JA40イヤホンレビュー、Jayfiが送り出す低価格帯のカナル型!低音の迫力が欲しい人には向いている

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

新設音響機器のブランドの「Jayfi」から販売されているカナル型イヤホン「JA40」についてのレビューです。いわゆるドンシャリが好きな方には魅力的かもしれません。

スポンサーリンク

「Jayfi JA40」レビュー。実売価格3,000円以下、新設音響ブランドが送り出すカナル型イヤホンの実力

今回縁あって、音響機器メーカー「Jayfi」様からカナル型イヤホン「JA40」のサンプルをご提供いただきましたので、その使用感などについてレビューしていきたいと思います。

Jayfiとは

2016_10_27_1_4

Jayfiは新設された音響機器ブランドで、知名度は高くありません。商品の販売はAmazonにて行なっています。

Jayfiは音響周辺機器を生産して販売中です。ユーザーにさらなる良いものを届けるという企業理念に基づき、数あるメーカーから商品を厳選し、ユーザーに届けさせていただきます。 販売だけでなく、販売商品に関する問い合わせ、アフターサービスも万全していく体制なので、お客様に信頼していただけるように努めていきたいと考えています。

引用元:Jayfi公式Twitter

いわゆる中華ホンというジャンルの商品を取り扱っており、近年中華製イヤホン・ヘッドホンは安価ながらそれに勝るパフォーマンスで勢力を伸ばしています。

サポートなどは日本語で対応され、製品保障も1年ついてるのでアフターサービスも充実。

JA40付属品一覧と外観。アルミ材質のハウジングのシンプルデザインがカッコイイ

2016_10_27_1_1

いきなりお値段から入ってしまって恐縮ですが、このJA40はAmazonにて販売が行なわれており、実売価格が2,790円とイヤホンとしては低価格帯のものになります。

プラスチック製のパッケージでもおかしくない値段なのですが、実物が届いてみると結構おしゃれな化粧箱に入っていました。

2016_10_27_1_2

箱は横へスライドして中身を取り出せるタイプ。JA40イヤホン自体も衝撃などで破損しないように、やわらかい素材に収まった状態で入っています。

2016_10_27_1_3

こちらがJA40の内容物一覧。

  • JA40イヤホン本体
  • 取扱説明書
  • JA40専用ポーチ
  • 交換用サイズ別シリコンイヤピースx2セット
  • ケーブル用クリップ

2016_10_27_1_5

イヤホンハウジング部分はアルミ素材となっていて、金属製というのがまた高級感を演出しています。

特段イカしたデザインというわけではないのですが、ある意味素朴なシンプルデザインが逆にカッコイイと個人的には感じます。

しかし、ケーブルが絡まりやすいのに加えてこのハウジング形状のため、扱いには注意が必要です。

画像のようにLとRが刻印されていますが、形状が左右同一なのでわかりにくいという意見もありました。ただ、ワンボタンリモコン部分が右側イヤホンのケーブルに付いているため、そこを見れば間違う心配はありません。

JA40音質評価。いわゆるドンシャリ型だがエージングでトゲトゲしさは丸くなる。低音迫力が欲しい人向け

JA40の性能は以下のとおり。

主な仕様
ブランド名 Jayfi
型番 JA40
商品特性 カナル型金属ハウジングイヤホン
装着タイプ カナル型
種類 有線型
プラグ直径 3.5mm
プラグ形状 ストレートI型
コード長 1.2m
周波帯数 20-20000Hz
インピーダンス 18Ω
ドライバユニット直径 9mm
感度 118±3dB

取扱説明書には英語と日本語にて説明が書かれており、エージングについても記載がありました。

適量の音楽を一定時間イヤホンで再生させることによって、イヤホンの振動膜の弾力を最高の状態にさせるプロセスとして、イヤホン内部の機械をならし運転させることができます。エージングの時間は約50時間ほどがおすすめです。

また、エージングを行なう際のポイントについても、

  • エージングは2時間異常行なったあと30分休憩を挟む
  • ボリュームは少しずつ調整する(いきなり大きな音を出さない)

などの注意点が丁寧に書かれており、ずいぶん親切だと感心しました。ただ、製品に直接関係は無いものの、説明書の文章は日本語でありながら若干中国語フォントなのがおしい!

金属部分のバリなどもまったくありませんし、品質は確かなのですが、字体のせいで神経質な方は余計な先入観を持ってしまうかもしれません。

2016_10_27_1_6さて実際の音はどんなものかと開封直後に聞いてみたところ、「いわゆるドンシャリ」という表現がぴったりな音です。

低音部分の厚みというか迫力が一番感じられますが、中間部分が少々物足りない印象は否めません。

加えて、高音のトゲトゲしい感じが出ていて、その部分が気になりました。

エージングを済ませるとトゲトゲしさが気にならなくなる

開けたての音は味わったので、今度は取扱説明書どおりエージングをしてみることに。

ちなみにエージングは実際聞きながらだと耳が慣れてしまうので、iPhoneに接続して自分は聞かないまま鳴らし続けました。

最初の2時間のエージング後、少しは変わったかな?と装着して聞いてみたところ、開封直後にあった妙なトゲトゲしさが薄れているのが感じられました。

これはイイ!と思い、夜寝る前に繋いでプレイリストかけっ放し放置を決め込みます。

2016_10_27_1_7

その際改めて気づいたのですが、このJA40のハウジング形状は後ろが一部開放されているため、結構音漏れがあります。外部への音漏れを気にする方は注意が必要でしょうか。

低音部分の迫力と高音のキレの良さがある。繊細さよりもインパクトが欲しい人向け

中々時間が取れず、この記事執筆時点ではまだ半分の25時間ほどしかエージングができていませんが、現状での評価です。

私の個人的な選曲から下記の3曲で聞いてみました。

  • Own Little World / Celldweller
  • ツキアカリのミチシルベ / ステレオポニー
  • Lux Aeterna / Clint Mansell

全体を通してみると優等生タイプのイヤホンではなく結構好みの分かれるイヤホンだと思います。

音全体はいわゆるドンシャリ系のものですが、最初に目立ったトゲトゲしい感じはエージングをすることによって明らかに目立たなくなっています

中音域の繊細さはやはり犠牲になる傾向にあり、曲によっては盛り上がりに欠けるというシーンがあるかもしれません。

とはいえJA40の魅力は迫力のある低音と高音のキレにあります。アップダウンの激しいロックやメタル系はその魅力を一番引き出せるのではないでしょうか。

実売価格の2,790円ということを考えれば、総評として悪くなく、ロックやメタルなどのジャンルが好きな方には低価格帯のイヤホンとして購入候補に十分入ると思います。

Jayfi JA40 カナル型 イヤホン 重低音 HIFI 高音質 遮音性 マイク付き 手作り高級 イヤフォン Jayfi JA40 カナル型 イヤホン 重低音 HIFI 高音質 遮音性 マイク付き 手作り高級 イヤフォン

Jayfi
売り上げランキング : 2077

Amazonで詳しく見る

ケーブル色はブラックとレッドの2種類がラインナップされているので、スタイルにあわせて選べます。

あまり気を使わずに手軽に使えるイヤホンをお探しの方は検討してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク