配信や動画にVC音を入れない方法、Voicemeeter Bananaの使い方と設定の解説。USBヘッドセットもOK

お役に立てましたか? 良かったらこの記事をシェアしてください!

ゲーム配信や録画をしているとき、VC(ボイスチャット)の音が配信映像に乗ってしまうのを避けたい場合の設定方法について解説。

スポンサーリンク

ゲーム配信に相手のVC音声を乗せないようにしたい!理由は様々。PC1台だけで無料で解決する方法を紹介

最近ではDiscordなどの非常に便利なボイスチャットソフトが登場してきており、パーティーメンバー同士、VCでお喋りしながらゲームをすることができます。攻略が捗るのはもちろん、仲の良い人たちと一緒に喋るのは楽しいものですね。

近年ではゲームプレイの様子を配信したり、動画を作成したりする方が増えてきましたが、配信者の方は「配信にVCの音を入れたくない」と思ったことはないでしょうか。

理由はたくさんあるでしょう。例えば、

  • FPSなどの場合味方の作戦が敵に筒抜けになる
  • VC相手が「声を乗せて欲しくない」と断られた
  • VC相手がすんごいえっちで発言が放送コードに引っかかり自分が垢BANされる危機に怯えている

といった具合。

マイク有りで配信している配信者は別に何も感じませんが、やはり話し声がネットで配信されてしまうのに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。プライバシー上の問題もあるでしょうから、これは仕方ないことでしょう。

そうすると配信者としては「ゲーム音と自分の声は配信に乗せたいけど、相手のVC音だけカットしたい」となるわけです。

音を制御するやり方は物理的なミキサーを使った大掛かりなものから、サウンドカードを複数用意したりするものまで本当に色々ありますが、今回は一切お金をかけずに今あるパソコン1台で済む方法を紹介します。

既にゲーム配信を行っており、VCソフトなどの利用もしているという前提で進めていきます。

「Voicemeeter Banana」の設定方法と使い方を詳しく解説。配信でのVC音声を自由に制御できる

今回は何か買い足したりせずに、今あるパソコン1台だけで完結するやり方をみていきます。

ここでは配信用ソフトウェアとしてメジャーな「OBS Studio」と、VCツールには「Discord」を使った例をもとに解説していきます。

仮想ミキサー「Voicemeeter Banana」のダウンロードとインストール

2018_03_25_1_1

まずは仮想ミキサーソフトの「Voicemeeter Banana」をダウンロード・インストールしてください。

Voicemeeter Bananaは無料で利用できますが、寄付を受け付けています。気に入ったら開発者に寄付をしましょう!

インストールが完了したら、一度パソコンを再起動させましょう。

再起動が終わったら、インストールされた「Voicemeeter Banana」を起動してくださ。アイコンが赤と黒のやつです。

2018_03_25_1_2

起動するとこのようなミキシングコンソールが表示されるはずです。たくさんのスイッチとスライダー(フェーダー)があります。

このVoicemeeter Bananaは、

BEHRINGER ベリンガー QX1622USB マルチエフェクター搭載USBミキサー BEHRINGER ベリンガー QX1622USB マルチエフェクター搭載USBミキサー

BEHRINGER
売り上げランキング : 41250

Amazonで詳しく見る

こういった音を混ぜる「ミキサー」と同じことがPC上で出来てしまう仮想ミキサーというソフトです。機材を買わなくても自由に音をミックスしたり分離したりできるようになります!

Voicemeeter Bananaの設定方法と使い方。仮想デバイスを用いてVC音声のソースを分けることができる

2018_03_25_1_3

配信に通話相手のVC音を乗せないというのは図にすることこういうことになります。

まずVC自体は会話に参加するのでDiscordへはマイクの音を入れます。そして、自分のヘッドホン(スピーカー)にはゲーム音と相手のVC音声を聞こえるようにして、配信映像には自分の喋った声とゲームの音を乗せるという形ですね。

この音声ソースをまず分離しなくてはならないのですが、Voicemeeter Bananaは仮想デバイスを備えていますので、サウンドカードなどを別途購入する必要はありません

では詳しい設定のやり方をみていきましょう。

2018_03_25_1_4

最初に仮想デバイスの設定をしていきます。Voicemeeter Bananaをインストールすると、

  • VoiceMeeter Input
  • VoiceMeeter Aux Input
  • VoiceMeeter Output
  • VoiceMeeter Aux Output

という再生と録音合わせて4つの仮想サウンドデバイスが追加されますので、上記画像のように設定してください。「Aux」と書かれている方を「規定の通信デバイス」に指定、書かれていない方を「規定のデバイス」にします。

この設定をするとパソコンから音が鳴らなくなりますが問題ありません。次にVoicemeeter Bananaのミキサーパネルの方を見ていきましょう。

2018_03_25_1_5

ミキサーパネル右上の方にある「HARDWARE OUT」という部分が「Select Main Output Device」と赤く点滅していると思います。

これは物理的なデバイスの最終出力先を選んでねということで、ここにはスピーカーまたはヘッドホンを指定します。オンボードであれば「Realtek~」を選べばOK。

別途サウンドカードやUSB接続のヘッドセットをお使いであればそれを指定してください。候補が複数ありますが、「WDM」とついているものを選びましょう。

これを設定するとパソコンの音が流れたはずです。次はマイクの設定です。

2018_03_25_1_6

左上にある「HARDWARE INPUT1」という部分から、使っているマイクを選択してください。USBヘッドセットならばそのマイクを指定します。

ここまでで基本的なデバイス設定は完了。いよいよパネルの操作をみていきましょう。早く弄りたくてウズウズしちゃいますね!

Voicemeeter Bananaのフェーダー(音量制御のスライダー)の隣に、【A1】【A2】【A3】【B1】【B2】というボタンが並んでいます。このボタンでそれぞれの音をどこに流すかというのを決定できます。

2018_03_25_1_7

それぞれのデバイスを「列」で、出力の行き先を「行」でイメージすると全体像が掴みやすいと思います。

前もって設定していた【録音】の規定のデバイスは「B1」、規定の通信デバイスは「B2」に割り当てられています。

VIRTUAL INPUTSの左側は【再生】の規定のデバイスなのでゲームの音、右側のAUXは規定の通信なので通話相手のVC音声が入ってきます。

ですから、上記画像のように設定すると、OBS(B1)に出力されるのは自分の声とゲームの音声。Discord(B2)へ出力されるのは自分の声のみという形になります。

そしてA1は自分のスピーカー行きなので、ゲームの音と相手のVC音はしっかり聞こえるという状態。今回やりたかった「VCしながらゲームしたいけど、配信には通話相手のVCだけ乗せたくない」環境が完成しました!

2018_03_25_1_8

最後にOBS Studio側の設定をしましょう。デフォルトではOBSのデスクトップ音声デバイス、マイク音声デバイス共に「規定」となっているはずです。

OBSはとても便利なソフトで、これ単体でもミキサー機能を備えています。ただし、今回は音声ミックスはすべてVoicemeeter Banana側で行って、最終的に1つの出力にしたものをOBSが拾ってくれれば良いので、その場合OBSの「デスクトップ音声」部分は不要です。

OBSの音声はマイク(B1)以外ミュートにしておきましょう。これを入れたままだと、ゲーム音声が2重に聞こえてしまうからです。

全部の設定が終わったら、録画や配信を試してみてください。正しく設定が済んでいれば、目的どおり相手のVC音だけが入っていない状態になります。

音声の制御が瞬時にできる!VC入りで配信したいときも1ボタンで簡単にできるが、操作ミスには注意

Voicemeeter Bananaをはじめて触った方は少し戸惑うかもしれませんが、慣れてくると音の制御が自由にできるようになります。

上記の設定では相手のVC音だけを配信から除く設定でしたが、例えば「VC音入れても良いよ!」と言ってくれる人だった場合は、VIRTUAL INPUTSのVC音(AUX)の列にある「B1」ボタンを押すだけで、瞬時に相手のVC音声も配信に入れることができます。

同じように、自分の声も配信に乗せずにゲーム音声だけにしたい場合は、マイクの列の「B1」をオフにするだけです。

ただし、ボタンを押し間違えると音がループしたり、VC相手にこちらのゲーム音を流してしまったりしてしまうので操作ミスには注意したいところ。色々と音回しを試してみて、Voicemeeter Bananaの使い方を覚えましょう。

このようにそれぞれ独立した音声ソースを、音量レベルやエフェクト、どのラインにミックスするかといった操作がこれ1つで出来てしまうのがVoicemeeter Bananaというソフトです。

動作も軽いですのでほぼPCパフォーマンスに影響しません。特にゲーム配信などを行っている配信者の方は非常に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク