週刊ロビ(Robi)第18号組み立て。左上腕フレームの取り付けとサーボケーブルの準備

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

デアゴスティーニの週刊ロビの組み立て記事、第18号分です。
今回は左ひじにフレームを取り付けて、サーボモーターを組み込む準備をします。

スポンサーリンク

パーツの確認と保管パーツの準備をする

ではまずはパーツの確認からです。

週刊ロビ第18号。
18号の付属パーツ。

週刊ロビ第18号での付属パーツは以下のとおり。

  1. 左上腕フレームx1
  2. 左ひじバックパネルx1
  3. M2x6mm皿ネジx6
  4. サーボケーブル(70mm)

今号ではパーツの過不足はありませんでした。

使用する保管パーツ。

第17号で組み立てた左前腕部分と、第3号に付属してきた保護シールも使いますので予め用意しておきます。

サーボケーブルをくぼみにはわせて、左ひじバックパネルを取り付ける

では組み立てに入りましょう。
まずは左ひじバックパネルの取り付けをします。

くぼみにケーブルをはわせる。

上記の画像のように、左前腕の円い穴から出ているサーボケーブルをフレーム角のところにあるくぼみにはわせます。

くぼみからサーボケーブルがはみ出さないように、指で押さえながらフレームの形状に合わせて左ひじバックパネルをかぶせます。

バックパネルを取り付けたらネジ締め。

左ひじフレームと密着するようにしっかり押さえながら、付属のネジでバックパネルを固定しましょう。

左上腕フレームを取り付ける。取り付け角度は45度

次に左上腕フレームを取り付けていきます。

赤丸の部分にサーボケーブルを通す。
このような位置関係になる。

左上腕フレームの底面にある、四角い穴の部分に左ひじから出ているサーボケーブルを通しましょう。

上記の画像1枚目の赤丸の部分です。

左上腕フレームと左ひじフレームの3つのネジ穴が重なるように合わせます。
このとき2つのパーツはおよそ45度ずれたような状態になると思います。

ネジ穴が重なったら、ずれないように指でしっかりと押さえながらネジを締めてフレームを固定しましょう。

2つあるネジ穴から締めていくとやりやすい。

ネジ穴は3つありますが奥の1つは締め難いため、先に手前の2つを締めてあげると作業がしやすいです。

保護シールを貼り付けて、サーボケーブルの準備をする

さて今号最後の工程です。
恒例の保護シール貼り付け作業!

【PUSH】と刻印された表面に保護シールを貼る。

もう何度もやっているので、すっかり慣れましたが油断は禁物です。

【PUSH】と刻印されている方が表面となります。
こちらの面に保護シールを貼り付けましょう。

コネクターの先からシールがはみ出さないように注意です。
もう片方のコネクターにも貼り付けたら作業は終了です。

週刊ロビ(Robi)第18号が完成!

今号の組み立て作業はすべて完了しました。
週刊ロビ第18号の完成品はこちらです。

週刊ロビ第18号での完成品。

前号に続いて左腕の組み立てでした。
左上腕フレームが取り付けられて、左肩関節のサーボモーターを組み込む準備が整いましたね。

今号分のデアゴスティーニ公式組み立て動画はこちらです。

次回の週刊ロビ組み立て記事は第19号になります。
第19号では、今号で組み立てた左上腕フレーム部分に左肩となるサーボモーターを組み込んでいきます。

スポンサーリンク