自宅でクレーンゲームができる!「タイトーオンラインクレーン」スマホやPCで遠隔操作、景品は宅配で届く

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

株式会社タイトー(TAITO)がついにオンラインクレーンゲームに進出。スマホやPCで実機を遠隔操作、取得した景品は自宅へ届きます。

スポンサーリンク

タイトーオンラインクレーンが今年の秋に登場、24時間365日いつでも遊べる。景品は自宅へと配送される

2017_09_05_1_1

引用元:タイトー公式ニュースリリース

アーケードゲームやアミューズメント施設の運営などでお馴染みの株式会社タイトーですが、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)事業に進出、今年の秋にサービスが開始されるとのこと。

インターネットとリアルが融合した新しいエンターテインメントサービス「タイトーオンラインクレーン」を今秋より展開いたします。

「タイトーオンラインクレーン」はパソコンやスマートフォン、タブレットを使い、オンラインでいつでもどこでも、実際のクレーンゲームをプレイすることができるサービスで、獲得した景品はご自宅まで配達いたします。

業務用ゲームメーカーとしては同事業への参入は当社が初となります。

引用元:タイトー公式ニュースリリース

オンラインクレーンゲームはゲームセンターなどのアミューズメント施設などによくあるUFOキャッチャーなどの実際のクレーンゲーム機をパソコンやスマホで遠隔で操作して景品をゲット。取れた景品はプレイヤーの自宅へと配送されるというサービスです。

ライブ映像を見ながら自宅などから操作できるので、実際にゲームセンターなどへ足を運ばなくても手軽にプレイできるとあって人気のサービスに成長しました。

オンラインクレーンゲーム事業者はトレバをはじめとして既に複数ある。参入は後発だが、業務用ゲームメーカーとしては初

オンラインクレーンゲームという事業形態は結構以前から存在しており、一番最初に始めたのはサイバーステップ株式会社の「トレバ」というサービスで、2013年4月11日にスタートされました。

2017_09_05_1_2

引用元:トレバ

他のプレイヤーが操作している映像を見ることができたり、自宅にいながらクレーンゲームを遊べるといった面白さから人気のサービスとなり、それ以降同様のサービスを手がける事業者が増えていきました。(2016年時点で20サイト以上もあるようです)

そこからすると今秋サービス開始のタイトーオンラインクレーンはかなり後発と言えます。

業務用ゲーム・アミューズメント施設運営のノウハウを活かせるか!

タイトーのニュースリリース本文でも書かれていますが、業務用ゲームメーカーとしてのオンラインクレーン事業への参入はタイトーが最初の事例です。

他のオンクレ事業者はオンラインゲーム会社などが運営していたりするのですが、タイトーはアミューズメント施設の運営を手がけており、いわばクレーンゲームの本場。

高速インターフェイスの採用により、デバイス上の操作と実際のクレーンゲーム機の操作にタイムラグをなくし、ストレスを感じることなく、高精細なリアルタイム映像でプレイをお楽しみいただけます。

引用元:タイトー公式ニュースリリース

参入自体は後発であっても、業務用ゲームメーカーとして培ってきたノウハウがありますから、その点が大いに期待できますね!

私もクレーンゲーム系が好きで、ゲームセンターに行ったら必ずと言って良いほどプレイしますから、タイトーがオンラインクレーンゲームを出してくれるならぜひともやってみたいと思います。

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク