【ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド】馬のなつき度を上げる方法。なだめる他、エサを与える裏技もある

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

ゼルダの伝説BotWで馬のなつき具合を上げる方法についてです。実はなだめるよりも簡単に上がるやり方があります。

スポンサーリンク

馬をなつかせる!地道になだめるのも良いが、エサを与えると1個でなつき度10%アップする裏技もある

2017_04_09_2_2

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでは、馬を捕まえても馬との信頼度が低い場合中々いうことを聞いてくれなかったりします。

捕獲した馬との関係は馬宿の所有馬リストで見ることができる「なつきぐあい」というゲージで判定できます。

これが信頼度のようなもので、なつき具合が低いと走るように指示しても歩いてしまったり違う方向へ向いてしまったりと、思うように操作することができません。

なつきぐあいを上げる方法。通常は少しずつなだめて信頼を深めていく

2017_04_09_2_1

馬のなつき具合を上げるには、通常は「なだめる」を使います。

例えば馬が違う方向に勝手に向いてしまったら、本来の向きへ修正して、「なだめる」をします。そうすると上記画像のように馬の顔部分にエフェクトがかかり、なつき具合が上昇します。

これを繰り返していくことで少しずつ馬との信頼関係を築いていって、最後はまさしく人馬一体となるほどに懐いてくれるのです。

手間はかかるのですが、おそらくこれが本来のやり方というか一番美しいプロセスです。

食べ物なんかに負けたりしない!→ウマい、ウマすぎる!エサで懐柔(?)するという方法がもっとも簡単

2017_04_09_2_3

なだめるやり方以外にも、実は馬のなつき具合を簡単に上げられる方法が存在します。それがエサを与えるというやり方

現実の馬と同様に、リンゴやニンジンが好きなので、目の前に置くとそれを食べてくれます。

メロンやイチゴ、キノコなどは食べてくれません。

試しになつきぐあい34%の状態で、リンゴを1つだけ目の前においてみます。

2017_04_09_2_4

すると、自ら近寄っていきムシャムシャと食べだしました。

そしてリンゴが消滅すると同時に、馬の顔部分にあのエフェクトが現れます。なつき具合が上がった証拠!

2017_04_09_2_5

馬宿にてなつきぐあいを確認してみると、先ほど34%だったものが44%になっています。リンゴ1つで10%も上昇しました!

ちなみにゴーゴーニンジンなども与えてみましたが、同じく10%上昇だったのでリンゴが一番コストパフォーマンスが良いです。

つまり、たとえ捕まえたばかりであってもリンゴを10個食べさせればこれ以上ない信頼関係が築けてしまうということになります。やはりウマい食べ物には勝てなかったよ……。

2017_04_09_2_6

馬との信頼関係を一瞬で構築できてしまうために、どこかエサで懐柔しているようにも思えてしまいますが、食べ物をあげるのだって立派な愛情表現です。どう受け止めるかはプレイヤー次第といったところでしょうか。

馬のなつき度に関しても例に漏れず、色々なやり方があるのがゼルダの伝説BotWの面白いところですね!

なつきぐあいを一瞬でMAXにできるのはとても便利なので、ぜひ試してみてください。

当サイトのゼルダの伝説BotW関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク