ニトリのPCデスク「プレフェ」シリーズレビュー。L字や脚の種類、組み合わせ自由!シンプルで頑丈な作り

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

お値段以上でお馴染み、家具屋のニトリで販売されている「プレフェ」シリーズという自由にカスタムできるPCデスクについてのレビュー。これが中々良いものでした。

スポンサーリンク

プレフェシリーズは天板と脚の組み合わせで自由にカスタム可能。L字型と組み合わせれば広大なスペースも作れる!

現代ではパソコンをはじめとした電子デバイスの登場で、「机」に求めるものが変わってきたように思えます。かくいう私もPCが中心の生活になってきているため、PCデスクまわりの環境を整えたいと思い、新しいPCデスクを購入することになりました。

今回はニトリが販売している「組合わせ自在フリーデスク プレフェ」を購入したので、このデスクについてレビューしてみます。

ニトリの組み合わせフリーデスク「プレフェ」天板の色や形、脚などを自由に選べる

今年の6月に物置と化していた部屋のDIYリフォームを行って新規にお部屋を構築することになりました。

結局仕事とエンタメを全部ここに突っ込んだ部屋にすることなったのですが、ここで前提条件となったのが「マルチモニタ環境を構築できる広大なスペースを確保」というもの。

私はPC弄りやマルチモニターが好きなのですが、現状の部屋のデスクスペースが圧迫されていたので、これをどうにかするのが課題でした。

【マルチモニター】複数ディスプレイ環境のメリット&デメリット。画面は用途に応じて枚数を設定しよう
マルチモニターに心底憧れて増やしまくった体験談と環境を紹介。複数のディスプレイ環境でのメリットデメリットを書いてみたいと思います。 た...

実際にお店を巡ってみたり、ネットで情報収集した結果、行き着いたのはニトリの「プレフェ」という組み合わせが自由に選べるフリーデスク

2017_09_26_1_1

引用元:ニトリ

プレフェシリーズのデスクは天板の種類(L字とか)やカラー、机の脚部分も含めて自分の好みに合わせて組み合わせることができるフリーデスクで、部屋のイメージに合わせてチョイスすることができます。

引き出しなどは付いておらず、収納機能は別途ワゴンや書棚を付け足す感じで、言ってしまえば天板に脚が付いているだけのこれ以上無いシンプルなデスクなのですが、PC中心の机周りはその方がむしろ好都合なのです。

プレフェの組み立ては工具無しで簡単!品質も問題なく天板の厚みもあって頑丈。2つ繋げてさらに広大な作業スペースへ

2017_09_26_1_3

私が購入したのはプレフェのL字デスク、右側が延びているタイプです。脚部分はT字型のものを選びました。それぞれ高さ調節も可能なので、後から調整したくなったときにも対応できます。

今回選んだプレフェのカラーは「ミドルブラウン」。プレフェのL字天板の場合、角部分用の脚が1本付属しているので、実際に買う脚はT字型2本だけで済みます。

組み立てに使う工具は六角レンチが付いてくるので、特に用意しなくて大丈夫。組み立て自体も簡単で、ネジで脚を天板に固定するだけ。デスクを壁に立て掛けて作業すれば女性1人でも楽々です。

ところで、このプレフェのL字デスクはサイズが、

2017_09_26_1_4

引用元:ニトリ

横幅140cm、縦幅99cmと表記されていますが、ニトリのホームページやPDFを読んでも一番知りたいL字の奥行きが書いていません!

プレフェシリーズのストレートな天板の寸法が、

2017_09_26_1_2

引用元:ニトリ

横幅3タイプの奥行き59cmですから、同じプレフェシリーズですし普通に考えれば同じ寸法にするはずだとは思っていましたが、やっぱり明記されていないと不安です。

ということで実店舗にメジャーを持って測りにいってきたところ、L字の奥行きは59cmと確認。両方とも同じでした。予想通りではありましたが、一応詳細寸法もHP上に書いていただけるとありがたいですね。

さてここまできて「あっ……(察し)」となるはず。

そう、この2つのデスクを合体させることによって一面の広大なデスク環境を構築できるということに気がつきますよね……!

2017_09_26_1_5

もう迷いはありません。買いました!見てくださいこの広大な作業スペースを!

スタンダードタイプのプレフェは横幅118cmの物を購入したので、L字部分と足して実に最大幅217cmのL字型デスクを手に入れたことになります!

合計寸法は奥行き59cm・横幅140cm・縦幅217cmという特別仕様になりました。この広い空間を自由に使って良いなんて……。PCマニアからすると夢の環境です。

プレフェの天板の厚さは3cmでモニターアームなども安心して設置できる。余計なフレームがないので熱もこもりにくい

2017_09_26_1_6

というわけでさっそく新しいデスクへとPC環境を移設しました。

マルチモニターでアームを固定するときのポールなどを立てる際、天板が弱いと机を破壊してしまうケースもあるため、天板の厚みというのはとても重要な要素なのです。

プレフェの天板は厚さが3cmあるのでかなり頑丈。この点での心配がなかったのもプレフェを選らんだ理由の1つでした。

以前使っていたのもほぼ同じサイズのL字デスクだったため、L字単体部分で見るとそこまで広さが変わりませんが、やはり合体させた分そこからの「伸び」が違います。

2017_09_26_1_7

プレフェを繋げたときの「繋ぎ目」についてですが、これはプレフェの脚についているアジャスターを使って高さを微調整すればピタリと合わせることができます。

また、プレフェの天板には余計な補強フレームが付いていないのも良いところ。

他の天板が薄めのデスクは裏側を金属フレームなどで囲むように補強してあるタイプがありますが、これだと場所によってフレームと干渉してモニターアームを付けられなかったり、デスクの下にパソコン本体を置いた場合熱がこもりやすいという欠点があります。

プレフェの場合見かけは一枚板なので、自由にレイアウトできるのが一番のメリット。その構造上、ハンコンなどのゲーミングデバイス設置位置も自由にできるのでゲーマーとしても嬉しいです。

シンプルな構造だからこそヘビーユーズにも向いている。比較的安価で丈夫なPCデスクとしてオススメ

2017_09_26_1_8

引用元:ニトリ

今回購入したプレフェは、

  • L字天板 + T字昇降脚 x2 =  18,427円
  • ストレート天板118cm + 通常脚 x2 = 5,084円

この構成(2つ分)で全部で23,511円(税別)でした。

L字天板はやはり少々値段が上がりますが、ストレート天板の方はかなり安く済みました。構成次第ではもっと予算を下げられるでしょう。

単にL字型のデスクが欲しいのであれば、プレフェよりもっと安いL字デスクは売っていますが、前述のとおり頑丈さとその構造からしてPCユーザーにはかなり相性が良い作りですので特にPC周りを充実させたい場合はオススメです。

初期投資額としてもそこまで高いものではなく、一度買ったら長い期間使うわけですから、これから新規にデスクを買う方や、買い替えを予定している方はニトリのプレフェシリーズを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク