

ヴィエラの男性が実装されませんでしたので、違う種族ながらも「逆に男キャラしか使えない」というヴィエラの対になるポジションにロスガルが据えられた形となりました。

もちろん別種族ですし方向性が違うので一概に比較することはできないのですが、同時期に実装される獣人系キャラクターとしてはやはり注目の的です。

ネット上の意見も見てみると、吉田氏の発言からも今回の種族追加が恐らくFF14最後になるでしょうから、どうしてもヴィエラやロスガルの性別が選べないという点だけに議論のスポットが当たってしまう傾向にあります。

ただ、「今後絶対に性別追加はない」とも言っていませんから、プレイヤーとしてはまずはそれぞれの種族を使ってみてからそのフィードバックを兼ねてフォーラムなどに意見を出していくのが良さそうです。

いずれにしても5.0では2つの新種族が追加されることになりますので、プレイヤーの選択肢は大きく増えることになりますから、今から楽しみですね。

コメント