20180803

【FF14】踊り子はレンジ枠!遠隔物理DPSの新ジョブで、踊りでシナジーによるPTへの支援が可能になる

FF14の拡張5.0からの新ジョブ「踊り子」(ダンサー)はレンジ枠として実装!詩人、機工士に次ぐ遠隔DPSで、シナジーによるPT支援を得意とします。

スポンサーリンク

5.0新ジョブ「踊り子」は遠隔物理DPSとして実装!踊りによってシナジー効果有り!PTの支援ができるレンジ枠の新たな選択肢となる

引用元:基調講演

3月24日、25日に東京で行われた「ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2019 in 東京」では5.0から実装されるもうひとつの新ジョブ「踊り子」の詳細が発表されました。

前もって発表されていたガンブレイカーに次ぐ2つ目の新ジョブとなります。

【FF14】ガンブレイカーはタンクとして実装!帝国のガンブレードとは別物でFF8と同じ爆発振動で斬るタイプ
FF14の拡張5.0「漆黒のヴィランズ」から実装される新ジョブ「ガンブレイカー」はタンクのロールとして実装されます!

踊り子はレンジ枠!初期レベルは60スタートでリムサからジョブクエを受けられる

引用元:基調講演

この踊り子は遠隔物理DPSとして実装されます。レンジのロールは現状、「詩人/機工士」がいますが、ここに踊り子が追加されて3ジョブ構成になります。

大方の予想としてはヒーラーロールに追加されるのではと思われていただけに、レンジへのジョブ追加は少し驚きのあるものでした。

対応しているクラスはなく、ジョブクエストを受注するとレベル60からのスタートとなっていてジョブクエ受注をする場所はリムサロミンサになっています。(Lv60を予定)

また拡張5.0「漆黒のヴィランズ」と同時に実装されますので、踊り子の状態で5.0メインクエストを進めることもできます。

ちなみに画像の衣装はジョブ専用装備(AF)となっていて、カンストさせれば最終的に着ることができるようになります。

踊り子はレンジDPSだが、シナジースキルによってPTの支援を行うことができる!

引用元:基調講演

FF14の踊り子のバトルイメージは投擲武器による遠隔物理攻撃で、さらにそのジョブ名通り、「踊り」によるアビリティ発動が可能、これによってパーティーメンバーへの支援効果を発揮します。

レンジDPSは現在実装されている吟遊詩人/機工士のどちらもPTへのシナジー貢献技が存在しますが、この流れに沿ったものとなりそうです。踊り子もいわゆるシナジージョブという位置づけです。

さて上記までの画像はどちらも武器が「円月輪」(チャクラム)となっていますが、前述のとおりメイン武器は「投擲武器」です。つまり色々な形状のものを投げられるということですね。

これについては基調講演内にて吉田氏が言及していて、

ここは世界設定チームがやさしくてですね、「円月輪にしてしまうと常に丸い輪っかを投げなきゃいけなくなるので可哀想だ」ということで、「手裏剣も投げたり色々なものを投げられるように投擲武器にしておきましょう」って言ってました。

引用元:基調講演

と発言しており、輪っかだけではなく、手裏剣やその他様々な形状のものを投げて攻撃することができるようになっています。

仮に円月輪系に固定してしまうとどの装備をつけても見た目が輪っかですし、形状変化にも限度がありますからバリエーションが少なくてビジュアルが残念なジョブになってしまいます。そのため開発が配慮してくれた形でしょう。

弓矢や銃弾で攻撃するのはありましたが、物理装備を投げつけて攻撃するのが主体のジョブは今回が初ですから楽しみですね。

上記動画は初公開されたFF14新ジョブ「踊り子」の実際のプレイヤブルキャラによる動画です。コンセプトアートどおりの妖艶な衣装で戦っているのがわかります。

そもそも踊り子って?FFシリーズ初登場はFF5のときからで、FF11やFFTにも出ている

FF14の新ジョブとして実装された踊り子ですが、FFシリーズで見てみると結構昔から存在しているジョブです。

ファイナルファンタジーシリーズで初めて踊り子が登場したのはFF5でした。専用アビリティの「おどる」はいずれも状態異常やバフがメインといったもので、この頃から支援役の色が強く出ていました。

その他FF11や、ファイナルファンタジータクティクスにも登場しています。ファイナルファンタジータクティクスでは踊り子は女性専用ジョブとして実装されていましたが、FF14では前述の画像のように男性キャラクターでも華麗な踊りを披露させることができます。

「踊り子」がレンジの新ジョブとして追加されることで、遠隔DPSの新勢力が登場。キャスター3種類、レンジ3種類となる

現在遠隔DPSは魔法職のキャスター、物理職のレンジに大別されていて、魔法職が「黒魔道士」「召喚士」「赤魔道士」の3ジョブ。

レンジが「吟遊詩人」「機工士」の2ジョブでしたが、ここに「踊り子」が加わることで魔法職3ジョブ、物理職3ジョブのバランスが取れた形になりました。

近年の流れをみると、基本的にレイドでは必ずレンジとキャスターは1枠ずつ組み込まれるような設計なのでキャスター枠と被ることはなさそうですが、レンジは踊り子という新たな選択肢が増えましたので、新しいレイドがどのようなギミックになるかによって、ジョブの鉄板構成も変わってきそうですね。

踊り子はガンブレイカーと並んで5.0を盛り上げる新ジョブとなりますので、早く実際に操作してみたいものです。

コメント