【PSプラス】2017年6月のフリープレイ一覧。魔女と百騎兵Revival、Badland、密室のサクリファイス

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

2017年6月のPS Plus加入者特典、フリープレイできるタイトルについて。全3タイトルとなります。

スポンサーリンク

PS4には「魔女と百騎兵 Revival」と「BADLAND: Game of the Year Edition」

2017年6月のPSプラスフリープレイゲームタイトルです。PS4向けには「魔女と百騎兵Revival」と「BADLAND: Game of the Year Edition」の2作品が登場!

「魔女と百騎兵Revival」

「魔女と百騎兵」は日本一ソフトウェアから2013年7月25日に発売されたPS3用ゲームソフトでした。

本作「魔女と百騎兵Revival」はPS4向けのリメイク版となります。

ゲーム内容はアクションRPGとなっていて、いわゆるハックアンドスラッシュ型の戦闘に重点を置いた作りです。

プレイヤーのいる世界とは別の世界「ミデア」に存在する2つの大国に挟まれた地域がゲームの舞台。瘴気で生物が住めない沼ニブルヘンネにいる沼の魔女メタリカは、世界を沼で満たす野望を達成するために、魔神百騎兵を召喚。プレイヤーはこの召喚された百騎兵となってゲームを進めることになります。

また、魔女と百騎兵はマルチエンディングとなっていて、3つのエンディングへの分岐があります。

PSStore参考価格:6,171円

BADLAND: Game of the Year Edition(PS4/PS3/PS Vita)

「Badland: Game of the Year Edition」は2013年にiOS用ゲームとして配信された「Badland」のグラフィックを強化するなどして、コンシューマ向けに移植したタイトルとなります。

奇妙な形をした黒い生物「CLONE」(クローン)を操作して、ギミックが設置されている世界を攻略していくという懐かしの横スクロールタイプのアクションゲームです。

シンプルなゲーム性ながらも、グラフィックの色使い、サウンドなどが独特の世界観を生み出し数々の賞を受賞しています。

PSStore参考価格:1,159円

PS3には「Badland: Game of the Year Edition」

6月のフリープレイ、PS3向けには「Badland: Game of the Year Edition」が配信されています。

作品概要については前項で紹介済み。

PS Vitaには「密室のサクリファイス」と「Badland: Game of the Year Edition」

本項目では上記で紹介済のものを除く1タイトルについてみていきます。

密室のサクリファイス(PSP/PS Vita)

2017_06_16_2_1

引用元:密室のサクリファイス公式サイト

「密室のサクリファイス」は、PlayStation Portable用ソフトとして2010年2月4日にディースリー・パブリッシャーから発売されたゲームです。

今回のフリープレイではダウンロード版となりますが、ゲーム内容はPSPのUMD版と同一の内容で、PS Vitaでもプレイすることができます。

ゲームの舞台は地中深くに作られた施設「ファウンデーション」。

ある出来事によって無人となってしまったこの施設に取り残された5人の少女が施設からの脱出を試み、起きた出来事の真相を調べていくという脱出アドベンチャーゲームになっています。

脱出パートとADVパートで構成されており、30以上のステージがあります。

脱出パートで部屋を探索、アイテム入手や合成、暗号解読をし、ADVパートではキャラクターの会話中心にシナリオが展開していく流れ。

他の脱出系ゲームと違って、理不尽ともいえるほど脱出パートの難易度が高いのが特徴です。

PSStore参考価格:4,104円

当サイトのプレイステーション4に関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク