【ニンテンドースイッチ】プロコンのレビュー!ジョイコンとの比較やサイズ。値段は高いが本気で遊ぶなら絶対おすすめ!

「Nintendo Switch Proコントローラー」の購入レビューです。純正のプロコンは値段なりのしっかりした作りで、ぜひ揃えておきたい周辺機器です。

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチProコントローラーレビュー。のっぺり形状のおかげで手の大小に関わらず握りやすい!スティックの感触も文句なし

ニンテンドースイッチの周辺機器である「Nintendo Switch Proコントローラー」、通称プロコンを購入したので、質感や操作性などのレビューをしていきます。

プロコン自体はゲームに必須というわけではなく、ニンテンドースイッチのゲームをより遊びやすくするための選択肢として用意されている位置づけです。

プロコンの基本性能と付属品。大容量バッテリーに加えてUSBケーブルで充電しながらプレイ可能なので電池切れの心配はいらない

プロコンの基本スペックは以下のとおり。

Nintendo Switch Proコントローラー基本性能
サイズ 縦106mm×横152mm×厚さ60mm
質量 約246g
セット内容 Nintendo Switch Proコントローラー
USB充電ケーブル
通信機能 Bluetooth 3.0/NFC(近距離無線通信)
センサー 加速度センサー/ジャイロセンサー
振動機能 HD振動(バリエーション豊かな振動表現が可能)
USB端子 USB Type-C端子・Nintendo Switch Proコントローラーの充電に使用
内蔵バッテリー リチウムイオンバッテリー[CTR-003]・電池容量 1300mAh
バッテリー持続時間 約40時間 充電時間:約6時間

ニンテンドースイッチプロコンの付属品は、

  • コントローラ本体
  • 充電用USBケーブル

となっています。

充電用USBケーブルはニンテンドースイッチのドック側面にあるUSBポートへ接続することで、充電を行いながらニンテンドースイッチのゲームをプレイすることができます。

ニンテンドースイッチ付属のジョイコンだと、長時間プレイしていると電池残量がなくなってしまうのでゲームを中断せざるを得ないことがありましたが、プロコンであればその心配はありません。

プロコンはバッテリーも大きくなっており、満充電の状態であればおよそ40時間は遊び続けられるので電池切れの心配もまずありません。

振動機能やジャイロセンサーも純正品なのでもちろん付いています。例えばスプラトゥーン2などのジャイロが重要なゲームでも使えます。

やはり純正プロコン!スティックの品質が高く適度な反発力がある。ボタンやトリガー類にも程よいクリック感は残してあるのが良い

ニンテンドースイッチ用のコントローラーはプロコン以外にも各ゲームデバイスメーカーから発売されていたりしますが、個人的に耐久性や操作性を重視して任天堂純正品を選びました。

一番気になっていたのはコントローラーの要でもある「アナログスティック」の出来栄えです。安いコントローラーはこの部分の質感がイマイチなことが多いのですが、やはりそこは純正プロコン、スティックを倒したときの程よい反発力とそのスムーズな動作感は文句なしの作りでした。

例えばスマブラSPなどではコマンドを入力したりするとき頻繁にスティックを操作するわけですが、非常に心地良くクイクイッと入っていくのでストレスがありません。

アナログスティック以外にも、各種ボタン類やトリガー部分は程よいクリック感があります。

ゲームパッドにおけるこの調整は結構重要で、「カチカチッ」でも駄目ですし、「フニャフニャ」でも駄目なのですが、適度な柔らかさと反発力を残しつつボタンとしてしっかり押している感触を与えてくれる絶妙なラインに仕上がっています。

のっぺりしたプロコンの形状は握りやすく手が小さめの人でもホールドしやすい。グリップは滑り止め加工はあるがラバーではない

プロコンは全体的にのっぺりとした印象で起伏を主張するようなデザインではありません。握りやすいのかどうか疑問になる方もいらっしゃるかと思いますが、実はこれ滅茶苦茶握りやすいです。

上記は私がプロコンを握っている写真です。薬指と小指の2本をグリップにかける持ち方と、中指を加えて3本でホールドする持ち方と両方試しましたが、どちらであってもまったく苦になりませんでした。

手のひらの大きさは人によって個人差があります。私の手も大きな方ではないのですが、持ち方を変えても違和感がなかったのは恐らく人差し指をトリガーにかける経路を選べるためでしょう。

前述したようにプロコンはのっぺりしたデザインなので、例えば人差し指をAボタン横を通過するように伸ばしても何の支障もないのです。

余計な障害物がないので引っかかりがなく、指の置き場所を選べるのがかなり大きなメリットだと思います。また、手が大きめの人であっても同様の理由でジャストな位置にフィットできるでしょう。

プロコンのグリップ部分は滑り止め加工が施されています。写真だとラバーグリップのようにみえますが、この部分もプラスチックで出来ています。

プロコンとジョイコンの比較。アナログスティック、ボタン類は約1.5~2倍になり操作性が段違い!本気で遊ぶなら絶対プロコンがオススメ

こちらはニンテンドースイッチの通常のジョイコンと、Nintendo Switch Proコントローラーを並べて比較してみたものです。

画像で比較してみるとわかると思いますが、プロコントローラーの方はジョイコンよりもアナログスティックがおよそ1.5倍、ボタンやトリガーにいたっては2倍程度の大きさになっているのです。

言うまでも無く大きい方がゆとりのある配置で指に負担がかかりにくいので操作性は格段に向上します。

ジョイコンもあのサイズで着脱可能という制約の中では良くまとまっている方なのですが、やはりゲームパッド専用機と比べてしまうと使いにくいと感じてしまいます。

正直一度プロコンに触ってしまうと通常のジョイコン操作には戻れそうにありません。それだけ快適な操作性ということです。

本気でニンテンドースイッチのゲームを遊ぶなら絶対プロコンはあった方が良い。長時間握って操作にストレスがない環境はゲーマーには必須!

ニンテンドースイッチプロコントローラーは純正品だけあって質感や操作性は文句なしですが、値段が少々高く、他社製の倍くらいします。

ただ、耐久性の問題やジャイロセンサー、振動機能の有無などでゲーム体験のクオリティは変わってきますから、もしコントローラーを購入されるのであればやはり純正プロコンをオススメします。

実際に私もプロコンを使うまでは通常のジョイコンで頑張っていたのですが、長時間やっていると指が痛くなってきてしまいました。

プロコンにしてからはそれもなく、長時間やっていても操作面でストレスを感じることがなくなりましたので、「本気でゲームをプレイしたい」というゲーマー気質な方は、ぜひプロコンの購入を検討してみてください。より快適な環境でゲームに没頭しましょう!

コメント