【あつ森】まきエサの作り方と使い方。珍しい魚は出るまでエサでチェンジ!素材のアサリは砂浜をスコップで掘って入手する

あつまれどうぶつの森で珍しい魚を釣るのに必要な「サカナのまきエサ」の作り方と使い方について。つまるところ魚釣りはアサリゲーになります。

スポンサーリンク

あつまれどうぶつの森で効率的な釣りには「サカナのまきエサ」が必需品!砂浜で採れたアサリをDIYで加工して入手。捕まえ方と使い方

あつまれどうぶつの森では「サカナのまきエサ」というアイテムがあります。このアイテムは水辺で使用すると、その地点に必ず魚影を出現させることができるというもので、珍しい魚を釣るときにはかなり重宝します。

まきエサの詳しい使い方や、その作り方、原料となるアサリの入手方法についてみていきます。

サカナのまきエサは珍しい魚を狙うときに必須!まいた場所に必ず魚影を出現させられるので狙った獲物を釣りやすい。出るまでまいてチェンジする

あつ森の楽しみのひとつである魚釣り、やはり図鑑コンプリートを狙いたいところですが、珍しい魚というのは出現する場所が決まっています

例えば川魚の「イトウ」は、崖の上にある川でのみ出現するのですが、イトウの可能性があるやや大きめの魚影が見つかるまで川を行ったり来たりするのはとても非効率ですし、いつまでたっても入手できないことが多いです。

従来は我慢するしかありませんでしたが、あつ森では「サカナのまきエサ」というアイテムがあります

これを使うとエサをまいた場所に必ず1つ魚影を出現させることができます。狙った場所に魚影を出現させることができますから、岩場や桟橋、池などの場所にしかいない魚を釣りたい場合はとても重宝するアイテム。

さらにこのまきエサがすごいのは連続でまけば魚影の入れ替えができるという点です。

まきエサを使って出てきた魚影がお目当てのものと明らかに違った場合、もう一度同じ場所にまきエサを使います。そうすると投下されたエサに驚いて今いる魚は逃げてしまいますが、エサに反応した新しい魚影が出現します。

つまりエサを使うごとに魚影を「チェンジ」することができるわけです。

まきエサのストックさえあれば、その個数だけ魚を入れ替えできるので、お目当ての魚影が出たときだけ釣りをすれば良いので大幅な時間短縮になり超効率的に珍しい魚を入手することができるのです。

効率的になるというだけで、エサを使えば珍しい魚の出現確率が変わるというわけではありません。

「サカナのまきエサ」を作るには「アサリ」が必要!アサリは浜辺の黒い点をスコップで掘ることで入手できる

サカナのまきエサというアイテムはお店で売っていないのでDIYで自作するしか入手方法がありません。まきエサの原材料となるのは「アサリ」という生き物で、島の海岸にある砂浜で捕まえることができます。

まきエサのDIYレシピはアサリを捕まえた時点で閃きます。

砂浜を歩いていると上記画像のように黒い点が出現してピュッと水が噴き出している箇所を見かけると思いますが、ここにアサリが隠れています!

スコップでこの地点を掘り出すと、アサリを入手できます。黒い点はすぐに見えなくなってしまいますが、見失った場合はしばらく待つとまた同じ地点から水を吹き出すので逃げられる心配はありません。

アサリはスタックできないアイテムなので、砂浜付近にDIY作業台を設置して加工場を作るのがオススメ!エサにすると10個まで1スロットで扱える

アサリは他の生き物と同じく、1個で1スロット消費するためスタックさせることができません

ちなみにアサリは生き物ですが博物館に寄贈はできません。

そのためすぐに持ち物がアサリでいっぱいになってしまいます。

アサリを加工してまきエサにしてしまえば10個まで1スロットにまとめることができますから、浜辺の近くにDIY作業台を設置して加工所を作っておくのがオススメです。

アサリは無限に湧くので枯渇する心配はありませんが、いざ必要になると結構集めるのが面倒だったりしますので、手の空いたときに少しずつ集めて加工して、まきエサのストックを用意しておくと良いでしょう。

コメント