【ポケ森】リーフチケットの買い方や使い方。異なるOS間ではチケットを引き継ぎできない点に注意が必要

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

ポケ森の課金アイテムである「リーフチケット」の購入方法と使い道について。時間短縮系はもちろん、足りない素材を補充したりするのに使えます。

スポンサーリンク

リーフチケット購入方法。期間限定のお得なパックをまずは購入してみよう。たくさん買うほど割引される仕組み

どうぶつの森ポケットキャンプの課金要素である「リーフチケット」は、実際のお金を使って購入できる課金アイテムです。

このリーフチケットはしずえチャレンジなどで無料で入手することもできますが、期間限定で購入できるお得なパッケージもあります。まずはリーフチケットの購入方法についてみていきましょう。

2017_11_29_1_1

ゲーム画面上部にあるリーフチケット枚数の表示部分をタップすると、リーフチケット購入画面が開きます。

ここにはリーフチケットの販売パッケージが並んでおり、期間限定で記念パックなどが購入できます。

基本的にリーフチケットの値段は20枚で120円のレートとなりますが、記念パッケージや一度に大量のリーフチケットを購入すると、それよりもお得な値段で購入できるようになっています。

購入したいリーフチケット商品をタップすると、課金の確認画面が表示されますので予めスマホのアカウントに登録しておいた決済方法にて購入できます。

リーフチケットの使い道。時間短縮やゴロゴロ鉱山、クラフトに足りない素材を補充することもできる

ポケ森のリーフチケットの使い方ですが、基本的には時間短縮がメインとなってきます。序盤の家具は1分程度で作成できるものばかりですが、ゲームを進めていくと家具を1つ作るのに数時間かかることが普通になってきます

2017_11_29_1_2

普通に待っても良いのですが、すぐに完成させたい!という場合はリーフチケットを使うことで一瞬で家具やオブジェが完成します。その際消費するリーフチケットは作るものによって枚数がことなります。

また、「ふわふわのもと」や「かちかちのもと」、「キーのもと」といった家具素材はどうぶつたちから入手するかチャレンジ報酬が主な入手ルートとなりますが、どうしても数が足りなくなってくるケースもあります。

その際はリーフチケットを消費することで作成に必要な素材をもっていなくても、補充して作成することができます。たくさん家具を作りたい場合は非常に便利な機能ですね!

その他、ゴロゴロ鉱山に一日何回も行きたいときにリーフチケットを使って入ることもできるので、あらゆる面でポケ森が遊びやすくなるでしょう。

リーフチケット購入の注意点。スマホのOSが異なる場合は購入したリーフチケットを引き継ぎ出来ない

ポケ森でリーフチケットを購入する際に注意しなければいけない点が、異なるOS間では購入したリーフチケットが引き継ぎできないという部分です。

2017_11_29_1_3

注意事項としてゲーム内の購入画面でも、

購入したリーフチケットはご使用のOS以外のどうぶつの森ポケットキャンプでは利用できないので注意してください。

と書かれています。

ニンテンドーアカウントに連携しておけば、ポケ森自体のセーブデータは引き継げるのですが、購入したリーフチケットはOSが違うと引き継ぎできません。

現状スマホはiOSのiPhoneか、Android系に大別できます。例えばAndroidスマホを使っていてリーフチケットを購入した後、スマホをiPhoneに買い換えると、以前に購入したリーフチケットは使えないということになります。

もし近いうちにOSが違うスマーとフォンに買い換える予定がある場合は、大量のリーフチケットを購入するのは控えた方が良さそうですね。

スポンサーリンク