ダイソーのマネキンヘッドレビュー。発泡スチロール製の頭部で値段は600円!使い道は展示撮影用など色々

お役に立てましたか? 良かったらこの記事をシェアしてください!

ダイソーといえば100円均一!ですが、今回は600円する発泡スチロールマネキンの頭部をレビューしてみます。

スポンサーリンク

ダイソーで600円のマネキン頭!発泡スチロール製で色は選べる3色。軽くて丈夫、安心の日本製で小顔美人

2018_05_10_1_1

様々な生活雑貨が100円で購入できてしまう100円ショップで有名な「ダイソー」ですが、結構マニアックなものも売っています。

今回はダイソーで売られている「発泡マネキンヘッド〈リアル〉」を買ってみたので商品の詳細と使い方(使い道)などについてレビューしていきます!

ダイソーだけど600円するマネキンヘッド。リアルな顔立ちでサイズは小顔、発泡スチロールなので非常に軽いが強度は充分

2018_05_10_1_4

購入したのは「発泡マネキンヘッド〈リアル〉」という商品で、その名のとおり発泡スチロール製で頭部だけのマネキンです。価格はダイソーなので100円といいたいところなのですが、こちらのマネキンヘッドは600円(税抜)で販売されていました。

マネキンヘッドの色は3色あって、ベージュ・ブラック・ホワイトがラインナップされています。今回レビューしているのは「ベージュ」のマネキンヘッドです。

顔立ちは目や鼻、口までリアルな造形。全体的にスリムで鼻筋も通っているので、小顔美人といった感じですね。

マネキンヘッドのサイズは、

  • 幅:約217mm
  • 高さ:約340mm
  • 頭囲:約540mm

このようになっています。ちなみに製造は安心の日本製です。

頭部から首元部分までの範囲のマネキンで、頭部が前と後ろの2つのパーツから構成されています。ちょうど耳の後ろあたりが接合部になっていますので、見た目的にも接着部分が目立たないようになっています。

2018_05_10_1_3

マネキンヘッドの裏側は空洞となっていますが、質はしっかりしているので強度的に問題はありません。

マネキン本体材質が発泡スチロールのため、展示場所などによっては風などで飛ばされてしまったりすることがあるでしょうから、そういった場合はこの空洞部分に重りを入れるなどしておけばバランスを取れるでしょう。

また、マネキンヘッド底部は平らなので両面テープなどで固定する手も使えます。

発泡マネキンヘッドの使い道。アクセサリーなどのディスプレイや、帽子・メガネ、ヘッドホンまで用途は色々

2018_05_10_1_2

さて、このマネキンヘッドの使い方というか使い道についてですが、普通に生活する分にはなくても構わない製品なのは明らかです。

ただ、特定の人にとってみれば「こういうのが欲しかった!」となるかもしれません。

おそらくこれを買い求める人で一番需要が高いと思われるのが何かを着せたり被せたりしてディスプレイ用として使うという用途ではないでしょうか。

2018_05_10_1_5

私が購入したのもまさしくそれが目的でした。

というのも、よくこのブログでは製品レビューなどの記事を執筆しているのですが、ヘッドセットのレビューをする際、もっと実際の装着イメージをしっかり出した写真が取りたいと思ってこのマネキン頭を購入したのです。

結論としては自分のイメージどおりの写真が撮影できました。同じヘッドセットでも上記画像のように掲載されていれば、レビューを読んでいる人も装着した感じがわかりやすいですよね。

マネキンヘッドはディスプレイ用途以外にも可能性を秘めている。ニッチな需要だが、600円でこのクオリティはすごい

もちろん、こういったヘッドホンに限らず頭部に身につけるものならば何でも映える写真が撮れるでしょう。

メガネをかけさせるのも良いでしょうし、帽子を被せたり、マフラーを巻いたりしても良いですね!

他にも、アクセサリーを付けて素敵な商品画像を撮影したりもできます。その際役立つのがこのマネキンヘッドの発泡スチロールという材質!例えば、ピアスなどならそのままこのマネキンヘッドに刺すことで固定できます。

もっと専門的に使う方法だと、美容師を目指す方がこのマネキン頭にウィッグを取り付けて、ヘアスタイルを学んだりされているようです。

材質は発泡スチロールですから加工もしやすいので、塗装をしてよりリアルな人の顔に近づけることもできるでしょう。

ダイソーで600円というとちょっと高いと思うかもしれませんが、マネキンヘッド自体の出来はかなり良く、このクオリティで600円ならば満足できるのではないでしょうか。

当然、もっと高い製品であればより素晴らしいものが手に入るかもしれませんが、手軽に撮影用のマネキンを用意したい、加工に失敗しても惜しくないものが欲しいといった需要は強いと思います。

ただ、やはりそんなに売れ筋ではないのかマネキンヘッドが置いてあるお店と置いていないお店があり、色も全色揃っていない場合がありますから、商品が無かったり欲しい色が無かったら他のダイソーへ行ってみてください。

かなりニッチな需要かもしれませんが、欲しい人は絶対欲しい!と感じるアイテムですので、興味のある方はぜひ買ってみましょう!

スポンサーリンク

お役に立てましたか? 良かったらこの記事をシェアしてください!

フォローする

スポンサーリンク