【ToS】LV4宝箱の鍵入手方法とクエスト。ネコ耳とウサ耳のために鍵を集めておこう

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ToSの鍵がかかった宝箱を開けるためには、宝箱と同レベルの「宝箱の鍵」が必要です。今回は「LV4宝箱の鍵」の入手方法をみていきます。

スポンサーリンク

LV4宝箱の鍵入手クエスト。メインストーリーと反復クエストを完了させよう!レベルはそれなりに必要になる

LV4宝箱の鍵はLV2やLV3の鍵と比べると、やはり入手性は良くありません。

確実に入手できるクエストは現在判明しているもので2つ。そのどちらもレベル100以上は必要なので、ToSのキャラをある程度育てないと入手することはできません。

その代わり、LV4宝箱の鍵があれば人気のヘアコスチューム「ねこ耳」や「うさ耳」を手に入れることができます。

ベライの森から続くメインクエスト「消え失せるべき存在」

2016_10_06_2_1

鍵より違うところに目がいっちゃう!

1つ目のLV4宝箱の鍵を入手できるクエストはメインクエストの【消え失せるべき存在】というクエストです。

クエスト「消え失せるべき存在」を受注するには、これに関連するメインストーリーを進めなければなりません。最初のクエストはベライの森から発生して、ゼラハ→セイルの森へと続いていく連続クエストとなっています。

2016_10_06_2_2

最終的にセイルの森の「女神ラダ」から「消え失せるべき存在」を受注し、「魔将ジャウラ」を倒すと報酬としてLV4宝箱の鍵を入手することができます。

魔将ジャウラのレベルは103となっていますので、キャラクターのレベルも100以上に上げてから挑むと良いでしょう。

シャトン貯水区域反復クエスト終了後に受注できる「責任の押し付け」

2016_10_06_2_3

LV4宝箱の鍵、2つ目の入手クエストはシャトン貯水区域で私兵隊長ビュロスから受注できる【責任の押し付け】のクリア報酬として設定されています。

このクエストはメインクエストではありませんが、受注するには前提条件として、同NPCより依頼される反復クエスト「穴蔵はイヤ」を5回達成しなければなりません。

2016_10_06_2_4「何だ、ただ反復クエストやるだけで良いんでしょ?」そう思っていた時期が私にもありました。

この前提条件となる「穴蔵はイヤ」というクエストは、シャトン貯水区域内の「ピンクルートモール」なるモンスターを10体討伐するのがクエスト完了条件となっています。

ただし、このピンクルートモールが雑魚MOBのくせにやたらと硬い

この地域の適正レベルは150レベルから160レベル程度のはずですが、適正レベルで挑むとピンクルートモールの理不尽な硬さにウンザリします。ソロプレイでいく場合はかなり時間がかかるのではないでしょうか。

この硬いピンクルートモールを10体討伐、それを5回も反復するわけですから、合計50体狩らなくてはなりません。このクエストはPTを組んでやった方が楽だと思います。(ちなみにソロプレイヤーの私は面倒くさくなって適正レベルでの消化は諦めました)

あるいは経験値ロスにはなってしまうのですが、キャラクターのレベルをもっと上げてから挑むと良いでしょう。

2016_10_06_2_5

反復クエストを全て完了させると、私兵隊長ビュロスから【責任の押し付け】というクエストを受注できるようになります。

レベル158のグラスモールとの戦闘になるので、これに勝利すればLV4宝箱の鍵を入手することができます。

レベル4宝箱の鍵はヘアコスチュームの「ねこ耳」や「うさ耳」を入手するために必要

LV4宝箱の鍵は人気のヘアコスチュームである「ねこ耳」や「黒いうさ耳」を入手するためにどうしても必要になってきます。

今のところLV4宝箱の鍵は1キャラクターにつき2本しか手に入らないようなので、必ず回収しておきましょう!

ねこ耳とうさ耳のヘアコスチューム入手方法はこちらの記事をあわせてご覧ください。
【ToS】ねこ耳ヘアコスチュームの入手方法。アブセムタ水源地のLV4宝箱から猫耳モードになろう!
ToSで人気のヘアコスチューム「ねこ耳」の入手方法についてです。 人気のヘアアクセサリー、ねこ耳を付けてネコミミモードにチェンジ! ...
【ToS】うさ耳ヘアコスチューム入手方法。大聖堂の懺悔路LV4宝箱からウサミミモードになろう!
ToSの人気ヘアコスチュームである「うさ耳」。ねこ耳と同様に入手性の悪さから双璧となっていますが、このウサ耳の入手方法についてです。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク