【PS5】プレステ5の発売日はいつ頃?PS4との互換性と日本での発売が気になる。2019年末が濃厚の模様

ぜひ記事をシェアしてください!

据え置きゲーム機の覇権を握ったPS4、早くもその後継機「PlayStation 5」の情報と噂が出始めてきました。発売周期的にはそろそろです。

スポンサーリンク

PS5の発売日とスペックは?PS4の発売は2013年11月、確かにそろそろ噂話が出てきてもおかしくない時期

2018_04_09_1_1

引用元:Wikipedia

最近になって、ソニーの家庭用ゲーム機「プレイステーション」の最新型、「プレイステーション5」の噂が出てくるようになりました。

現行機種となるプレイステーション4が発売されたのは、2013年11月15日。北米での発売を始点として、各地域で続々と発売されていきました。今からするとおよそ5年前のことです。

PlayStationの発売サイクル的にはそろそろ条件が整う

今までのプレイステーションはいったいどのくらいのペースで新型が投入されてきたのか、発売日とその期間を振り返ってみましょう。

機種 発売日 前機種から発売までの期間
初代PlayStation 1994年12月3日
PlayStation 2 2000年3月4日 5年3ヶ月
PlayStation 3 2006年11月11日 6年8ヶ月
PlayStation 4 2013年11月15日 7年
PlayStation 4 pro 2016年11月10日 ※3年

各プレイステーションの発売日と次世代機種までの期間はこのようになっています。だいたい前の機種が発売されてから6~7年といったところでしょうか。

プレイステーション4の発売日が5年ほど前になりますから、上記の次世代機種サイクル的にもそろそろ話が出始めておかしくない頃ですね。

PS4のスペック強化版である「PS4 pro」が2016年末に出たばかりなので、今PS5の話を聞くと「え?もう新型でるの?」となってしまいますが、あくまでPS4 Proはマイナーチェンジ版のような扱いです。

いつ頃PS5が発表されるのかについては色々と時期が噂されています。

気が早いところだと2018年末じゃないかというところもありますが、その可能性はかなり低く、「Death Stranding」や「The Last of Us Part II」などの今後発売されるビッグタイトルなどが控えているということもあり、2019年秋ごろ~2020年にかけてではないかという説が有力とされています。

2019年秋以降であれば、ちょうど上記のサイクルとぴったり重なることからも、期待が高まりますね。

プレイステーション5のスペックは?PSVRの最適化を中心としたものらしい

2018_04_09_1_2

引用元:playstation.com

PS5のスペックはどうなるのか気になるところです。

新型のPS5ではPSVRの最適化を念頭において設計されているとのことで、こちらの記事によれば、

The actual details are hidden behind a paywall, but we can list them for you. The PlayStation 5 should feature an APU composed of an 8-core Zen CPU and a Navi-based GPU – both customized, as usual, with consoles. We don’t know much about Navi yet, but AMD has previously linked its name to “Scalability” and “Nextgen Memory”. The latter could refer to GDDR6 memory, which both Samsung and SK Hynix have recently made available.

引用元:wccftech.com

PS5には、8コアのZen CPUとNavi世代ベースのGPUで構成されたAPUが搭載されるそうです。

Sonyは自社のVRデバイスである「PlayStation VR」を今後も推していく方針なのは、最近の価格改定などからもわかるとおりです。

しかしPS4ではこのPSVRの要求に対して、スペックが不足していることが指摘されていました。その部分を補う意味でも、PS4 Proを投入した意義は大きかったといえます。

PS5はさらにPSVRとVR技術へ注力していく方向でのスペックアップを計っているようです。

PS5とPS4の互換性はどうなる?周辺機器も含めてぜひ維持して欲しい。引き続きAMDなら問題なさそう

PS5になることでさらに高性能になるのは嬉しいことです。

ただ、ひとりのゲーマーとしての意見ですが、正直なところ実際にゲームプレイをしていてプレステ4でも既に充分なグラフィックを堪能できているので、このさらに上を渇望しているかといわれると割とそうでもありません。

アクションゲームなどで爆発などの派手なエフェクトが発生したとき、フレームレートが落ち込んでしまってストレスを感じてしまうようなシーンがなくなればそれで満足かなと感じてしまったりもします。

このあたりは当然スペックがあがれば解消されることなのでしょうけど、やはり一番気になるのはPS5がPS4との互換性を保ってくれるかどうかという点です。PS4用に買った周辺機器やゲームソフトをそのままPS5でも使えるようにしてくれたらゲーム資産的にも言うことなしですよね。

PS4はPS3との互換性を完全に切って、cellを捨てることで独自路線から脱却した経緯があります。その結果、デベロッパーから喜ばれる「ゲームの作りやすさ」を手に入れ、それが今のPS4人気に繋がっている要因でもあります。

PS4にはAMD製の専用にカスタマイズされたAPUが搭載されていますが、PS5にも引き続きAMDのZenが採用されるなら互換性の心配はなさそうでしょうか。

また、PSVRの最適化を計るということならば、周辺機器がそのまま使えるようになる可能性は高いですから、PS4との互換性には期待したいところです。

発売日が噂どおりならば来年には発売されるかもしれませんから、ゲーマーの方は今のうちからPS5貯金を始めておくと良いかもしれませんね!