【ToS】130ID攻略方法。マインローダーのビーム攻撃はジャンプで回避!道中の敵デバフに要注意

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ToSの130ID「衰退したルグィン家のダンジョン」の攻略記事です。中ボスのマインローダーがラスボス級に強いと評判!

スポンサーリンク

130IDの全体図と進行ルート。90IDに比べてかなり長く、タンクは辛い戦いを強いられる

130ID「衰退したルグィン家のダンジョン」はかなりの長丁場となります。道中のモンスターを全滅させるルートで行く場合を前提とすると、進行ルートはこのようになります。

2016_09_05_1_1

特にタンク役の方は初見時でもある程度把握しておいたほうがスムーズに進みます。

要所ごとの注意点。マインローダーが一番強い!中盤以降のモンスターは凍結・睡眠状態にしてくる

では上記画像を参考に、ダンジョンを攻略していく際の注意点をあげていきます。

スタート地点から中ボス「マインローダーまで」

進行ルートに沿っていけば、モンスターの取りこぼしはありません。ひとまず中ボスまでの間は特別厄介なモンスターも湧かないので、タンクさんは適切にスワッシュバックリングで挑発、まとめてあげれば良いでしょう。

2016_09_05_1_2注意点というほどでもありませんが、部屋から部屋へ移動する際の細い通路には「マルスタチュー」という石像が設置されています。

背景色に溶け込んでいますが、これも立派なモンスター。ラッパを吹いて攻撃してきます。

石像なので移動できないのですが、逆にタンクからすればまとめられないので面倒くさいです。そして石像なので硬い!

インスタンスダンジョン全体を通していえることですが、タンクをやる場合はまとめすぎに注意しましょう。

敵の一発一発が結構大きなダメージなので、油断するとすぐに溶けてしまいます。

中ボス、マインローダー戦!範囲エフェクトが見えたら離脱&縄跳び用意!

最初に言ってしまうとこの中ボスが実質的なラスボスであって、本物のラスボスは雑魚です。初見でいくとまずこのマインローダーで苦戦するはずです。

魔術師の塔マップのクエストでこのボスと一度戦ったことがあるかもしれません。どうでも良いですが、このデザイン個人的に好きです。ちょんまげ部分がトールギスみたいで素敵。

2016_09_05_1_3

マインローダーの攻撃手段は間接的なものが大半となっており、

  • 自分の周囲に複数ビーム散布
  • 紫色ビーム1回転発射後周囲に円形範囲攻撃
  • 緑色ビーム3回転発射しながら移動
  • 速度低下トラップ
  • 構えからの突進攻撃

これらの攻撃を行ってきます。

この中でも特に厄介なのがビーム攻撃。このビームには2つあって、紫色のものと緑色のものがあります。

紫色のビームは発射して頭部をぐるりと1回転させたあと、マインローダーを中心に範囲電撃攻撃があります。

そのため、近接やタンクなどは紫色のビーム攻撃がはじまったら、マインローダーから離れましょう

緑色のビームは通常攻撃ですが、それでもかなり痛いです。さらにこれはマインローダーが移動しながら行う攻撃で回転数も3回行ってきます。

理想は攻撃予測範囲が表示されたら、範囲外に逃げ切ることですが、逃げ切れない場合でも対応はできます。ジャンプで回避するのです(縄跳びがきたぞ喜べ!)

2016_09_05_1_4

ToSでは平面移動だけでなく、ジャンプなどの垂直に移動することでも攻撃を避けることができます。

マインローダーのビーム攻撃もそれに該当し、回転のタイミングにあわせてジャンプすれば上記画像のようにかわすことができます。当たらなければどうということはない!

特に緑色ビーム攻撃はマインローダー自体が移動することもあり、単純に移動するだけでは避けきれないことが多いです。また、紫色と違ってその直後に攻撃がないことから、近接アタッカーやタンクなどは攻撃の手を緩める時間を最短にできるでしょう。

慣れてしまえば無傷で倒すことも可能。縄跳び楽しい!と思えるようになったら立派な戦士です。

ラスボスまでの道中。雑魚敵と侮るなかれ、凍結・睡眠状態でタンク瞬殺!

マインローダーを倒したあとの道中にいるモンスターが実はかなり厄介です。

一番最初のマップ画像の四角く囲ってある部分にいるモンスターは、凍結デバフを使ってきます。この道中、初見でタンクが落ちるときは大抵凍り状態からまとめた敵にフルボッコにあって死ぬはずです。

2016_09_05_1_5

敵の真ん中を突っ切ってしまうと凍結デバフがかかってしまうので、スワッシュバックリングで挑発したら、集めながら敵グループの外周をジャンプしながら円を描くように移動するとこれを回避できます。

まとめてさえしまえば、後はパーティーメンバーが攻撃し始めますから、それを確認した後、範囲スキルでヘイト維持へ移行すれば安全です。

このエリアが一番危険なところですが、無事突破できても油断は禁物。

その先、ラスボスまでの道中でも睡眠デバフ(スリープ)をかけてくるモンスターが待ち受けています。

タンクはまとめる数、デバフを使ってくるタイミングを見ながら進めていきましょう。

どのゲームでもそうですがアタッカーやヒーラーは、基本的にタンク役(モンスターを集めたり、攻撃を受け止める役)よりも前に出ないように心がけましょう。

ラスボス、オレンジハーピア戦!余程油断しなければタンク装備全部ぶっ壊れてても余裕で勝てちゃう程度の強さ

130ID最深部に待ち受けるのはこのダンジョンの主、ラスボス「オレンジハーピア」です。

どのくらい強いのかというと、タンク装備がほぼ全部ぶっ壊れてても楽に勝てる程度に強いです!(つまり弱いってことなのよ)

2016_09_05_1_6

画像は2周目のものなので装備がまだすべて壊れていませんが、1周目でマインローダーにボコボコにされた後でも余裕で勝てました。

一応派手なエフェクトによる範囲攻撃と、前方範囲攻撃があるのですが、そこまで強くはありません。タンクは適切シールドでガードすれば心配要らず。

正直中ボスのマインローダーがラスボスであるべきです。115IDもそうでしたが、ToSは中ボスがやたら強いの何とかなりませんかね……。

ヒーラーが余程放置プレイをかますかでもしない限り、まず負けることはありません。ただし、もちろん油断してるとうっかり死んでしまうこともあるでしょうから、心してかかりましょう。ナメプは身を滅ぼします!

名物マインローダージャンプ避けが楽しい130ID。初見で行くときはできるだけPT募集でいきたいところ

130ID攻略の鍵は中ボスの処理と、途中のモンスターによる凍結・催眠デバフです。これさえ対応できれば攻略できたも同然です。

ただ、タンクには苦しいIDかもしれません。長いダンジョンのため、終盤にはデスペナルティ無しでも装備が壊れてしまう場合もあります。修理費も馬鹿にならないです。

よくよく考えるとそういうこともあって、ラスボスが中ボスに比べて弱く設定されているのかもしれませんね。

タンク以外は基本的に後を付いていけば問題ないのですが、タンクの場合先頭を切っていかねばならないため、初見のときはちょっと緊張するかもしれません。

その場合、タンクさんは初見歓迎PTなどを募集してみると良いでしょう。

自動PT検索機能を使うとヒーラーがいない構成が出来上がってしまう可能性があるため、130IDのように長く、モンスターの手ごわいIDでは募集をして挑んだ方が安全です。

進行ルートや倒し方はあくまで一例ですが、130IDへ挑戦する際に参考にしてみてださい。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク