【スマブラSP】挑戦者弱体化!バージョン1.2.0で難易度調整が入った。キャラ出しが少しは楽になった

スマブラSPのアップデートで挑戦者の難易度調整が入って倒しやすくなりました。

スポンサーリンク

スマブラSPの挑戦者が弱くなった。倒せない人が続出したためアップデートで難易度調整が入る事態に。キャラ解放のハードルが下がった

スマッシュブラザーズスペシャルのバージョン1.2.0アップデートが行われました。

この更新ではスマブラSPの問題となっていた「挑戦者が異常に強い」という問題点が修正されています。

スマブラSPの挑戦が強すぎて勝てない問題が修正される。キャラ出しが楽になったので新規プレイヤーには嬉しいアップデート

2018年12月14日にスマブラSPのバージョン1.2.0のアップデートが公開され、更新されました。

スマブラSPは全部で71キャラクターもいるのですが、初期に使えるのは8体のみで残りの63体は全て隠しキャラクターになっています。

その隠しキャラは挑戦者として出現したCPU操作の相手に勝つことで初めて使えるようになるのですが、この挑戦者が異様に強くてどうしても勝てないという人が続出していました。

【スマブラSP】キャラ解放が難しい!初心者や子供には辛いCPUの強さ。全71キャラコンプリートの感想
スマブラSPのキャラ解放で全てのキャラをコンプリートしたのでその感想についてです。初心者には結構難しい難易度でした。

これらの記事でも書きましたが、挑戦者が強すぎることによってせっかくスマブラSPを買ったのに全然好きなキャラクターでプレイできないというのが一番の問題でした。

今回の更新データでは、この挑戦者についても早速修正が入っています。

スマブラSP更新データ内容(Ver. 1.2.0)
オフライン 挑戦者の難易度を調整
オンライン
  • 「だれかと」モードでのマッチングの際に、「優先ルール」で設定した「乱闘形式」がより反映されやすくなったが、マッチングでかかる時間が長くなる場合がある
  • 専用部屋内の同期通信安定度が向上
全般
  • ゲームバランスの調整
  • その他ゲームを快適に遊べるようにいくつかの問題を修正
  • 個別にファイターの調整・修正をした
個別修正、調整の入ったファイター
  • ドンキーコング
  • リンク
  • カービィ
  • ルイージ
  • アイスクライマー
  • こどもリンク
  • ピクミン&オリマー
  • トゥーンリンク
  • むらびと
  • ゲッコウガ
  • パックマン
  • ダックハント
  • しずえ

スマブラSPのバージョンによる互換性についてですが、オンラインモードに入るときは最新データが必ず必要になりますので自動でアップデートが行われます

ローカル通信対戦の場合でも、Ver.1.1.0以前とは互換性がないため、一緒に遊ぶ人と更新データのバージョンを揃える必要があります。

ファイターの調整なども入っていますが、今回のアップデートで一番重要なのはやはり挑戦者の難易度調整です。公式の書き方では調整に留まっていますが、言ってしまえば弱体化されたということです。

具体的にどう弱体化されたかというと、最初に挑戦者として現れたときの強さは今までと同じなのですが、挑戦者の間で再戦するときのCPUが滅茶苦茶弱くなっていますので非常に勝ちやすいです。

これによって修正前と比べると挑戦者との対戦時に勝ちやすくなっていますので、使いたいキャラクターのアンロックが楽になりました。スマブラという人気タイトルだけあって、小さい子もたくさん遊ぶわけですからキャラ出しが楽になるのはとても良いアップデートといえます。

スマブラSPのキャラ出しが辛すぎるという評判が広まってしまいつつあるなか、クリスマスに向けて早めの修正を行ったのは良い判断だったと思います。

コメント