【ポケモンソード・シールド】発売日はいつ?御三家や巨大化、ワイルドエリアなど情報まとめ&マックスレイドバトルの詳細

ポケモンシリーズ最新作「ポケットモンスターソード/シールド」の発売日と情報についてのまとめ!今作ではポケモンが巨大化する「ダイマックス」など新システムも登場します。

スポンサーリンク
  1. ポケモンソード・シールドの発売日は2019年11月15日!御三家ポケモンや主人公キャラ、舞台となるガラル地方とワイルドエリア詳細
    1. 最初に選ぶ3匹のポケモンは「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」
    2. 主人公は男女の外見から各4つのパターンを選ぶことができる。今作も女の子キャラが可愛い(大切)
    3. 冒険の舞台は「ガラル」地方!目的はもちろんポケモンリーグチャンピオン
    4. 街と街との間にある「ワイルドエリア」ではカメラを自由に操作したり、自由に動き回ることができる!
  2. ポケモンが巨大化!「ダイマックス」システムと協力プレイ要素の「マックスレイドバトル」の新要素が追加された
    1. ポケモンバトルに新しい可能性。1回のバトルに1度しか使えないダイマックス。3ターン経過で元に戻るので使いどころの見極め
    2. 他のプレイヤーと協力して巨大な野生ポケモンに挑むマックスレイドバトル!ローカル通信の他インターネット通信に対応
  3. 冒険の先で出会う人々。ポケモンソード・シールドの登場人物
    1. ポケモンリーグの現チャンピオン「ダンデ」
    2. チャンピオンの弟であり主人公のライバルポジションの「ホップ」
    3. ガラル地方のポケモン博士「マグノリア」
    4. マグノリア博士の助手で孫娘の「ソニア」
    5. くさポケモンエキスパート!ジムリーダーの「ヤロー」
  4. ソード・シールドで登場する伝説のポケモン!「ザシアン」と「ザマゼンタ」はパッケージイラストにもなっている
    1. ザシアン
    2. ザマゼンタ

ポケモンソード・シールドの発売日は2019年11月15日!御三家ポケモンや主人公キャラ、舞台となるガラル地方とワイルドエリア詳細

ニンテンドースイッチ用ソフトのポケモン最新作「ポケットモンスターソード・シールド」は2019年11月15日に発売されることが決定されました。全世界同時発売です!

価格は5,980円で、予約開始は7月12日からとなります。

さて発売日が決まったポケモンソード・シールド、これまでに発表されている情報や新しいシステム面なども踏まえながら、まとめて見ていきましょう!

最初に選ぶ3匹のポケモンは「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」

ポケモンシリーズでは最初に冒険を始めるときに3匹のうちからどれか1匹ポケモンを選ぶ伝統的な選択肢があり、これらのポケモンは「御三家」と呼ばれています。

ポケモンソード・シールドで設定されている御三家は以下のポケモンです。

サルノリ
  • 分類:こざるポケモン
  • タイプ:くさ
  • 高さ:0.3m
  • 重さ:5.0kg
  • 特性:しんりょく
ヒバニー
  • 分類:うさぎポケモン
  • タイプ:ほのお
  • 高さ:0.3m
  • 重さ:4.5kg
  • 特性:もうか
メッソン
  • 分類:みずとかげポケモン
  • タイプ:みず
  • 高さ:0.3m
  • 重さ:4.0kg
  • 特性:げきりゅう

伝統的に最初に選ぶポケモンのタイプは「くさ」「ほのお」「みず」ですが、今作でもそれは受け継がれていますね。

御三家の特徴としては2段階進化するというのがシリーズのお約束です。上記3匹とも第一形態なのでどれも可愛い外見ですが、これが進化していくと大抵は勇ましい格好になるのもまたお約束。

ちょっと心配なのは、進化すると「ウッソだろお前!」と言いたくなるくらい外見が残念になってしまう場合があるので、果たして今作の御三家がどのような進化をするのか心配……もとい、楽しみですね。

主人公は男女の外見から各4つのパターンを選ぶことができる。今作も女の子キャラが可愛い(大切)

主人公となる自分のキャラクターは男の子と女の子の外見から選ぶことができ、ソード・シールドでのキャラクタービジュアルはこのようになっています。

それぞれ目の色や肌の色などが違うタイプから選ぶことができます。

昔のポケモンはドット絵でしたが、ニンテンドー3DS以降のポケモンは自キャラやポケモンたちも3Dモデル化されています。

ゲームを進めると自分のキャラクターの服を購入したりしてお洒落を楽しむこともできるので、楽しみの幅が広がりました。自キャラを選ぶときはそのあたりも含めて選んでみると良いでしょう。

それにしても今作の女の子キャラも可愛いですね!

冒険の舞台は「ガラル」地方!目的はもちろんポケモンリーグチャンピオン

ポケモンソード・シールドの冒険の舞台となるのはガラル地方という地域。田園風景があったり、近代的な都市があったり、広い草原や険しい雪山など色々な顔を併せ持つマップとなっています。

ガラル地方ではポケモンバトルがエンターテインメントとして一番人気があり、各地にあるスタジアムにいるジムリーダーとチャレンジャーのポケモンバトルが開催され、ガラル地方中から人々が見物に訪れるほど熱狂するイベントです。

主人公はこのガラル地方で開催されているポケモンリーグに挑み、あこがれのポケモンリーグチャンピオンになるのが冒険の主目的となります。

また、ガラル地方の雄大な自然環境を体験できる新システムとして、後述する「ワイルドエリア」というものも用意されています。

街と街との間にある「ワイルドエリア」ではカメラを自由に操作したり、自由に動き回ることができる!

ソード・シールドからの新機能となるワイルドエリアも注目の要素です。

複数の町と繋がる「ワイルドエリア」には見渡す限りの自然が広がっており、ここでは天気や時間によって現れる出現するポケモンが異なる特徴があります。

特筆すべきなのはワイルドエリアではポケモンやアイテムを探したりできるようにカメラを自由に動かすことができるという点でしょう。

今までのポケモンシリーズでは決められた範囲を俯瞰視点(見下ろし型)のカメラ固定での移動しかできませんでしたが、ソード・シールドからは多くのRPGのようにキャラクター動作とは別にカメラを自由に動かして見渡すことができるようになりました。

ポケモンがたくさん表示されていることからも、シンボルエンカウント式になっているようですね。

広大なフィールド上には様々な仕掛けもあって、木を揺すって木の実をゲットしたり、海や川で釣りをしたりという遊びを楽しむこともできます。

このように開けた空間というのは今までのポケモンシリーズにはなかったものですし、RPGとしてこういったフィールド上を自由に動き回れる要素はポケモンファンとして待ち望んでいた機能だと思います。

ポケモンが巨大化!「ダイマックス」システムと協力プレイ要素の「マックスレイドバトル」の新要素が追加された

ソード・シールドの舞台となるガラル地方では、特定の場所でポケモンが巨大化して強くなるという現象が発生します。その名も「ダイマックス」!

本作からのバトル面の新要素として登場するダイマックスについて詳細を見ていきます。

ポケモンバトルに新しい可能性。1回のバトルに1度しか使えないダイマックス。3ターン経過で元に戻るので使いどころの見極め

ポケモンソード・シールドからの新要素としてポケモンが巨大化するダイマックスというバトル要素が追加されました。

ソード・シールドでは登場するポケモンすべてを巨大化させることが可能と明言されています。一部ポケモンしか進化させられなかったメガシンカと違って全ポケモンに適用されるのは嬉しいですね。

ダイマックスさせたポケモンは見かけが大きくなるだけではなく、一部能力が上昇します。そして覚えているすべての技が強力なダイマックス技に進化します。

新しいバトルシステムであるダイマックスですが、1回のバトルに1回しか使うことができません

また、3ターン経過すると元の大きさに戻ってしまいますので、使うタイミングをよく考えなければなりません。これによってポケモンバトルに新しい読み合いの要素が追加されることとなりました。

非常に強力なダイマックスを使いこなしてこそ、一人前のポケモントレーナーということでしょう。

ちなみにジムリーダーと戦うスタジアムなどはすべてポケモンが巨大化する特別な場所に建てられているのでダイマックスして戦うことができます。

他のプレイヤーと協力して巨大な野生ポケモンに挑むマックスレイドバトル!ローカル通信の他インターネット通信に対応

ポケモンソード・シールドでは前述した「ワイルドエリア」上で、通信して繋がることができます。これによって遊びの幅が広がっていきます。

その最たるものの1つが4人のポケモントレーナーが協力して、野生のダイマックスポケモンに挑む「マックスレイドバトル」です。

マックスレイドバトルでは巨大化した野生ポケモンと戦うことになります。

通常は3ターンで終了してしまうダイマックスですが、野生のダイマックスポケモンはバトル中ずっと巨大化した姿を保ち続けます。さらに野生のダイマックスポケモンは特別な力をもっていて非常に手ごわい相手です。

マックスレイドバトルでは4人のうち1人だけがポケモンをダイマックス(巨大化)させることができます。あとは任せたぞ!というようなオイシイポジションですね。

マックスレイドバトルに勝利すれば、ポケモンゲットのチャンスが訪れます。マックスレイドバトルでのゲットの瞬間も専用演出により大迫力!

マックスレイドバトルで挑戦できるポケモンは、ワイルドエリアの場所や天候によって異なっており、中にはマックスレイドバトルに勝利してゲットすることでしか入手できないポケモンもいます

マックスレイドバトルという名前のとおり、1匹のボスのような強敵に4人で協力して戦うという新しい設計のバトルコンテンツとなりました。

こうした1対多数の協力型コンテンツはポケモンシリーズで初めての実装となります。

ワイルドエリアでの通信は、ローカル通信で近くの友達と一緒にプレイできる他、インターネットを通じて世界中のプレイヤーと一緒にマックスレイドバトルを遊ぶことが可能です。

冒険の先で出会う人々。ポケモンソード・シールドの登場人物

ポケモンソード・シールドでも、ポケモンシリーズお馴染みの「ライバル」の存在ももちろん登場します。今作で登場する人物たちを見ていきましょう。

ポケモンリーグの現チャンピオン「ダンデ」

ポケモンバトルが盛んなガラル地方のポケモンリーグにてチャンピオンとして君臨するのが「ダンデ」という人物。

なんと公式戦で無敗という記録を誇っており、またその人柄からも多くの人に好かれていて絶大な人気を誇っています。当然ポケモンリーグチャンピオンを目指す主人公はこの人物を倒さなければなりません。

チャンピオンの弟であり主人公のライバルポジションの「ホップ」

ポケモンシリーズお馴染みのライバルポジション、今作では先ほどのリーグチャンピオンであるダンデの弟である「ホップ」がその位置にいます。

ホップはいつの日か兄のようなチャンピオンになることを目標にしており、主人公と同じ日にガラル地方を巡る旅に出発することになります。

ガラル地方のポケモン博士「マグノリア」

ガラル地方でポケモンの巨大化現象ダイマックスについて研究しているのが「マグノリア博士」です。

ポケモンシリーズでは必ずポケモン博士が登場しますが、今作ではマグノリアがそのポジション。今まで登場したポケモン博士に女性研究者は何名かいましたが、熟女研究者は今作が初めてではないでしょうか?画像からも淑女ぶりがうかがえます。

マグノリア博士の助手で孫娘の「ソニア」

そしてポケモン博士マグノリアの助手であり、孫娘として登場するのがこちらの「ソニア」です。マグノリア博士と同じく左手で髪を弄る仕草が可愛い!美人!

マグノリア博士とソニアは主人公とホップの冒険をサポートしてくれる大切な存在です。冒険に関する様々なアドバイスをくれることでしょう。

くさポケモンエキスパート!ジムリーダーの「ヤロー」

ジムリーダーでくさポケモンの使い手である「ヤロー」は6月5日のポケモンダイレクトで初公開された登場人物。

ムキムキな体格とは裏腹に非常に優しい目をしており、その目のとおり心優しい性格。ジムトレーナーたちにも慕われていて「勝負を楽しむ」ことをモットーにくさタイプポケモンをメインに構成しています。

ソード・シールドで登場する伝説のポケモン!「ザシアン」と「ザマゼンタ」はパッケージイラストにもなっている

ポケモンソード・シールドにもシリーズお馴染みの「伝説のポケモン」というのが存在します。パッケージイラストにも描かれている「ザシアン」と「ザマゼンタ」について。

ザシアン

まず「ザシアン」という剣のようなものを口にくわえている伝説のポケモン。ポケモン剣盾といわれるだけあって、剣をイメージしたポケモンです。こちらはポケットモンスターソードのパッケージイラストに描かれていますね。

伝説のポケモンだけあって詳細は不明ですが、相対する者さえ魅了するほど華麗な攻撃を繰り出すとされています。

ザマゼンタ

そしてもう一方の「ザマゼンタ」はタテガミの部分が盾のようなもので覆われています。こちらはシールドをイメージした伝説のポケモンですね。

ザシアン同様詳細は不明ですが、威風堂々とした振る舞いで、相対するものを圧倒するとされています。

画像引用元:ポケモン公式,ポケモンダイレクト

コメント