【CoDWW2】基礎トレーニング一覧と効果。パークと同様で1つしか選択できない。全部で21種類から選ぶ

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

CoD:WWIIの「基礎トレーニング」は前作までのパーク的なもので、全部で21種類。その効果と一覧についてです。

スポンサーリンク

基礎トレーニング全21種類の効果と説明。CoDシリーズのパークと同様、追加スキルを1つ選ぶことができる

2017_11_09_1_1

CoDWW2のマルチプレイでは「基礎トレーニング」というものがあります。

この基礎トレーニングは、今までのCoDシリーズにあった「PERK(パーク)」と同様のもので、選択可能な追加スキル的なものとなっています。

全部で21種類あり、階級が上がっていくと徐々にアンロックできるようになりますが、選べるのは1つだけです。

下記の基礎トレーニングの効果一覧をみながら、自分のプレイスタイルにあった基礎トレーニングを選びましょう!

スパイ

自分がダメージを与えた敵が、自分と味方のミニマップ上に一定時間赤点としてリアルタイム表示されるというもの。

例え仕留め切れなくても、相手に当たりさえすればその居所を味方に伝えることができるので、チームにかなり貢献できるはずです。

アンロック条件:初期状態でアンロック済

ローンチ

サブ武器としてランチャーを装備できます。

M1バズーカとパンツァーシュレック(要アンロック)の2種類を選択可能。特にM1バズーカはまっすぐ一直線に飛んでいくため、敵の偵察機を撃墜したりするのに役立ちます。

また、市街地戦などで窓から狙撃してくる鬱陶しいスナイパーにぶち込むのも良いでしょう。キルが決まったときは最高に気持ち良いのは言うまでもありません。

アンロック条件:初期状態でアンロック済

レクイジション

死んでもスコアストリークがリセットされなくなります。

通常はキルストリークのために連続で敵を倒さなければなりませんが、レクイジションを付けているとカウント数が貯まり続けるので、連続キルが苦手な人でもキルストリークを使いやすくなります。

ただし、レクイジション使用中は各スコアストリークは1度しか使用できず、要請に必要なキル数自体も通常より多くなってしまいます。

アンロック条件:初期状態でアンロック済

インスティンクト

自分の視界外の敵が、自分を視界に入れている状態。つまり狙われているときに、画面に黄色い表示がでるようになります。

これによって、今自分が狙われているかどうかがわかるようになります。

さらに敵の爆発物系が壁を透けて赤く表示されるので、爆発物対策としても使えます。

アンロック条件:ランク3

ライフルマン

セカンダリーにメイン武器を最初から選ぶことができます。

ただし、選べるのは違う種類の武器なので、同じ武器を2つ装備することはできません。

また、サブ武器にはアタッチメントが付けられません。現場で敵から奪い取るぜ!というプレイヤーには恩恵が薄い基礎トレーニングかもしれません。

アンロック条件:ランク12

ハッスル

リロード時間の短縮、及びダッシュ移動中のリロード動作が可能になります。素早い展開の戦闘では、ダッシュ中リロードが効果を発揮してくれるでしょう。

スプリントを多用するプレイヤーにオススメ。

アンロック条件:ランク16

ルックアウト

ミニマップの表示範囲が約2倍に広がって、より遠くから敵の位置がわかるようになります。

ネームタグが表示される距離も通常より広くなっているので、敵を視認しやすくなるでしょう。

アンロック条件:ランク20

ガンスリンガー

ダッシュ移動中、ダイビング中に腰だめでの射撃ができるようになります。

敵との思いがけない遭遇でいち早く撃ちだすことができるので、サブマシンガンやショットガンと特に相性が良いです。

アンロック条件:ランク24

オードナンス

スコアストリークの要求コストが20%~25%減少します。

また、救援物資のスコアストリークは通常ランダムなスコアストリークが含まれていますが、この再抽選が1度だけできるようになります。

アンロック条件:ランク28

プライム

敵から撃たれたときの被弾時のひるみ(画面の揺れ)が軽減されるようになります。さらにメイン武器のアタッチメント枠が1つ追加されます。

敵に先手を取られても素早く反撃したいときに有効でしょう。

アンロック条件:ランク32

アンダーカバー

敵を倒したときに、敵側に表示されるドクロマークが表示されなくなります。

どこで敵を倒したかを隠蔽できるので位置がばれにくくなり、さらに自分のキャラのネームタグも敵に表示されなくなる効果があります。

敵の裏をかいて隠密プレイをしたい場合に有効。

アンロック条件:ランク36

セラーテッド

近接武器がメイン武器として固定されて、投げナイフが2本、タクティカルが2つ所持できるようになります。

銃なんか捨ててかかってこいよ!という完全にナイファー向けの基礎トレーニングとなっています。

アンロック条件:ランク39

デュエリスト

ハンドガンがデュアル化、二丁拳銃プレイが可能になります。それにあわせて追加の予備弾薬も増えます。

アンロック条件:ランク43

フォーリッジ

倒した敵が緑のバッグを落とすので、それを拾って弾薬を補給することができるようになります。

補給可能なのは銃の弾薬1マガジン分で、タクティカルやリーサルなどの補充はできません。

アンロック条件:ランク47

バン!

グレネード(マークII手榴弾)2個と、好きなタクティカルを2つ装備することができます。

アンロック条件:ランク51

フランカー

移動中のみ偵察機に探知されなくなります。

止まっていると発見される他、しゃがみ移動や匍匐前進などゆっくりした動作では効果を発揮しません。

山岳師団の「敵の偵察機から常に見つからなくなる」と比べるとかなり使い辛い印象です。

アンロック条件:ランク54

スコープ

ADS中(エイム中)の移動速度が速くなり、照準の揺れも小さくなります。

歩兵師団の「エイム中の動きが著しく早くなる」と同様の効果を得ることができます。

アンロック条件:歩兵師団プレステージ1以降利用可能

エネルギッシュ

長めのダッシュが短い間隔で行なえるようになる他、落下によるダメージを受けなくなります。

高いところから飛び降りたり、走り回るプレイをしたい場合に有効。

アンロック条件:空挺師団プレステージ1以降利用可能

ハンカー

飛んできたグレネードの警戒マークがもっと広い範囲からでも表示されるようになるので早期発見ができ、回避がしやすくなります。

爆発物ダメージが軽減されるので一撃死がなくなり、近距離で爆発したときの画面揺れも軽減されます。

機甲師団の「爆発物ダメージを著しく軽減」と同様の効果となります。

アンロック条件:機甲師団プレステージ1以降利用可能

インコンスピキュアス

足音が軽減されて敵に気づかれにくくなります。山岳師団の「物音を立てずに移動」と同様の効果を得られます。

また、しゃがみ状態での移動速度もアップします。

アンロック条件:山岳師団プレステージ1以降利用可能

コンカッション

NO.69手榴弾2個と、好きなリーサルを2個所持することができます。

基礎トレーニングの「バン!」と対になるような内容です。

アンロック条件:派遣師団プレステージ1以降利用可能
スポンサーリンク