【BF1】PC版に必要なスペックは実際どれくらい?設定を落とせば数世代前でも十分戦える!

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

バトルフィールド最新作「BF1」のPC版でのスペックはどのくらい必要でしょうか。実際には数世代前のPCでも設定次第で快適プレイできます。

スポンサーリンク

BF1のPCスペックを確認してみよう。推奨環境や必須環境以下で挑戦できるだろうか

PS4などのコンシューマゲーム機であればまったく気にすることのないスペック話。統一された環境でプレイできるからこそのメリットといえるでしょう!

さて、我々PCゲーマーは新しいゲームが出るたびに自分のパソコンでそれが動かせるのかどうかと気にしながらソフトを買うか買わないか。それともPC環境をいっそ新調してしまうかなどの選択に迫られるわけです。悩ましいですよね。

BF1に必要なスペック「推奨環境」と「必須環境」を確認する

まずはバトルフィールド1の必須動作環境、推奨動作環境を確認してみましょう。

必須動作環境 推奨環境
OS Windows 7 (64ビット)

Windows 8.1 (64ビット)

Windows 10 (64ビット)

 Windows 10 (64ビット)
CPU Core i5 6600K Core i7 4790
メモリ 8GB RAM 16GB RAM
GPU(グラボ) nVidia GeForce GTX 660(2GB)

AMD Radeon HD 7850(2GB)

nVidia GeForce GTX 1060(3GB)

AMD Radeon RX 480(4GB)

HDD空き容量 50GB 50GB
DirectX 11.0互換ビデオカードまたは同等の性能
インターネット接続 512kbps以上のインターネット接続

必須動作環境というのは最低限このくらいは無いと満足に動かせないよとメーカー側が公開しているPCスペックです。

最新ゲームだけあって、要求スペックもそれなりにあります。CPUに関してはCore i5 6600Kクラスが必須となっていますが、6600KといえばSkylake世代の新型CPUです。

一方、私の現在のゲームPCはというと、

筆者PC環境
OS Windows 7 (64ビット)
CPU Core i7 2600K(定格)
メモリ 16GB RAM
GPU(グラボ) nVidia GeForce GTX 970(3.5GB)

うぅーん。

グラフィックボードは1世代前のGTX970ですので、推奨環境にこそ届きませんが十分合格点です。

ただ、問題はCPUでしょう。
Core i7 2600Kは推奨環境で求められているSkylake世代から数えて4世代前のCPUです。これで本当に動くかどうかスペック表だけを眺めると不安になってきます。

もちろん私も自作erの端くれですから、型番だけで単純に比較できないこと、HTTの有無だとかSandy BridgeじゃPCI Express 3.0(Gen3)じゃないだとかGTX970の3.5GB病も理解した上でこういう構成になっているので、パソコンわかんないです(^q^)ってレベルではありません。

その上でいえることは、ベンチマークテストの結果なども参考にはなるが、実際にゲームを動かして体感してみなきゃわからねぇ!ということです。

2600KとGTX970で挑むBF1!あまり無理はできないが、設定次第ではマルチプレイでもストレスを感じない

こまけぇこたぁいいんだよ!やってみなきゃわかんねーだろ!ってなわけで2600K+GTX970+メモリ16GBという構成のPCでフルHD解像度でどこまで戦えるのかを実際に試してみました。

フレンドに感化されてBF1を買ってしまったので後には引けません!

2016_10_22_2_1

実際にマルチプレイで64人のコンクエストへ参戦。fps値(フレームレート)測定にはFrapsを用いています。

オプションからグラフィック設定最高状態でも何とか60fps程度を確保できる感じでしたが、爆撃や密度の高いマップですとそこから若干下がってしまいました。

FPSゲーマー的にはフレームレートは高い程良く、最低でも60fpsは確保しておきたいところです。

そこでオプションからグラフィック設定を全て「低」にして、最低限の描画にしてできるだけ軽く動作するように設定してみます。

上記の画像はグラフィック品質設定を全て「低」に設定した状態で測定していますが、空爆や乱戦時でも60fpsを下回ることはありませんでした

概ね100fps程度で行き来しており、対人戦において十分渡り合えるレベルだと思います。実際にプレイしていてそこまでストレスを感じることはありませんでした。

2016_10_22_2_2

グラフィック設定を下げれば動作は軽くなりますが、やはりグラフィック品質は犠牲になります。金属表面の濡れ具合といった質感部分は分かりやすいかもしれません。

ただ、いずれの画像も低品質の状態のものですが、そこまで我慢できないレベルの糞グラフィックか?と言われたら全然そんなことはないですよね。

美麗なグラフィックを最高設定で楽しめるのに越したことはありませんが、低品質でも十分満足できるレベルの映像と思います。

PCスペックが要求を満たしていなくても十分遊べる。要求スペック表だけ見て諦めるのは勿体無い!

BF1はグラフィックの割には軽いのが印象的で、現状のハイエンドPCじゃないとプレイできない!というようなことはありませんでした。

もちろん上を目指せばきりが無いのは自作PC界でも常識ですが、少し前の世代のPCであっても、多少グラフィック品質を落としても良いのであれば、マルチプレイでも特にストレスを感じることはないと思います。

バトルフィールド1の要求スペック表だけみて、「あぁ、自分のパソコンじゃ無理か」と諦めてしまうのは少々勿体ないです!

PCゲームは実際に動かしてみなければわからない部分が多々ありますので「PCスペックが足りないかも?」というのが原因で購入を迷っている方は、思い切ってBF1を買ってみてはいかがでしょうか。

当サイトのバトルフィールド1関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク