【任天堂】Switchの周辺機器一覧、付属品はスイッチドックやグリップなど。Proコントローラは別売り

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

2017年3月3日に発売決定となった任天堂の次世代ゲーム機「任天堂スイッチ」の付属品や周辺機器のまとめです。

スポンサーリンク

Nintendo Switchの周辺機器やオプションなど。据え置きゲーム機となる「スイッチドック」部分も付属する

2016_10_21_3_13

任天堂スイッチの発売日が2017年3月3日に決定され、価格は29,980円となりました。税別価格ながらも、何とか3万円を下回るように価格設定をしてきましたね。

さて、気になる商品構成について。
任天堂スイッチの付属品と周辺機器やオプションパーツについて見ていきます。

任天堂スイッチ付属品一覧。主要なものはすべて同梱されているので安心

2016_10_21_3_1

引用元:任天堂公式サイト

任天堂スイッチ本体に同梱されている周辺機器は次のとおり。

  • Nintendo Switch本体
  • ジョイコンL,R(セットにより色が異なる)
  • Nintendo Switchドック
  • ジョイコングリップ
  • ジョイコンストラップ
  • Nintendo Switch ACアダプタ
  • HDMIケーブル

本体に含まれるのは上記の7点となります。

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch任天堂 2017-03-03

Amazonで詳しく見る

「Nintendo Switchドック」は据え置きゲーム機にするための周辺機器

2016_10_21_3_2

任天堂スイッチドックはテレビやモニターへHDMIで接続して、ドック部分にSwitch本体を挿し込むことで、据え置きゲーム機のようにすることができるユニットです。

初めて発表されたときはオプションパーツ扱いで別売りになるのではないかなどと予想されていましたが、スイッチ本体の付属品として同梱されています。

グラフィックを増強するための外部ユニットといった類のものではありませんでしたが、あくまで任天堂スイッチは据え置きゲーム機と強調しており、その中核をなす重要な部分といえます。

「ジョイコングリップ」左右のジョイコンを挿し込んでコントローラへ変身

2016_10_21_3_3

ジョイコングリップはNintendo Switch本体から取り外した左右のジョイコン部分をセットすることで、従来のゲームコントローラのように使うことができます。

Switchドックにゲーム機本体を接続しているときは、このジョイコングリップへ装着して使うというプレイスタイル。

ここまでの内容物は全てニンテンドースイッチ本体に含まれています。スイッチ本体だけを買えば十分遊べます。
ここから先の内容は、ニンテンドースイッチでより快適に遊ぶための別売りの周辺機器となります。

ジョイコン充電グリップ、2,480円。USBケーブルを使ってプレイ中に充電、本体付属のものとは別物

2016_10_21_3_17

別売りの周辺機器として、Joy-Con充電グリップというものがあります。

紛らわしいのですが、このジョイコン充電グリップはニンテンドースイッチ本体に付属するジョイコングリップとは別物です。

外見はそっくりですが、ジョイコン充電グリップはその名のとおり、USB給電にてジョイコン部分を充電しながらゲームプレイすることができるので、ジョイコン部分のバッテリー切れを心配しなくても良くなります。

本体セットに付属している「Joy-Conグリップ」とは異なり、付属のUSB充電ケーブルを使ってプレイ中に「Joy-Con」の充電もできるので、バッテリー切れの心配がありません。

引用元:任天堂公式

テレビモードで大きなモニタで遊ぶのをメインにする人は必要になってくるはずです。

Joy-Con充電グリップ Joy-Con充電グリップ
Nintendo Switch任天堂 2017-03-03
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る

「Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)」は3,280円。追加バッテリーに単3乾電池を使えるストラップ

Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式) Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)
Nintendo Switch任天堂 2017-06-16
売り上げランキング : 35

Amazonで詳しく見る

2017年6月16日に発売となる「Joy-Con拡張バッテリー(乾電池式)」は、その名のとおり追加バッテリー用に単三乾電池を使うことができるジョイコンの充電用周辺機器です。

ジョイコンを本体から外して長時間プレイする方には必要度の高い周辺機器。

希望小売価格は3,280円+税となっており、付属品として動作確認用の単3乾電池が同梱されています。

ジョイコン拡張バッテリーについての個別記事としてこちらもご覧ください。

【ニンテンドースイッチ】ジョイコンに乾電池を使えるグリップ、追加バッテリーで長時間プレイでも安心
ニンテンドースイッチ向けの新しい周辺機器「Joy-Con拡張バッテリー」が登場します。なんと乾電池をジョイコングリップに装着できるようになり...

「任天堂スイッチ Pro コントローラー」は別売で6,980円となる。ゲーマー向けの周辺機器

2016_10_21_3_14

従来のコントローラーといえばこれ。「Nintendo Switch Pro Controller」です。アナログスティックの付き方やボタン配置的に、XBOX系統のコントローラーにそっくりでしょうか。

特にアクションゲームなどをプレイする際はこのProコントローラの方が操作感や耐久度的な面からも良さそうです。

こちらは予想通り別売りとなっていて、希望小売価格は6,980円となっています。

Nintendo Switch Proコントローラー Nintendo Switch Proコントローラー
Nintendo Switch任天堂 2017-03-03

Amazonで詳しく見る

任天堂スイッチのゲームをするのに必須ではありませんが、ゲームプレイを追及したい人は必要になってくるかもしれません。

ジョイコンハンドルでマリオカートを楽しもう!価格は1,480円でマリオカート8と同時発売

2016_10_21_3_15

引用元:任天堂公式サイト

任天堂スイッチの周辺機器に新たな仲間が加わりました。4月28日に発売のマリオカート8にあわせて発売される「ジョイコンハンドル」です。

ジョイコンの片方をステアリング部分に取り付けることで、車のハンドル操作と同様にマリオカートを操作するというもの。Wiiにも似たようなものがありましたね!

こちらは価格が1,480円となっています。

Joy-Conハンドル 2個セット Joy-Conハンドル 2個セット
Nintendo Switch任天堂 2017-04-28

Amazonで詳しく見る

タイムアタックなどに使用するには難があるかもしれませんが、ゲームを盛り上げるためのアイテムとしては役に立つはずです。


ゲームプレイに直接的に関係しない、液晶保護シートなどのまとめはこちらからどうぞ。

【ニンテンドースイッチ】液晶保護フィルムやスティックカバー。キャリングケースなどアクセサリまとめ
予約が開始されたニンテンドースイッチですが、液晶保護フィルムをはじめとしたオプション品などの一覧です。
スポンサーリンク