【FF14】サブキャラ育成4。パッチ3.1~3.5のクエスト消化に8時間程、紅蓮のリベレーターまで合計56時間

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

FF14サブキャラ育成録その4。今回は蒼天のイシュガルド編完結まで、パッチ3.1から3.5までの道のりです。

スポンサーリンク

蒼天のイシュガルドパッチ3.1~3.5「宿命の果て」クリアまで約8時間ほど。追加分はそこまで長くない

2017_10_08_1_1

サブキャラアウラ育成その4、前回の蒼天のイシュガルド編からの続きです。

【FF14】サブキャラ育成3。パッチ3.0蒼天のイシュガルドメインクエストで12時間程。風脈緩和が嬉しい
FF14サブキャラ育成録その3。今回は蒼天のイシュガルド、パッチ3.0分の消化にかかる時間や当時との風脈変更点などについて。

前回は蒼天のイシュガルド編3.0のメインシナリオをクリアしましたが、今回はその後追加されたパッチ3.1から3.5までの部分です。

このパッチ分をクリアすれば、拡張版最新の「紅蓮のリベレーター」編へいくことができます!

紅蓮編へと続くシナリオ。ラウバーンと戦ったり、ヤミセン先輩やイルベルドなどストーリー展開が早い

2017_10_08_1_2

パッチ3.1からのシナリオでは今まで山積していた問題(フラグ)をかなりのスピードで回収にきている感じがしました。紅蓮編までに何とかしなくては!という印象を受けます。

ラウバーン局長と戦うシーンではラウバーンがイフリートよろしくな技を複数繰り出してきて、こんな力があるなら普段から使ってくれよと言いたくもなります。

2017_10_08_1_3

この辺りでヤミセン(闇の戦士)も登場。裏切るかどうかと注目されていたウリエンジェ、久々に出てきたアリゼーの新ジョブやミンフィリアについてもまとめてフラグ回収!

パッチ3.1以降は私も休止していた時期と重なるのでそれもあるのでしょうが、かなり展開が早くて前後を覚えていないと「何でこの人と戦ってるんだっけ?」となってしまいそうでした。

2017_10_08_1_4

そんな中でもイルベルドさんだけは印象深かったです。

サブキャラながらも一応蒼天のイシュガルド編ではキーマンでしたからね……。この人の件も紅蓮編直前で解決となります。ルイゾワスマイルならぬイルベルドスマイルがまた素敵?

駆け足ながら紅蓮まで話を繋げていく。パッチ3.1から3.5まではおよそ8時間ほど、クエスト数的にはそこまで多くない

2017_10_08_1_5

実際のプレイ時間についてです。以前までと同様、

  • ジョブは白魔道士(ヒーラーはマッチング速度が速いため)
  • メインクエストのみを進め、サブクエスト・IDは最小限に留める
  • レベリングルーレット未使用
  • 白以外のジョブは一切レベリングしない
  • 他キャラクターなどからの資金・装備提供は一切なし
  • 身内プレイなし。完全ソロ(1人でCF)
  • FCバフ無し
  • イベントシーンやムービー、会話などは全てスキップ

このような条件で進めた結果、パッチ3.5最後のクエストである「宿命の果て」をクリアまでで約8時間程度となりました。

今まで山積していた問題をずいぶんと消化したのですが、そこまで長くなかったというのが率直な感想。とはいえ、本来見るはずのムービーが占める割合も多いでしょうから、スキップしてこの時間ということです。

3.1から3.5までのパッチで追加されたメインストーリークエストは「クエスト数」的には少ない方なので、その影響もあると思います。

いよいよ紅蓮編だなぁオイ!ジャンプポーションを使わなくても、約56時間やれば最新拡張パックへ追いつく!

2017_10_08_1_6

ジャンプポーションを一切使わないで新規にキャラクターを育てたらどのくらいの時間で紅蓮のリベレーターまで追いつくか、という企画ではじめたサブキャラ育成。

無事に目的を達成できました。アウラちゃんの可愛さも再発見できて私としてはとても満足しました。

【FF14】ジャンプポーションを使わずに新規キャラ育成実験。優遇サーバで2.0メイン終了まで約20時間
FF14で優遇ワールドに新キャラを作成し、ジャンピングポーション(冒険録)などを一切使わずにどのくらいの時間でレベリング可能なのか実験してみ...
【FF14】サブキャラ育成実験その2!パッチ2.1から3.0蒼天のイシュガルド編到達まで16時間程度でいける
ジャンプポーションを使用せずにキャラ育成する実験その2です。いつの間にか育成時間計測用になってしまったサブキャラアウラ。今回はパッチ2.1か...
【FF14】サブキャラ育成3。パッチ3.0蒼天のイシュガルドメインクエストで12時間程。風脈緩和が嬉しい
FF14サブキャラ育成録その3。今回は蒼天のイシュガルド、パッチ3.0分の消化にかかる時間や当時との風脈変更点などについて。

さてさて、全部の時間を合計するとだいたい56時間程度で紅蓮編まで到達できることになります。

新生編から初めて、まったく他人の協力なしでいったとしてこのくらいですから、もっとガチなゲーマーがフレンドの協力やFCバフなども含めて進めていけば48時間以内に収めることはそんなに難しくなさそうですね。

サブキャラ育成に5,400円支払うか、56時間頑張るか。どちらを選択するかは状況次第

ジャンピングポーションは紅蓮編まで一気にもっていくことを考えると、

  • 「蒼天の冒険録」:2,700円
  • 「各ジョブ冒険録」:2,700円

の2つが必要になります。あわせて5,400円。サブキャラクター1体を育てる値段としてはそれなりにするかなといった印象ですが、人によっては安いと思うかもしれません。

ただ、10月8日現在では各ジョブ冒険録は1サービスアカウントあたり1つしか購入できないという制限がついているため、複数サブキャラクターを育てたいときはどうしても人力で育成しないといけないので状況にもよるでしょうか。

一応まったくお金をかけずにやったとしても、正味2日半程度あれば紅蓮のリベレーターまで追いつくので、FF14にかけられる時間などを考慮しながら一番良い遊び方をしましょう!

スポンサーリンク