【CoDMW】モダンウォーフェアに必要なPCスペック!必須/推奨環境詳細。古いパソコンでも画質を落とせば十分動かせる

CoD:MWのPC版プレイに必要なパソコンスペックの推奨環境と必須環境について。結構古いパソコンでも実際に動きます。

スポンサーリンク

CoD:MWに必要なPCスペック!必須環境と推奨環境。最新ゲームながら要求スペックは高くない。最高画質を求めないなら買替えいらず?

Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)の発売日(10月25日)が迫っていますが、やっぱりFPSはパソコンでプレイしたい!という方も多いはず。

モダンウォーフェアPC版の動作に必要な必須環境と推奨環境のパソコンスペックについてみていきましょう。

以下のスペックはオープンベータ時点での必要スペックとなります。

コールオブデューティモダン・ウォーフェア最小動作環境

CoD:MW最小動作環境
OS Windows 7 64-Bit (SP1) または Windows 10 64-Bit (1709 or later)
CPU Intel Core i5 2500k または AMDの同等の性能
メモリ 8GB
グラフィックボード AMD:Radeon HD 7950NVIDIA:GeForce GTX 670 2GB / GTX 1650 4GB
DirectX DirectX 12互換ビデオカード同等の性能
インターネット接続 ブロードバンドインターネット接続
ハードディスク空き容量 45GB
サウンドカード DirectX対応

コールオブデューティモダン・ウォーフェア推奨動作環境

CoD:MW推奨動作環境
OS Windows 10 64 Bit (latest Service Pack)
CPU Intel Core i7 4770k または AMDの同等の性能
メモリ 16GB
グラフィックボード AMD:Radeon R9 390 / AMD RX 580

NVIDIA:GeForce GTX 970 4GB / GTX 1660 6GB

DirectX DirectX 12互換ビデオカード同等の性能
インターネット接続 ブロードバンドインターネット接続
ハードディスク空き容量 45GB
サウンドカード DirectX対応

必要スペック参考元:activision.com

少しパソコンの知識がある方であれば、2019年発売のゲームにしてはあまり要求されるPC性能が高くないと感じるかもしれません。

CoD:MWを実際に古いパソコンで動かしてみた!8年前のCPUと5年前のグラボ(i7 2600K+GTX970)でも画質を落とせばマルチで戦える

一応公式に書かれているCall of Duty: Modern Warfareの必須スペックと推奨スペックはわかりましたが、実際のところどうなの?と疑問が残ります。

PCゲーマーならば要求スペックがあまり当てにならないこともご存じだと思います。そこで実際にかなり古い構成のパソコンでどのくらい遊べるのかを試してみました!

以下はオープンベータ時の検証によるものです。

8年前のCPUと5年前のグラボでどこまで戦うことができる?もちろん画質は最低画質だが、マルチプレイでもかなり戦える

まずは私の使用しているPCスペックの詳細です。いわゆる2600Kで十分おじさんと呼ばれる種族が良く使っている構成ではないかと思います。

以前からこのブログを見ている方は「まだ買い換えていないんですか!?」と驚くかもしれませんがまだ現役です!(中々ゲーム用PCの新調の予算が貯まらずズルズルときてます)

筆者PC環境
OS Windows 10(64bit)
CPU Core i7 2600K(定格)
メモリ DDR3-1333 16GB RAM
GPU(グラボ) nVidia GeForce GTX 970(3.5GB)
HDD(補助記憶装置) SSD
モニタ フルHD(1920×1080)120Hz

さてCPUに使われているi7 2600Kは発売当時は非常に評価の高いもので高コスパなものでしたが、発売日が2011年1月9日と、もう8年以上前のCPUです。2600Kで十分おじさんはまだ生きているのです。

そしてグラフィックボードはGeForce GTX 970ですが、こちらは少し新しいものの発売日が2014年9月19日で5年前のグラボ

ドライブはさすがにSSDにしましたが、メモリもDDR3ですし全体的な構成は非常に古いパソコンです。ただ、このスペックでもCoD:MWの必須環境は満たしているので、オープンベータテストに参加することができました。

こちらが実際参加しているときの様子。ドミネーションのゲームモードでプレイ中のスクリーンショットです。

設定でfps値や遅延がどのくらい出るかを画面左上に表示していますが、フルHD(1920×1080)解像度でもfps100程度は確保できていることがわかります。

もちろんもっと広範囲なフィールドや爆発エフェクトなどが重なると数字は落ちてきますが、連続キルを出すのには不都合がない程度に動作(画面中は9連続)してくれました。

CPUが弱いのもあるのか、自分のリスポーン直後に一瞬だけ引っかかりを感じますが、他の点で目立った点はなかったです。

CoD:MWではゲーム起動時に、使用しているパソコンの性能に適した画質設定を自動で行ってくれます。

私の場合はさすがに古いPCなので、テクスチャー解像度が「超低」になっていましたが、このように画質を下げることによって、マルチプレイの戦闘に支障がでないレベルにはfps値(フレームレート)を確保することはできます。

最高画質でCoDMWを楽しみたいなら別だが、ここ5年以内に購入したパソコンなら無理に買い換えなくても十分プレイできる

さすがに私の使っているPCは古過ぎるとは思いますが、推奨環境をみると少なくともここ5年以内に購入したゲーミングパソコンであれば十分Call of Duty: Modern Warfareを遊ぶことができます

もちろんすべての設定を最高画質で楽しみたいのであれば最新のゲーミングPCが必要になってくるでしょうが、必要に応じて設定を落としても良いと考えているのであれば、無理にパソコンを買換えなくてもマルチプレイで極端に不利になるレベルにはならないといえるでしょう。

PCゲーマー的にはいつパソコンを買い換えるかというのはかなり悩むポイントでもありますから、CoD:MWは結構古いPCでも動くという点を考慮しつつ、買換えタイミングを探りましょう!

コメント