【ToS】放置狩りソーサラーはBANか!?不正行為の基準について公式発表される。確認しておこう

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

先日ToSの運営方針について公式に発表がされました。不正行為についての基準が更新されています。

スポンサーリンク

放置ソサはBAN対象。GMからの問いかけに答えられなければアカウント利用停止処理などになる

2016_11_27_1_1

Tree of Saviorにてたびたび問題にされてきた放置狩り、特にソーサラーの「放置ソサ」ですが、先日更新されたToS運営公式発表によると、放置ソサはBAN対象となります。

24日に更新されたToS運営方針ですが、

現在『Tree of Savior』では、ゲーム内にて以下の項目を不正行為として対処しております。

1. プレイヤーが直接操作せず、外部の自動プログラムでキャラクターを操作する(BOT)

2. 現金など、ゲーム外の通貨・物品でゲーム内の通貨・物品を売買する(RMT)

3. シャウトで不適切な発言を繰り返す(迷惑行為)

そして本日11月24日(木)より、ゲーム内で不正行為と判断する基準に以下の要素を追加いたします。

4. モンスターを倒せる地域でキーボードなどの操作デバイスを物理的に固定し、操作上の変化がないまま移動や攻撃を繰り返す(マクロ狩り)※外部ツールなどで操作状況を再現する場合も、上記と同様に判断いたします。

5. モンスターを倒せる地域で操作をせずにモンスターを攻撃できる手段を用意し、そのまま長時間操作せずにモンスターを倒し続ける(放置狩り)

引用元:ToS公式サイト

このように公開されています。

チートやBOT、RMT、不適切発言などはもちろんですが、24日からはそれに追加で「放置狩り」が規約違反となるようになります。

ソーサラーは要注意!GMから問いかけられたら必ず返答しよう。放置と見なされてしまう

召喚モンスターと共に戦う本来のソーサラープレイヤーはあまり意識しなくても大丈夫です。また、ソーサラーに限らず、どのジョブでも同様です。

そもそも放置ソサとは何なのかという話。決してソーサラーが悪いというわけではないのです。

ソーサラーはボスモンスターカードを使用して召喚したモンスターと共に戦う独特なジョブですが、この召喚モンスターが戦ってくれるのを利用して、モンスターが出現するエリアにてプレイヤーはまったく動かずにひたすら召喚モンスターだけが戦って狩りをするという戦闘スタイルです。

ソーサラーはモンスターを召喚している間はSPが減っていくので定期的にSPポーションを飲まなければなりません。

ですから本来、完全な放置ソーサラー(中の人がPC前にいない)は無理なはずなのですが、マクロ機能であったり操作デバイスを固定することでリキャごとにSPポーションを飲み続ける動作をさせることで、完全な自動化を行なっているプレイヤーが少なからずいました。

しかし、それを行なっているかどうかは回りのプレイヤーからは直接確認することができないため、放置プレイヤーが後で「手動で押してるだけです放置じゃありません。チャット見てませんでした」などと言えばそれ以上追求ができません。限りなく黒でもグレー扱いでセーフだったというわけです。

ところが、先日更新された運営方針の備考欄にはこのようにあります。

なお、5.の放置狩りへの対応につきましては、GMキャラクターよりゲーム内での声かけ対応を行います。
声かけは、対象キャラクターにGMキャラクターでオープンチャットにて行い、
一定時間オープンチャットでの返答がない場合は放置と見なされます。

放置狩りは保護モード措置の対象となり、保護モード対応回数によっては
『Tree of Savior』サービス利用停止処理の対象となりますので、充分ご注意ください。

引用元:ToS公式サイト

これの重要な点は、「一定時間オープンチャットでの返答がない場合は放置と見なされます」という箇所です。具体的な例を出してみましょう。

たとえば、本当にパソコンの前でプレイしているが、SPポーションを飲むキーだけは定期的に手動で押して、画面をあまり見ずにスマホゲーをやったり本を読んだりしていた場合。

あまり望ましいプレイスタイルとはいえないかもしれませんが、ジョブの特徴を活かして遊んでいるだけなのでこれは本来セーフです。

しかし、このプレイ中に放置容疑がかけられて、GM操作のキャラクターが話しかけてきたとします。その際、画面をよく見ていなくてしばらく返答しなかった場合、このケースでも放置プレイヤーとして保護モード措置されることとなります。当然繰り返せば垢BANとなるでしょう。

今までは普通のプレイヤーが話しかけてきたとしても無視していた方が多いかもしれません。ただ、相手がGMとなればそうもいかなくなります。

いかなる場合でもGMキャラクターの問いかけに返答できなかった時点で放置プレイヤーと断定されるのです。

特にソーサラーのジョブを持っているプレイヤーは無実の罪でBANされないためにも、気をつけておきましょう。

「狩り中にトイレいきたくなった!テンプルシューター、ちょっとの間頼んだで」→「ふぅー、すっきり……BANされとるやんけ!」

お手洗いがやたら長かった場合、このようなことも無いとは言い切れません。(実際はもうちょっと待ってくれるはずですが)

今までの流れからして動かないソーサラーにはかなりユーザーのヘイトがたまってるってやつなので、召喚モンスターだけに戦わせるプレイスタイルを良くやる方は、通報される可能性は常にあるかもと意識する必要がありそうです。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク