【MHW】モンスターの捕獲方法とやり方。大型は罠を使って麻酔玉が基本、弱らせておくのを忘れずに

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

モンハンワールドの大型モンスター捕獲方法について。罠と麻酔玉を準備していく必要があります。

小型の環境生物を捕獲する方法はこちらの記事をご覧ください。
【MHW】捕獲用ネットで小さいモンスターをマイハウスのペットにできる!環境生物を捕まえる方法
モンスターハンターワールドでは小さいモンスターを捕獲して、マイハウスで飼うことができます。捕獲用ネットを活用してみましょう。
スポンサーリンク

モンスター捕獲方法。弱らせてから罠にかけて麻酔玉を2つ投げる。剥ぎ取りはできないが報酬が増える

2018_01_30_1_1

モンスターハンターワールドのモンスターは、討伐するだけではなく捕獲することもできます

捕獲方法は大型のモンスターと小型(環境生物)によって異なりますが、様々な種類が捕獲できます。今回は大型モンスターの捕獲のやり方についてみていきましょう。

大型モンスター捕獲のための、罠と麻酔玉(麻酔弾)の作り方

2018_01_30_1_2

ボス級の大型モンスターを捕獲する場合は、対象の動きを封じるための「罠」と、捕まえるための「麻酔玉」という2種類のアイテムが必要になります。

主要な罠は「落とし穴」と「シビレ罠」の2つで、罠のアイテムはアイテムポーチに1つずつしか持てません。どちらか一方だけでも良いのですが、失敗した場合の保険として両方持っていくと良いでしょう。

シビレ罠の作り方

シビレ罠を作るには、

  • トラップツール
  • 雷光虫

が必要です。

地面設置型の罠で、設置場所へおびき寄せると自動で発動し、しばらくの間対象はしびれて動けなくなります。トラップツールはアイテム屋で200zで購入することができます。

落とし穴の作り方

落とし穴を作るには、

  • トラップツール
  • ネット

が必要です。「ネット」は【クモの巣】と【ツタの葉】を組み合わせて作ることが可能。シビレ罠よりちょっと作るのが面倒でしょうか。

捕獲用麻酔玉(麻酔弾)の作り方

大型モンスター捕獲にもうひとつ欠かせないのが「捕獲用麻酔玉」です。

捕獲用麻酔玉を作るには、

  • ネムリ草
  • マヒダケ

が必要です。麻酔玉は捕獲するときに使うのですが、最低2つは使うので、少し多めに作っておきましょう。

また、この麻酔玉をベースとして通常弾と組み合わせることで「捕獲用麻酔弾」を作ることもできます。

捕まえ方の基本はモンスターを攻撃して、足を引きずるレベルまで弱らせてから罠にかけて麻酔玉を2つ使う

2018_01_30_1_3

モンスターを捕獲するには、まず弱らせる必要がありますので普通に戦って体力をそぎましょう。目安としては、足を引きずって巣へ逃げていくレベルまで弱らせてください

体力を削るのが足りないと、捕獲に失敗してしまいます。

2018_01_30_1_4

モンスターの体力を十分削ったら、通り道に罠を設置してそこへ対象を呼び気寄せてください。シビレ罠・落とし穴どちらでも構いません。

また、罠はボスクラスの重量級モンスターにしか発動しないので、周りに雑魚がいても安心して使えます。

2018_01_30_1_5

モンスターが罠にかかったら近寄って、用意してきた「捕獲用麻酔玉」を投げつけましょう。捕獲するには2つ連続で投げる必要があります。

罠にかかっている時間はあまり長くありませんので、素早く使用できるように準備しておくのが良いです。

2018_01_30_1_6

上手くいけばモンスターを捕獲することができます。クエスト対象になっている場合でも狩猟または捕獲が達成条件なのでクリア扱いになります。

生きたまま捕獲しているので、素材を剥ぎ取ることはできなくなりますが、そのぶん通常よりも貰えるクリア報酬が多くなるのがメリットです。

捕獲によって調査ポイントも大量に貰えるので、料理などの代金にあてることができますね。

スポンサーリンク