デアゴスティーニからスターウォーズの「R2D2」発売!総額20万円で100号完結。1/2サイズ、重量6.8kg

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

スターウォーズの「R2-D2」がデアゴスティーニから登場します!スマホで操作可能、本物の1/2サイズ。総額やサービスについてです。

スポンサーリンク

デアゴスティーニでスターウォーズのR2D2が登場!スマホ&音声操作可能。発売日は2018年1月4日、創刊号は499円

2017_11_01_1_1

引用元:デアゴスティーニ

スターウォーズの象徴的なドロイドといえば、やはりR2-D2の名前をあげる人が多いはずです。独特の形状と可愛らしさが特徴のR2D2ですが、ついにデアゴスティーニから「週刊スター・ウォーズ R2-D2」が創刊

2018年1月4日に創刊号が発売されます。R2D2を自分で組み立てられる日がきました!

スマホアプリと音声認識で動作させられる2つのモード。カメラやプロジェクターも搭載している

デアゴスティーニのR2-D2は2つのモードでコミュニケーションをとることができます。

まず、ユーザーの声に反応して指示に従う「ボイスコマンドモード」。

これはプログラムされている言葉で呼びかけることによって、R2D2の主な機能をコントロール可能なモードです。

もうひとつは「アプリ通信モード」。

AndroidかiPhoneのスマートフォン、またはタブレットへ専用のアプリをインストールすると、Bluetooh通信でR2D2を直接操作して走らせたり、頭部回転、ライトセーバー射出、Wi-Fi送受信によるビデオ再生といった機能が使用できます。

また、R2D2にはビデオ・静止画カメラが搭載されているので、専用アプリ上からR2D2視点の動画を見ることができますし、それを撮影することができます。

スターウォーズの映画の中では、R2D2がメッセージを伝えるために、レイア姫やルークスカイウォーカーのホログラムを投影するシーンがありましたね。

デアゴスティーニのR2D2にはプロジェクターが内臓されていて、そのお馴染みのシーンを再現することもできちゃいます。

本物の1/2スケールで重量6.8kg。金属パーツも使用しており迫力は満点

2017_11_01_1_2

デアゴのR2D2の完成品のサイズは、

高さ:約474mm、幅:約312.5mm、奥行:約302mm
重量:約6.8kg

引用元:公式サイト-よくある質問

となっており、本物のR2D2の半分、1/2スケールで設計されています。

さらに、頭部パーツ部分は「ステンレススティール一体成型」のドームとなっており強度が高く、一般的なR2D2の模型とは違って高級感のあるプレミアム仕様。

前述したように多彩な機能を備えていることから、重量も約6.8kgとかなりの重さとなっています。

デアゴのR2D2のお値段は総額20万1,283円!全部で100号完結。組み立てサービスプランで完成品入手も可能

2017_11_01_1_3

引用元:公式サイト

素晴らしいクオリティのR2D2ですが、やはり気になるのはそのお値段でしょう。

デアゴスティーニの商品はご存知のとおり、基本的には毎週パーツが冊子と一緒になって発売され、それを継続して購読することによって完成させるスタイルとなっています。

今回のデアゴスティーニのR2D2の値段ですが、創刊号は499円。2号目以降の通常価格は1,998円で、第90号のみパーツの関係で4,980円です。

全部で100号で完結しますので、

499円 + 1,998円 x 98 + 4,980円 = 201,283円

このようになり、R2D2の総額は20万1,283円ということになります。

スターウォーズファンも納得のいく出来なR2D2ではありますが、価格も20万円を超えるという中々のものです。かなりの大作といって良いでしょう。

組み立てサービスは別途料金がかかるが、完成品が欲しい人や時間が無い人は利用するのも手

2017_11_01_1_4

引用元:公式サイト

最近デアゴスティーニでは、「組み立てサービス」というものを行なっています。

これはデアゴスティーニ公式による組み立て代行サービスであり、追加料金がかかるものの、組み立てが面倒、完成品が欲しい、時間がないといった方向けのサービスとなります。

組み立てサービスは、毎号756円の組み立て代が別途必要になるので、単純に100号分となると75,600円が追加費用として必要です。

組み立てサービスを利用する場合は、お支払い方法を「毎月支払い」「一括前払い」から選ぶことができます。

一括前払いは全額一気に支払う代わりに、組み立て代が通常よりも16,200円安い、260,683円で購入することが可能です。

もちろん自分で組み立てるのがデアゴスティーニシリーズの本来の醍醐味ですし、自分で組み立てれば一番安くR2D2を完成させられるのですが、手間が惜しい!完成品が欲しい!という需要もあるはずなので、そういった場合は利用を検討してみると良いかもしれません。

組み立て代行を利用した場合でも、完成品のR2-D2が入手できるのは第100号発売後(2019年12月中旬以降順次発送)となるので、その点は把握しておきましょう。

買い忘れのない定期購読を申し込もう!途中で解約することもできるので安心。送料無料で自宅へお届け

2017_11_01_1_5

「週刊スター・ウォーズ R2-D2」は、近年進歩が目覚しいロボット分野の技術を詰め込んで、自在に動き回る自分だけのR2-D2を作れるという、スターウォーズファンには夢のような商品です。

スターウォーズの新作映画エピソード8も年末に公開を控えている状況で、2019年にはエピソード9が予定されています。デアゴスティーニも非常に良いタイミングでこのR2-D2を出してきたなと感心しますね!

購読の際は1号ずつ買っても良いですが、売り切れなどがあると困るので、定期購読がオススメです。

送料無料で自宅へ届けてくれますし、パーツや工具を収納できる特製ケースセットやクリアファイル、読者全員プレゼントのサウンドドロイドR2-D2などを入手することができます。

ちなみに前述のとおり完成したR2-D2は結構大きいものなので、購入する予定の方は今のうちから置き場所などを確保しておきましょう!

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク