【ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド】火の起こし方。チュチュゼリーも火打石代わりの使い道がある

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

ゼルダの伝説BotWで焚き火をするとき着火するための火種が必要となりますが、色々手段があります。

スポンサーリンク

火を起こすには着火剤が必要。火打ち石が無くても赤チュチュゼリーがあればどこでも焚き火!チュチュゼリーの使い道

2017_03_18_1_1

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでは焚き火をすることで料理をしたり、ひまをつぶして時間を経過させたりすることができます。

やはり雰囲気も素晴らしく、冒険といえば焚き火といっても良いくらいですよね!

焚き火は村やフィールド上の既存のものを使える他、薪があればどんな場所でも焚き火をすることができます

薪は木を破壊することで入手することができます。

ただ、焚き火をするには当然何らかの着火方法が必要となりますので、いつでも焚き火ができるように便利な着火剤を持ち歩くと良いでしょう。

火打ち石。便利だが入手性に若干難がある?

2017_03_18_1_2

代表的な着火剤として「火打ち石」があります。

これは金属製の武器で叩くと火花が散るアイテムで、薪の近くにセットした状態で叩けば薪に火をつけることができます。

2017_03_18_1_3

火打ち石はとても便利ですが、一回限りの使い捨てとなっており消耗品です。

火打ち石は山にある大きな岩を破壊したりすることで入手することができるものの、プレイスタイルによっては意外に入手し辛かったりします。入手性に若干難があるかもしれません。

2017_03_18_1_4

赤チュチュゼリーの作り方。火種の量産に向いているが火力が強すぎるので取り扱い注意

2017_03_18_1_5

火打ち石の代用品としてぜひオススメしたいのが「赤チュチュゼリー」です。こちらも火打ち石と同様に、衝撃を与えると火が発生するので火種として活用できます。

ただ少々火力が強すぎるのがネック、

2017_03_18_1_6

ご覧のように衝撃が伝わった瞬間に爆発的な燃焼を起こします。

赤チュチュゼリーは特に金属性のものでなくても衝撃を与えれば燃えてくれますが、直接叩くと爆発に巻き込まれるので少し離れたところから矢などを使うのが無難。

2017_03_18_1_7

燃焼範囲が広いもの特徴で、薪だけでなく周辺の草まで焼いてしまいます。しばらくすれば収まりますが、特性は理解しておかないと文字通り火傷します!

2017_03_18_1_8

赤チュチュゼリーの作り方ですが、「チュチュゼリー」を火に入れるだけで、「赤チュチュゼリー」に変化させることができますから、チュチュゼリーさえあれば携行可能な火種を量産できます。

赤チュチュゼリーの他に、白や黄色もありますが特に赤の利用頻度が高いです。

チュチュゼリーはモンスターの「チュチュ」を倒すことで入手ができ、チュチュ自体はゲーム開始直後から色んなところに出現するので、知らない間にチュチュゼリーがたくさんたまっているはずです。

2017_03_18_1_9

火打ち石と比べると入手性がとても良いので、赤チュチュゼリーを大量に作って携行すればどんな場所でも焚き火を起こすことができるようになります。

また、この火力を利用して設置型の武器(爆弾)として利用することもできますから、使い道が多いのも特徴です。

チュチュゼリーは素晴らしい素材なので、積極的に集めて活用しましょう!

スポンサーリンク