【ポケモンGO】田舎改善、都会との格差がついに是正?交換機能も実装されて集めやすくなる!

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

少しは落ち着きを見せてきたポケモンGOですが、初っ端から冷え切ってる田舎にも朗報が!

田舎でもポケモンGOが現状より遊びやすくなるはずです。

スポンサーリンク

ポケモンGOプレイ環境における田舎と都会の格差改善の流れ。出現率の上昇などが期待される

2016_08_24_1_1

世界中でヒットを飛ばしまくっているスマホ向けアプリのポケモンGOですが、そのゲームの仕組み上、プレイヤーの居住する地域によってプレイ環境に差が出てしまいます。

端的に言えば田舎であるほどポケモン出現率が下がり、ポケストップも無いのでボールなどのアイテム補充ができず、ごく限られた範囲内でしか遊べません。強化や進化は同じポケモンをたくさん捕まえるという設計上、田舎では無理があります。

そういうこともあり、都会ではポケモンGO熱がものすごいのに、田舎では冷え切ってるという状態になり、ポケモンGOつまらないという流れになるわけです。

その惨状は下記の記事をご覧いただければわかるはず……。

【ポケモンGO】飽きた、つまらないの要因?田舎と都会でポケストップ格差が深刻。Ingressとの関係性
ある程度プレイしてみて個人的には楽しめているのですが、ゲームの設計上ポケモンGOは田舎住まいには極端に厳しいゲームであると感じます。

ポケモンとNianticの幹部が国内の地域振興のため、地方と連携し格差を改善する意向を示す

ゲームの世界でも居住地域により楽しみ方に格差が生じるというのは私もびっくりしましたが、このことは開発者側も認識しているようです。

ポケモンGOを共同開発したポケモン(東京)と米国のナイアンティックの幹部が産経新聞の取材に応じた記事の中に、

国内の地域振興に役立てるため、地方自治体との連携を強化し、地方では都市部に比べポケモンの出現率が低いなどゲームの楽しみ方に格差がある状況を改善していく考えを示した。

引用元:sankei.com

このようにありました。

具体的にどうするという話はまだ出てきませんが、ポケモンの出現率上昇や自治体側の要請でポケストップを追加するという流れになるものと思われます。

ナイアンティックは東日本大震災と熊本地震で被災した岩手・宮城・福島・熊本の4県と観光客誘致での復興支援で連携することを既に決めています。

同取材でも、「都市部の人が地方を訪ねたくなるような仕掛けを考えたい」とコメントしているので、地方住まいの方でも楽しめるような改善がなされていくのは間違いありません。

ポケモン交換機能の実装でさらに集めやすく!ポケモンといったらやっぱり通信交換である

ポケモンGOにもレアなポケモンが設定されていますが、やっぱりレアなだけあって中々出会えないのです。

ポケモンGOの楽しみ方として、図鑑を完成させるという目標がありますが、自分ひとりだけでは正直集め切れる気がしません。(やってのけた方もいるので不可能ではないが)

ポケモンといえば初代のころから伝統ですが、通信交換で持っていないポケモンを交換できるというシステムがありました。今のところポケモンGOではこの機能は実装されていませんが、上記引用元の記事中で、

 また川島氏は、ポケモンを交換できる新機能について、「できるだけ早期に実現できるように取り組みたい」と述べ、準備を急ぐ考えを表明した。

とありますので、割と早い段階で交換機能が追加されるかもしれません。

この機能があれば、例えば旅行先で捕まえてきたポケモンを友達と交換してあげるなどといった遊び方もできるようになり、プレイヤーの図鑑完成にも光が見えてきます。

社会現象となったポケモンGOはまだ成長中。どこまで浸透してプレイヤーを取り込めるか今後に期待

Ingressが土台となり、位置情報を使ってリアルとバーチャルの世界を繋ぐという新しい遊び方が受け、ポケモン人気もあって爆発的に流行しました。

日本生まれのポケモンですが、今や世界を巻き込む社会現象と化したポケモンGO。

規模が規模だけに、それにまつわる問題も数多く発生していますが、開発・運営側は田舎格差なども含めて柔軟に対応する姿勢をとっています。

今後登場するポケモンも増えるというアナウンスがあるので、それにあわせて格差対策のアップデートなども行うのでしょうか。

田舎住まいだから遊べない。つまんないからやめてしまったというプレイヤーもそれを機会にもう一度遊んでみるのも良いかもしれません。

ポケモンGOはまだまだ成長途中です。今後に期待しておきましょう!

スポンサーリンク