【ToS】ギルド作成にはソードマンクラス7次職のテンプラーが必須。ギルドマスターはジョブが限定

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ネクソンがオープンβテストを2016年8月24日に開始するMMORPG「Tree of Savior」。

ツリーオブセイバーではギルド運営のために「テンプラー」というジョブが必須となるようです。

スポンサーリンク

ギルドマスターになるには「テンプラー」になる必要がある。他のMMOよりもギルド作成のハードルが高い

ToSのギルドを実際に作成した実例を見ながら、ギルドの設立方法や維持費用などについて書いた記事ができました。こちらもあわせてご覧ください。
【ToS】ギルドの作り方と解説。設立費用50万、タワー維持費で1週間10万。マスターはテンプラーのみ
ToSではギルド作成のハードルが非常に高く、他のゲームのように簡単には作成できません。 昨日ようやくギルドを作ることができたので、実例...

さて待ちに待ったツリーオブセイバーのオープンβテストももうすぐというところまでやってきました。

私が参加したToSのクローズドβテストのときにはなかった「ギルドシステム」について触れた記事が、先日4gamer.netに掲載されていましたが、そこで驚きだったのはギルド作成の要件。

2016_08_14_1_1

ギルド開設には自身がテンプラーでなければならない。

大抵どのMMORPGにおいても、ギルドやクランといった団体を作成することができますが、その際特にジョブが限定されるということはほとんどありません。

しかし、ツリーオブセイヴァーではギルド開設を行うには、自身が「テンプラー」ジョブであることが条件になっています。

つまりギルドマスターになるには、マスター志望者がソードマン系7次職である「テンプラー」でなければならないということです。

 習得可能スキルがギルドメンバーの召喚やアイテムの製造時間短縮,周囲にいるギルドメンバーの強化など,ギルド関連のみという異色のクラス。単純な攻撃 系スキルなどは持っていないので,戦力的にほかの7次職に劣る一方,このクラスでなければギルドが開設できないという極めて重要な役割を担う。テンプラー を目指すのであれば,ゲームを始めた当初からほかのプレイヤーと積極的に関わり,志をともにする仲間を集めておくといいだろう。

引用元:4gamer.net

この仕様はちょっと驚きでした。
私もゲーム配信などをやっているので、その関係でギルドを作っても良いかなと考えてはいたのですが、この仕様で私がギルドを作りたいとなると、当然私がテンプラーをやるしかありません。

テンプラーはソードマンクラスの派生系ジョブです。剣で戦いたい方にはちょうど良いのですが、私は大抵どのゲームでもウィザードクラスなどの魔法で戦うジョブを好んで使っていますので、今回のToSもウィザードでと思っていた矢先にこれです。

ギルド作成を優先させてジョブをテンプラーにするか、自分のやりたいジョブを優先させてギルド作成は諦めるか……。迷いどころですね。

2アカウントでどっちもやれば良いのではないかとも考えましたが、ネックなのが「テンプラーが7次職」であるという点です。

実装されているクラスの最高位であり、そこに到達するには相当レベルをあげなければなりません。

そこにいたるまでは膨大な時間と労力を消費するであろうことは明らかでしょう。現実的に考えれば、好きなジョブかギルドのどちらかを取るしかありません。

ギルドでは農業・工業・牧畜などがある。やりたいコンテンツがあるならば、ギルド選びは慎重に!

実はギルド作成と運営がテンプラーしかできないという話は去年の段階で出ていました。私がよく見ていなかっただけだった!

4gamer.netに、Tree of Saviorの開発元、IMC Gamesの副社長・開発統括を務めるキム・セヨン氏にインタビューしたときの記事の中でギルド運営に関して、

 ToSでは,「テンプラー」というクラスがギルドを作って運営できるのですが,このギルドはポイントを溜めると設定した特性で成長していきます。
ムービーの植物を育てているシーンは,このギルドの成長特性を農業に決めた場合に行えるものです。農業では,植物に水をあげて育て,作物を収穫し,また 種を植えて育てるといったことが可能となります。水をあげると水のゲージが溜まりますが,あげすぎると腐ってしまうので,注意が必要です。
ちなみに,畑はギルドのアジトの中にあるので,農業をやりたい人は農業中心のギルドに入るといいと思います。
ほかにも工業や牧畜も用意されていて,牧畜のギルドの場合は,ユニークなコンパニオンを飼育できます。

引用元:4gamer.net

このようにギルドコンテンツについて触れられていました。

2016_08_14_1_2

ギルドのアジトの中で農業をしたりできる。

ギルドコンテンツの醍醐味でもある、生産系コンテンツにも種類があるわけですから、どの生産系コンテンツを中心に活動するかどうかでギルドを選ぶと良いかもしれません。

テンプラーはギルド運営特化ジョブ。戦闘では他ジョブに引けを取る。メンバー皆でギルドマスターを支えよう

前述のとおりギルドマスターはテンプラーでなければなりません。

ToSでは高次職になると強力な攻撃スキルが使えるようになりますが、テンプラーはギルド運営に特化したジョブであるため、他の7次職と比べると当然攻撃スキルなどの純粋な戦力面では引けを取ります

引用元の記事中でも指摘されているとおり、ゲーム開始当初から他のプレイヤーと積極的に関わって、仲間を増やしておくことが重要ですね。

テンプラーはToSにおいてもっともコミュ力が要求されるジョブといったところでしょうか。
ギルド作成の予定があるプレイヤーさんは、今のうちから一緒に始めるフレンドさんなどを勧誘しておくと良いかもしれません。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク