【ToS】経験値カードの使い時はいつ?レベル差補正や経験値テーブルリセットを知ればおのずと見えてくる

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

ToSでクエストなどをクリアしたときに得られる経験値カードというアイテム。使うと経験をたくさん得られますが、いつ使うのが良いのでしょうか。

スポンサーリンク

経験値カードから得られる経験値は固定数値。基本的にはいつ使っても得られる経験値に変わりはない

Tree of Saviorではクエストを完了したときなどに経験値カードというアイテムが入手できます。

2016_09_03_2_1これは使用することで経験値を得られるアイテムで、経験値カードアイテムのLVごとに得られる経験値が違います。

ところでこの経験値カード、どのタイミングで使うべきなのか迷ったことはないでしょうか。

経験値カードを貰ってからすぐに使ってしまう派と、とっておく派に大別されると思います。

まず経験値カードの特性についてですが、この経験値カードから得られる経験値は固定であるという点。

上記LV6経験値カードの場合、経験値を60,312、クラス経験値を46,440プラスにするというアイテムです。

割合などではなく純粋に固定の経験値が入手できるので、経験値カードだけに焦点を当てればいつ使っても得られる経験値は変わらないのです。

モンスター討伐時の経験値。レベル差補正による取得経験値減衰は5レベル以降5%ずつ下がっていく

経験値カードから得られる経験値が固定ならば、なぜとっておく派が出てくるのでしょうか。

それにはモンスター討伐時に得られる取得経験値が、レベル差によって補正がかかり、減少するシステムが絡んできます。

モンスターとキャラクターレベルの差による取得経験値の割合

例えば経験値を1000EXP獲得できるモンスターがいて、そのモンスターのレベルを10レベルと仮定します。

それを倒したときに得られる経験値は次のようになります。

キャラクターレベル モンスターとのレベル差 獲得経験値 獲得割合
7 -3 1,000 100%
8 -2 1,000 100%
9 -1 1,000 100%
10 0 1,000 100%
11 1 1,000 100%
12 2 1,000 100%
13 3 1,000 100%
14 4 1,000 100%
15 5 950 95%
16 6 900 90%
34 24 0 0%

参考データ引用元:加速のブロマガ

これを見ていくとわかりますが、キャラクターのレベルが15、つまりモンスターとのレベル差が5以上になると取得できる経験値が減衰していきます。

1レベルごとに5%ずつ減少していき、レベル差が24になった時点で完全に0になってしまいます。

マップの適正レベルを参考に経験値カードを使うとレベル差が大きくならなくて良い

モンスターを討伐したときに得られる経験値はレベル差によって大きく変動してくることがわかりました。

これが経験値カードをすぐ使わずにとっておく派の動機です。

例えば、今手元にクエスト達成で貰ったばかりの経験値カードが何枚かあるとして、次に先程のモンスター(経験値1,000貰える)がいるマップへいけるようになったとします。

今ある手持ちのカードをすぐ使って自分のレベルを14から16まで上げてからいくことにしました。

行った先のマップで、先程のモンスターを10匹倒してこいというクエストを受けてクリアしたとすると、クエスト完了で得られたものは変わりませんが、その過程で得られた経験値には差が生じているのです。

レベル16の状態でモンスターを狩って得られた経験値は9,000EXPになりますが、もしレベルを14のまま今のクエストを進めていれば10,000EXPになったはずですよね。

そうすると1,000EXPという経験値を取り損ねたということになります。

2016_09_03_2_2これは簡略化したモデルですが、実際にはフィールド上出現するボスモンスターなどがこれに近いでしょう。同じクエストをクリアするのに得られる経験値に差が出てくるのは非常にもったいないことです。

マップには推奨レベルというのが設定されており、そのレベルに自分のキャラクターレベルを合わせるのが目安になるでしょう。

たいした差ではないと思われるかもしれませんが、これから先途方もない数のモンスターを討伐していくことになるのです。

塵も積もれば山となるわけですから、今は数百程度のEXPの差であっても、ゆくゆくは何レベル分もの差に広がってしまうかもしれません。

経験値テーブルも意識しよう。レベルが上がるのに必要な経験値数がリセットされる特定のレベル

経験値カードの使い時を知る上でもう1つ理解しておくと良いのが「経験値テーブル」のことです。

経験値テーブルとはレベルがあがるために必要な経験値総数のことで、ToSではこの経験値テーブルが特定レベルでリセットされます。

2016_09_03_2_3

画像引用元:加速のブロマガ

レベル1からレベル200までの経験値テーブルの推移をまとめたのが上記グラフです。

経験値テーブルが変更されるのは、

  • レベル46
  • レベル86
  • レベル136
  • レベル186

といったタイミングになります。

「なんだか急にレベルが上がりやすくなった!」という状態を経験されたと思いますが、それはこの経験値テーブルの変更によるものです。

なぜ経験値テーブルを変更するのかについてですが、「プレイヤーのモチベーションを保つため」とされています。これは経験値テーブル変更のタイミングがクラスチェンジにちょうど近いということからもそう考えられています。

モンスターとのレベル差、経験値テーブルがリセットされるタイミングを考慮して経験値カードを使おう!

経験値にまつわるシステムを色々見てきましたが、では結局いつ経験値カードを使うのが一番良いのでしょうか。

個人的にオススメしたいのがやはりマップ推奨レベルから大きく差が生じない範囲に収めるように使うというやり方です。私はこのやり方で進めていますが、推奨レベルの2つ上くらいがちょうど良い感じでした。

メインストーリー進行上ちょくちょくボス戦に突入しますが、あれを倒したときの経験値がレベル差で減少してしまうのはやはりもったいないですもんね。

適正範囲に収まるようにレベルを保持していれば、特にモンスター狩りをしなくても経験値が尽きることはありません。

それにレベル100を超えて、高レベルになってくれば、ミッションなどのインスタンスダンジョンもいけるようになり、経験値を稼ぐ手段はさらに多くなります。

マップの推奨レベルを考慮した上でもうちょい上げるかどうか迷う……、と悩んだ場合は、加えて経験値テーブルの変更タイミングを意識してみてください。転職や再修練によって新たなスキルを獲得すればより有利に進められるからです。

あくまで使い方の一例ではありますが、経験値カードをいつ使うか迷った際は参考にしてみてください。

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク