【CoDMW】リーン撃ちのやり方!武器マウントで反動を抑えられる。2度押しエイムによるリーン設定がオススメ

CoD:MWでリーン射撃(覗き込み)をすることができますが、「武器マウント」という名称で実装されています。設定方法の詳細について。

スポンサーリンク

CoD:MWのリーン撃ち(武器マウント)方法。移動ができない代わりに反動が抑制される。設定ボタンは2度押しエイムがオススメだ

FPSで「リーン」や「リーン撃ち/射撃」と呼ばれる動作は障害物や壁から覗き込むように銃口を相手に向けることを指します。

Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)ではこのリーン撃ちができますので、そのやり方や設定方法についてみていきます。

CoD:MWでは「リーン」のことが「武器マウント」と表記されている

リーンの概念があるFPSでは通常「リーン」と表示されていますが、CoD:MWでは「武器マウント」という名称で実装されています。

初めてプレイすると戸惑ってしまいますが、武器マウントを設定すればリーンを行うことができます。

リーン(武器マウント)設定方法。ボタン割り当ては「2度押しエイム」がやりやすいのでオススメ

リーン(武器マウント)は、オプションから設定することができます。選べる項目は、

  • 無効
  • 2度押しエイム
  • エイム+近接攻撃
  • エイム
  • 自動乗越え(切替)

の5種類から選択することができます。

ここでの「エイム」というのはADS(Aim Down Sight)の名称です。サイトを覗くの意味です。

無効にするメリットはほとんどないので、実質4種類から選ぶことになりますが、一番オススメしたいのは「2度押しエイム」です。

通常、射撃時にはマウス右クリック(PS4ならL2)でADSを行いますが、これを2連続で押すことでリーンが発動するようにする設定です。

武器マウントのボタンを設定すれば、壁際などのリーン射撃が可能な地点にいる場合上記画像のように「ダブルタップで銃を固定」という表示がでます。

この状態でエイムボタンを2回押せばリーン撃ちを行うことができます。

リーン(武器マウント)中は射撃時の反動がかなり抑制されるのでリコイルコントロールが容易!フルオートでもガンガンあたる

リーン(武器マウント)中は、解除するまで一切移動ができません

その代わり障害物から覗く動作によって被弾面積を減らせる他、武器を固定することで射撃時の反動を大きく減らすことができます

反動が強いアサルトライフルなどのフルオート射撃と非常に相性が良いので、リーン撃ちは積極的に使っていくべきでしょう。だからこそ、押しやすいボタンに設定する必要があるわけです。

武器マウントのボタン設定は戦闘中でもオプションから変更できますので、全部の種類を使ってみた上で自分に合っているものを選択してみましょう!

コメント