【ToS】160ID攻略。不人気ダンジョンなりの理由、ミッション形式だが経験値とドロップがまずい

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ToSのレベル160インスタンスダンジョン「崩壊した邸宅」の攻略記事です。

恐らく一度行ったら二度といくことはないのではないか、そんな不思議なダンジョンでした。

スポンサーリンク

レベル160ID「崩壊した邸宅」はミッション形式。ボス戦が続く。マップは表示されないが、90IDとまったく同じ地形

自動PT検索ではあまりマッチングしないため、PT募集を行っていくことをオススメします。

レベル160から行けるインスタンスダンジョン「崩壊した邸宅」は、他のダンジョンと違ってどちらかというとシャウレイミッションなどと同じようなミッション形式になっています

2016_09_15_1_1

160ID内ではマップを開くことができない仕様なのですが、地形そのものは90ID「廃墟の遺跡ダンジョン」のマップをコピーしたものであるため、見慣れたマップとなっています。

2016_09_15_1_5また、このダンジョン内では移動中にガイドカーソルが表示され、次にどこへ移動すべきか指示してくれるので、進行ルートで迷う心配はありません。

上記画像は90IDのものですが、160IDでのボスの配置を記載しましたので、参考にしてみてください。

第1ボス:「炎を放つジャック・オー・ランタン」

2016_09_15_1_2

160IDでの攻略の流れを見ていきます。

スタートして道中のモンスターを倒していくと、まず最初のボスモンスター「炎を放つジャック・オー・ランタン」との戦闘になります。

ボスは基本的に動かず、道を塞ぐように立って(植わって)います。その名のとおり炎を放って攻撃してくるのですが、たいして強くありませんのでそこまで苦戦することはないでしょう。

2分間生存!モンスターの波状攻撃から生き残る

2016_09_15_1_3

炎を放つジャック・オー・ランタンとの戦闘が終了すると強制的にマップ移動させられ、カウントがスタートとすると同時にモンスターたちが襲ってきます。

ここでは2分間「生き残る」のが条件となります。雑魚モンスターと侮るなかれ、意外に敵モンスターの火力があり、数が多いので油断してると死んでしまうかもしれません。

シャウレイミッションでのたいまつ防衛と同じ感覚で挑むと痛い目をみることになります。結構難所なので、心してかかってください。

ここで全滅した場合このID自体が攻略失敗になるのかどうかは不明です。

第2ボス:「ご機嫌なモルディホーン」

2016_09_15_1_4

マップを進んでいくと第2のボス「ご機嫌なモルディホーン」が待ち受けています。恐らくレベル160インスタンスダンジョンで一番強いボスなのではないでしょうか。

ご機嫌なモルディホーンは設置型の毒床を広範囲にわたってばらまき、HPだけでなくSPまで削ってきます。とにかく異常に痛い攻撃の上、設置型のヒールと相性も良くありません。

状況によっては足の踏み場もなくなるほどになるので、タンクや近接アタッカーは苦戦すると思います。

遠隔アタッカーがいればそちらに削りを任せるのも手。死なないように回避優先の方が良さそうです。

第3ボス戦「錯乱したコリメンシア」&「はためくモステム」

2016_09_15_1_6

第3のボス戦は「錯乱したコリメンシア」と「はためくモステム」の2体を相手にすることになります。

両方のボスは共に火力は高い上に、コリメンシアは円形に広がる吹き飛ばしも使ってくるため、2体同時に相手にするのは少し厳しいかもしれません。

特段厄介なデバフなどは持っていないので、どちらか一方だけを釣って集中攻撃し、頭数を減らしてしまった方が安全に攻略できるでしょう。

モンスター一掃後、コカトリスの巣を破壊

2016_09_15_1_7

第3ボス戦が終わると、今度は「コカトリスの巣除去」というミッションが開始されます。

これはマップ上の方にある広場内の「コカトの巣」という対象を破壊するというものですが、当然モンスターたちが待ち受けていますので、先にモンスターを掃討してからコカトの巣を破壊します。

コカトリスの巣を破壊しろという割に攻撃対象は「コカトの巣」という名前です。目立たない色をしていますが、全て広場内に設置されていますので探し出してください。

第4ボス「石棘のモヤブルカ」

2016_09_15_1_8

第4のボス「石棘のモヤブルカ」はイノシシっぽい何かです。

こちらも特別厄介な攻撃技はないものの、猪突猛進というのでしょうか、勢い良く突進攻撃を行ってきます。また、妙に落ち着きがなく移動を繰り返すので近接職は手を焼きます。

突進攻撃を行う際は、特徴的な足の動きをするので、モヤブルカの足に注目しておくと良いでしょう。突進攻撃に巻き込まれると画像のようにぶっ飛ばされます。

ラスボス「見通しのマンティケン」

2016_09_15_1_9

\アリだー!/(注:カマキリです)

第4のボスの「石棘のモヤブルカ」を倒すと、その直後にラスボス「見通しのマンティケン」が出現し、そのまま連戦となります。

ラスボスだけあってさぞ強いのかと思いがちですが、マンティケンも特別厄介な攻撃技を持っていません。とはいえ攻撃威力は高いですから、しっかりガードや回避を行って被弾を防ぎましょう。

2016_09_15_1_10ラスボスの「見通しのマンティケン」を倒せば、160ID「崩壊した邸宅」はクリアとなります。

マンティケンは「見通しのマンティケンのキューブ」を落とすので、忘れずに取得してください。

160ID全体を通して敵の火力が高く、苦労の割には経験値とドロップもおいしくない。人気がないダンジョン

160IDは全体を通してモンスターの火力が高めです。

特に2分間防衛のシーンなどは、構成によってはかなりきつい戦いを強いられることがあるでしょう。

ボスも連戦するものの、得られる経験値が高いわけでもなく、ドロップ品も魅力的なものがありません。

特にこのレベル帯は魔族収監所などのフィールド上の狩場が人気であったり、レベル160付近は経験値カードを利用してスキップするプレイヤーが多いことから、レベル160IDは超絶不人気なインスタンスダンジョンとなっています。

行く意味が全くないとは言いませんが、1日のID突入回数に制限があることからも、わざわざここに行くというメリットは少ないのが実際のところでしょう。

冒頭にも書きましたが、このような背景から自動PT検索を行ってもPTが埋まらないことが多々あります。

私もこの記事を書くために行きたかったのですが、自動PT検索ではマッチングせず、結局募集を行ってPTを作って行きました。(ちなみにPTメンバー全員が「一度は行ってみたいよね」という理由からでした)

実際やってみた上での結論として、たぶんもう160IDへ来ることはないかなという感想でした。

ネタ的に行ってみたいという場合を除き、特に行かなくても良いIDですので、適正レベルであってもこのインスタンスダンジョンはスキップしてしまって大丈夫です。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク