20180803

【FF14】永久焦土ザ・バーン攻略。ミストドラゴンの氷結ギミックが厄介!IDボスとしてはかなり強い部類

ぜひ記事をシェアしてください!

パッチ4.4で追加されたID「永久焦土ザ・バーン」攻略について。今回追加されたIDは割りとボスが強いのでギミック把握をしておきましょう。

スポンサーリンク

永久焦土ザバーン攻略。コンボ系の技を使うボスが多い、ミストドラゴン戦は気を抜くと普通に死ぬので注意しよう

2018_09_26_1_1

パッチ4.4で追加された2つのIDのひとつ、「永久焦土ザ・バーン」のボス攻略についての解説です。今回のIDボスはどちらも割と強いので、事前にギミック把握ができると楽になります。

中ボス1「ヘデテト」戦。柱を使って攻撃を防ごう!マーカーが付いても慌てず対処すれば恐くない

2018_09_26_1_2

永久焦土ザ・バーン最初の中ボスは「ヘデテト」という蠍モンスター。ヘデテトが主に使ってくる技は、

  • ヘイルファイア
  • クリスタルニードル
  • シャドーフォール+柱爆発+ディソナンス
  • シャードストライク

これら4つの技です。

2018_09_26_1_3

ヘイルファイア」はランダムで1人にマーカーが付き、その対象へ尻尾から直線的に攻撃を行います。

ヘデテトの戦闘フィールドには4本の柱がありますが、マーカーが付いたらこの柱の陰に隠れることでヘイルファイアを無効化することができます。

クリスタルニードル」は詠唱有りのMTへの強攻撃ですが、特にデバフは付きませんのでさほど脅威ではありません。

2018_09_26_1_4

シャドーフォール」は3コンボの開始技となっていて、ヘデテト戦ではこれが一番厄介です。

シャドーフォールはフィールド全体へ針を飛ばす攻撃で、これに被弾すると被ダメージ上昇デバフが付いてしまいます。この攻撃は先ほどと同様に柱の陰に隠れることで無効化させることが可能。ただし、シャドーフォール直後には柱が爆発するので素早く柱から離れてください。

2018_09_26_1_5

そして柱爆発直後には「ディソナンス」というボス周囲以外が攻撃エリアとなる技を使いますので、素早くボス直下へと駆け寄りましょう。

ディソナンスを食らうとこちらも被ダメージ上昇デバフが付いてしまいます。

2018_09_26_1_6

シャードストライク」は4人全員が対象となるプレイヤー位置への範囲攻撃。通常なら2枚食らっても耐えると思いますが、被ダメージ上昇が付いている場合耐えられません。他のプレイヤーから距離をとって重ならないようにしましょう。

中ボス2「デフェクティブ・ドローン」戦。登場して即故障のポンコツ兵器を見つけ出そう

2018_09_26_1_7

永久焦土ザ・バーン最初の中ボス2体目は「デフェクティブ・ドローン」との戦い。デフェクティブドローンが使ってくる主な技は、

  • 魔科学フレイム
  • 魔科学ホイール
  • フルスロットル
  • ロックカッター(削岩)
  • 支援要請(ドレッドノート)

これらのものです。

魔科学フレイム」は全体攻撃、「魔科学ホイール」はMTへ対しての強攻撃ですがそこまで脅威ではありません。

2018_09_26_1_8

フルスロットル」はボスが画面外へ消えた後、左右どちらかの方向から突進攻撃をしてくるというもの。このとき、本体の他にも子機が5体出現し、フィールド上のラインを埋めるように配置されます。

カウントが3つ溜まると突進してきて轢かれてしまうのですが、5体いる子機のうち必ず1つは故障しているので、そのラインへ逃げ込むというギミックです。戦闘兵器のくせに登場早々に壊れてしまうとは何たるポンコツ具合。

2018_09_26_1_9

ロックカッター」はフィールド上下方向から巨大なカッターが突進してきます。一応攻撃範囲も一瞬表示されますが、見てから回避は不可能なので事前にカッターの無い位置へ逃げましょう。

食らっても即死はしませんが、大ダメージを受けます。

2018_09_26_1_10

支援要請」は敵増援が出現、「リパーパス・ドレッドノート」が登場します。これに合わせて、フルスロットル・ロックカッターが同時にくるので狭いフィールドが賑やかになります。

火力のあるPTだとこの支援要請が行われる前に倒してしまうことが多いですが、ドレッドノートもそこまで固くありませんので出現してしまっても慌てずに対処しましょう。

ラスボス「ミストドラゴン」戦。カータライズは走り回って攻撃範囲を見つけ出そう。凍った仲間は素早く破壊して救出!

2018_09_26_1_11

永久焦土ザ・バーンのラスボスは「ミストドラゴン」、その名にちなんだ攻撃技が豊富です。ミストドラゴンが使ってくる攻撃は、

  • ライムリリース(全体)
  • 放射霧(十字x2)
  • 霧散
  • ミストブレス(直線範囲+床設置)
  • カータライズ+タッチダウン

これらの技となっています。

ライムリリース」はそれなりに痛い全体攻撃です。特にデバフなどはありませんが、軽減が入れられるならば積極的に使いたいところ。

2018_09_26_1_12

放射霧」はランダム1名の位置に攻撃予兆範囲が設置され、そこに2つの十字範囲が重なるように実行されるという技。攻撃範囲は表示されるものの、一瞬で被弾判定が出てしまうので事前に安地に移動しておくのが重要です。

上記画像のように、最初に誰かの足元に八芒星が出現しますので、その頂点に移動するようにしましょう。ちょうどこの形になるように十字攻撃がクロスしていますので、安全に避けることが可能になります。

2018_09_26_1_13

霧散」はミストドラゴン自体が霧をまとって、徐々に床範囲が広がってくるという攻撃。フィールド上には3つの「ミストヘッド」が出現しますので、これを先に壊さないといけません。ちょっとしたDPSチェックと言えるでしょう。

ちなみにミストヘッドが残っている限りミストドラゴン本体は無敵で、かつ攻撃したものは氷漬けになってしまうので中央のミストドラゴンへの攻撃は控えましょう。攻撃すると上記画像のように氷塊になってしまって一定時間動けなくなります。

凍った場合は時間経過でも解けますが、PTメンバーに攻撃で壊してもらうこともできます。

2018_09_26_1_14

ミストブレス」はランダム1名を対象に頭上に青いマークが付いて、その方向へ向けて直線範囲攻撃が実行される技。

ミストブレスが実行された床には上記画像のように凍傷デバフがかかるDoT床が形成されてしまうので、マーカーが付いたらミストドラゴンとフィールド外周との距離が近いところへ誘導して、できるだけDoT床面積を減らしましょう。

2018_09_26_1_15

ミストドラゴンのHPが少なくなってくると大技の「カータライズ」が実行されます。

まず前段階としてミストドラゴンが霧に紛れて姿を消してしまいますので、フィールドを歩き回って攻撃範囲を見つけて回避してください。歩き回らないと上記画像のように攻撃範囲を見つけることができません。

カータライズは2回実行されます。被弾すると即死はしないものの被ダメージ上昇と氷結デバフが付いて動けなくなってしまいます。

2018_09_26_1_16

カータライズ終了後にはセットで距離減衰有りの全体攻撃「タッチダウン」が実行されるので、フィールド外周へ逃げましょう。

カータライズを食らってしまうと被ダメージも上昇するのでこれがきつくなるという具合です。スプリントなども使いながらできるだけ早くカータライズの攻撃範囲を見つけるのが重要なギミックとなります。

直接的な即死技は無いものの、コンボ技が多くハメ技のようにされてやられてしまうパターンが多いので結構死人が多く出るIDです。凍結したメンバーがいたら素早く壊してあげることで死亡数を減らすことができるでしょう。

ミストドラゴンを削りきれば、「永久焦土ザ・バーン」クリアとなります。