新生FF14ブログ第15回、パッチ2.2前に5層を駆け込みクリア。黒はドレッドナイトへブリザドを!

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

先週大迷宮バハムート5層を遅ればせながらクリアしてきました。

これでパッチ2.2からの侵攻編へ挑戦権を獲得です!

スポンサーリンク

2.2パッチの緩和前に5層駆け込み!野良専だとPT運に左右される部分もあるが、募集板なども含めだいぶ楽になっている

私は固定PTなどは組んでおらず、もっぱら野良PTで大迷宮バハムートへ通っています。
パッチ2.2では邂逅編のダンジョンに「越える力」のバフが付いたり、アイテムレベル上限も上がるので、緩和が来てからでも良いかなと思いいつも1層~4層までで終わりにしていました。

2.2ではバハに侵攻編という新たな層が追加されるのでそちらも楽しみにしていたのですが、なんとこの侵攻編、遊ぶにはまず邂逅編の1層~5層をクリアしていることが条件となっているではありませんか!

それを聞いて先週ようやく重い腰を上げて5層に挑み始めたという次第です。

現状での最難関ダンジョンですし、固定と違って毎回違う方とPTを組むため中々苦戦されられましたが、7回目でようやくクリアできましたよ!

クリア後にいけるエリア。バハムートの姿が見られる。

クリアできたときのPTメンバーの方々は皆さん上手な方ばかりでした。
私も負けじとミスなくきっちり仕事をこなしましたが、PTの皆さんも同じくミスなくこなすため1回挑戦しただけで本当に「サクっと」終わってしまいまして拍子抜けしました。

打ち合わせもIDに入ったあとにちょっとしただけですし、やはり中の人次第なのだということを改めて実感しましたね……。

最近ではPT募集板やフィールドマーカーなども実装されたため、野良PTでもそこそこ連携が取れることもあり、固定PTを組んでいない方でもエンドコンテンツなどへ挑みやすくなっていると思います。

黒魔道士はドレッドナイトへ「ブリザド」を忘れずに撃ち込むべし!レサージーでも良いが効果は低くなる

5層の後半で出てくるドレッドナイトはツインタニアが拘束した相手へ向かって移動し、対象と接触すると黒ひげ危機一髪ばりの放り投げを食らって即死します。

正直「死ぬときのモーションがこんな手抜きで良いのかよ!」というレベルで吹き出しそうになりますね(笑)

このドレッドは拘束されてしまった人に到着する前までに倒しきらないといけないので、DPSやSTが全力で潰すわけですが、このとき移動速度を落とすことで処理が容易になります。

黒で良く使われるスキルでレサージーがあります。

  • レサージー 「対象に20%スロウと20%ヘヴィを付与する。効果時間:12秒

インスタントスキルで即発動できて黒の攻撃ループからも外れないですが、ドレッドナイトへ対してはスロウはレジストされてしまいます。

火力が十分なPTならば、20%ヘヴィと、召喚のミアズマ、STのシールドバッシュによるスタンなどで対応できるのですが、野良PTだと足りない場合もあるかもしれません。

そこで登場するのがブリザドです!高レベルになってからは滅多にブリザドなんて使いませんが、これの効果説明を良くみてみると……。

  • ブリザド 「対象に40%ヘヴィを付与する 効果時間:20秒

40%ヘヴィでしかも効果時間が20秒です!ヘヴィ効果が倍違います!

代償として、AF3の状態で撃つとAF状態が解除されてしまいますが、ドレッドナイトが出現するときに上手くUB3にあわせて、ブリザドを使えばUB3からファイガでAF3へのループに戻れますので上手くタイミングをあわせて使うと良いと思います。

ブリザドの40% + ミアズマの40% + スタン、これだけあれば移動速度が極端に遅くなりますから相当の時間を稼ぐことができます。

PTの火力が若干低い場合は、レサージーではなくブリザドを使ってみましょう!
自分が拘束されてしまうことも考慮してドレッドナイト出現後は即打ち込むようにすると安心です。万一AF3状態から撃ってニュートラルになっても、迅速ファイガで戻せます。

ドレッドナイトのフェーズでは黒と召喚のキャスター組が本領を発揮できる場面でしょう。
私もメインジョブが黒魔道士ですが、こういったところでしっかりと仕事をして存在感を出していきたいですよね!

パッチ2.2まではゆっくりギャザクラでも……

ひとまずパッチ2.2が来る前に5層もクリアできて全部のダンジョンを周れたことになりますね。
今後は少しのんびりと生産ジョブでも上げて行こうかなぁと思っています。

アプデでは新しい生産レシピも多数追加されるということですから、それまでにギャザクラを上げておいて活気のあるときに一儲けできないかと目論んでいます……!

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク