【ニンテンドースイッチ】バッテリー駆動時間を計測してみた。ゼルダの伝説連続プレイで2時間50分程度

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

ニンテンドースイッチを携帯ゲーム機モードで使う場合、実測値でバッテリー容量がどの程度持つのか実際に試して見ました。

スポンサーリンク

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド連続プレイ時で2時間51分46秒でスリープモードに。約3時間と、公称値とほぼ一緒

ニンテンドースイッチはドックに接続して据置ゲーム機として楽しめる他、本体にジョイコンをセットして携帯ゲーム機として遊ぶこともできます。

となると、やはり気になるのは携帯ゲーム機として使ったときの稼働時間。バッテリー持続時間は公称値で2.5~6時間程度といわれていますが、やはり知りたいのは実測値

スイッチ本体のバッテリーがどのくらい持つのか実際にゲームをしながら試してみることにしました。

2017_03_09_1_1

検証条件は次のようになります。

  • ニンテンドースイッチ本体、ジョイコン共に100%充電完了状態からスタートする
  • バッテリー駆動テスト中はジョイコンを常にスイッチ本体に接続し、携帯ゲーム機モードのみで計測する
  • 画面の明るさは自動設定ON、振動設定ON
  • スイッチ本体が電池切れになるまでの時間を計測
  • ゲームソフトは「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」を用いる
  • 計測中、ゲームはタイトル画面、マップ上放置などを一切せずに、常にゲームを操作している状態を保つ
  • ホーム画面に戻って中断するなどの動作を行わない

これらの条件のもと、実際にゲームをがっつりプレイしてどのくらい電池が持つのかを実験しました。

プレイ開始から2時間51分46秒でスリープモードへ移行した

2017_03_09_1_2

実験の結果、プレイ開始から2時間51分46秒でニンテンドースイッチの残バッテリーが1%になり、本体が強制スリープモードになりました。

ニンテンドースイッチの電池残量が10%と5%時に通知が表示されますので、いきなりスリープモードになるわけではありません。

今回の計測方法では、ジョイコンを常に本体へ付けているのでジョイコン自体の電池は減りませんが、その分本体バッテリーが消費されます。

以前任天堂の発表で「ゼルダの伝説プレイ時はおよそ3時間持つ」と話していたので、実測値でもそれに近い状態となりました。

ニンテンドースイッチのバッテリー稼動時間は3時間程度とみておこう。持ち歩くときはACアダプターも一緒にしたい

ゲームタイトルによってもバッテリーの消耗には差がでますが、だいたい3時間が限度と思っておいて間違いないと思います。

実際にプレイするときはもっと休憩を挟んだりするでしょうから、もう少し持つはずです。

ただ、ニンテンドースイッチの発売以前から言われていたとおり、バッテリー容量が若干少ないかもしれません。

屋内でプレイする分には適切ACアダプターで給電しながらプレイしたり、テレビモニタに出力して使っていれば良いのですが、屋外へ持ち出してプレイしたい方には少々物足りない?と感じるでしょう。

外出先でニンテンドースイッチを遊ぶ場合は、ACアダプターも一緒に携行すると万一のときでも安心できますね!

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch任天堂 2017-03-03

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク