デアゴスティーニから「ロビ2」発売!Robi2の総額は17万円。組み立てサービスで完成品入手も可能に

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

日本で一番売れた二足歩行ロボットの「ロビ」が進化して帰ってきました。デアゴスティーニから「ロビ2」が登場!気になる総額や組み立てサービスなどについて。

スポンサーリンク

週刊ロビ2の創刊号は2017年6月6日発売!カメラや顔認識など格段に進化した。新キャラロボの「Q-bo」も登場

2017_03_19_1_2

引用元:ロビ2公式

今から4年前、2013年2月19日にデアゴスティーニから毎号届くパーツを組み立てて二足歩行のコミュニケーションロボットを作る「週刊ロビ」が発売されました。

当サイトでも組み立て記事を公開していましたが、二足歩行のロボットをドライバー1本で簡単に作れてしまうというのが受け、ロビは二足歩行型のコミュニケーションロボットとしては国内トップの販売台数となりました。

色々話題になったロビですが、先日デアゴスティーニの告知で衝撃の事実が!なんとロビの後継機、「ロビ2」が2017年6月6日に発売されるとのこと。どうやら進化して帰ってきたようです!創刊号は799円!

ロビ2は初代に比べて大幅にパワーアップ!カメラで顔認識もできるようになったり、bluetoothで通信も可能

2017_03_19_1_1

引用元:ロビ2公式

ロビ2の外見は基本的に初代ロビと同様の形状をしています。一見するとカラーリングが違うだけではないかと思ってしまいますが、中身は相当パワーアップしているようです。

初代ロビには無かった変更点がいくつかありますが、一番大きな変更は「カメラ」を搭載したことでしょう。

このカメラで顔認識ができるようで、家族の顔をそれぞれ判別することができています。また、カメラでの写真撮影もできるので集合写真などを撮る用途にも使えます。

しかも顔が笑っているかどうかの笑顔認証システムを搭載しているので、シャッターチャンスを逃さないという素敵な設計。

また、スケジュールを覚えることができるようになったようで、記念日や大事な日などを音声通知してくれるようになりました。

「リアルタイムクロック」が提供されると書かれていたので、それによって時間の管理もできるように。こちらも初代ロビには無かった機能ですね。

この他にも、付属の絵本を読み聞かせてくれる機能や、デアゴスティーニから発行されるメールマガジンを見せることで、ロビ2本体の機能を拡張する仕組みもあるようです。

ロビ2の仲間「Q-bo」も登場。ロビとリンクして楽しさアップ!

付属パーツの中には「ドットコードリーダー」や「ブルートゥース」が含まれているので、これらの機能を使って会話やアクションを盛り上げてくれます。

今回の週刊ロビ2には、ロビ以外にも「Q-bo」という仲間がいます。このQ-boと連携するとボードゲームを一緒に遊んだり、英語のお勉強もできちゃいます!

週刊ロビ2の総額は17万1,327円!完成までに1年8ヵ月かかる。完成品を入手できる「組み立てサービス」プランも登場

2017_03_19_1_3

引用元:ロビ2公式

さてさて、ロビ2への関心が高まってきたあたりで一番気になるのはやっぱりお値段。創刊号が安いのはデアゴスティーニのお約束ですが、ロビ2が完成するまでにかかる総額と完成までの時間についてです。

週刊ロビ2は全80号で完結すると書かれています。

週刊ロビ2の創刊号は799円、第2号以降は通常価格1,998円となっているのですが、CPUや音声認識ボード、カメラなどのパーツが付属する号はコストが高くなるので、その分値段も上がります。

第40号、50号、55号、77号、79号が4,104円で、第60号、65号が3,076円となっています。

これらを全て足すと、

799 + (1998 x 72) + (4104 x 5) + (3076 x 2) = 171,327円

総額17万1,327円となります。

デアゴスティーニの週刊「ロビ」が発売チュウ、気になる総額は15万円程度
「デアゴスティーニ♪」 でお馴染みのデアゴスティーニ・ジャパンから2月19日より全国書店及び同社ウェブサイトで発売中の週刊「ロビ」に関して...
初代ロビが15万円程度だったので、ロビ2は少し価格があがりましたが、カメラの搭載や付属品などを考えれば妥当な額です。

また、完成までにかかる歳月ですが、全80号で毎週1号ずつですので創刊号購読から完成まで1年8ヵ月かかります

全80号ですからデアゴスティーニのシリーズでは比較的短い方なのですが、それでもこれくらいの期間は必要となります。

組み立てサービスプランが登場!80号発売後、完成品が送られてくる。組み立て手数料は別途必要

2017_03_19_1_4

引用元:ロビ2公式

デアゴスティーニシリーズは毎号付属のパーツを組み立てて、少しずつ作っていく過程が醍醐味です。しかし、

  • 仕事が急がしくて時間が取れない
  • 完成品だけ欲しい
  • 組み立てたいけど「自分、不器用ですから……」

などの様々な事情によって、組み立てられない場合もあります。そういうニーズに応えてか、週刊ロビ2では組み立てサービスというものが用意されています

このサービスを利用すると、デアゴスティーニの選任スタッフが購読者に代わってロビを組み立ててくれます。

注意点として、組み立てサービスを申し込むと組み立て手数料が1号あたり756円発生しますので、80号分だとトータルで60,480円の組み立て手数料(支払い方法で一括払いを選べば少し割引されます)が必要です。

また、組み立てサービスを使ったとしても完成したロビ2が送られてくるのは、第80号が発売されてからなので、早く入手できるということではありません。

多少お金がかかっても良いから確実に動くロビ2の完成品が欲しいという方は検討してみると良いでしょう。

早期定期購読者には特典に加えてクオカードも。初代ロビオーナーも、これからロビを組み立てる人も楽しめる!

2017_03_19_1_5

引用元:ロビ2公式

週刊ロビ2は定期購読を申し込むと、特注メタコレフィギュアとツールボックスが貰える他、第16号から第45号までの購読でロビの耳と同じデザインのヘッドホンが全員にプレゼントされます。

さらに先行予約者には500円分のオリジナルクオカードが貰えるキャンペーンもありますので、ロビ2の定期購読を検討される場合は早めに申し込むと良いでしょう。

定期購読は送料無料、一括払いは不要で途中解約が可能です。

初代ロビオーナーも楽しめる仕掛けあり!

ロビ2には「こころリンクSDカード」がもらえるキャンペーンがあるようで、このSDカードを初代ロビにセットすると、上記動画のように2体のロビを連動させることが可能!

初代ロビを既に所持されている方は、機能が拡張されているとはいえ基本的に同型のロビ2の購入には慎重になりがちですが、これを見るとロビ2が欲しくなってしまいますね。デアゴスティーニも中々商売上手です……!

初代ロビオーナーの方、そしてこれからロビを組み立ててみたいと思っている方にも楽しめる内容となっているので、ぜひ公式サイトで週刊ロビ2の詳細を確認してみてください。

デアゴスティーニ「週刊ロビ2」公式サイト:https://deagostini.jp/rot/
スポンサーリンク