【ToS】オープンβが24日から。サーバはライマ・ジェミナ・ヴァカリネの3つ。先行ダウンロードも開始!

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

待ちに待ったTree of Saviorのオープンβが24日からスタートされます!

先行クライアントダウンロードの他、サーバも3種類から選べることがわかりました。

スポンサーリンク

ワールドサーバーはライマ、ジェミナ、ヴァカリネの3つ。一部コンテンツはサーバーの枠を超えられる

ToSのオープンβが24日から開始されます。
気になるワールドサーバについてですが、昨日公式発表で、

事前公開およびOBT開始時のサーバーは、以下のとおりです。

・ライマ
・ジェミナ
・ヴァカリネ
(計3サーバー)

各サーバーのデータはそれぞれ独立しておりますので、
チームやキャラクター、アイテムなどの移動や共有はできません。ご注意ください。
(ただし、一部コンテンツにおいてはサーバーの枠を超えて共闘・対戦が可能な要素がございます)

ライマ・ジェミナ・ヴァカリネの3つのワールドサーバから選べることがわかりました。

一部コンテンツは恐らくレイド的なものであったり、アリーナのようなものと思われますが、それらは選んだサーバの枠を超えて遊べると書かれていますね。

とはいえ基本的には独立したワールドになるので、パーティーを組んでレベルを上げたりするのはサーバが一緒でなければできません。

一緒にプレイしたいお友達がいる場合は事前に話し合ってキャラクターを作るサーバをあわせておきましょう。

せっかく同じゲームをプレイしているのに、一緒に遊べないのは悲しいですからね!

19日からクライアント先行ダウンロード開始。23日の15時からは事前公開でキャラクター作成ができる!

昨日から既にゲームクライアントの先行ダウンロードが開始されています。

2016_08_20_1_1

クライアント先行ダウンロード開始!

サービス開始時には接続し辛いなどの混雑が予想されますので、ゲームクライアントは先にダウンロードしてインストールしておきましょう。

また、23日の15時からは事前公開ということでゲームキャラクターの作成ができるようになります。

「事前公開」ではゲームプレイはできませんが、チーム名の設定とキャラクターの作成が可能です。
事前にキャラクター作成までを進めておくことで、OBTが開始時にスムーズにゲームプレイをお楽しみいただけます。

キャラクターの外見や名前などをじっくり選びながら、翌日のサービス開始に備えておくと良さそうです。

ToSではキャラクターの名前が「チーム名」と「キャラクター名」にわかれています。チーム名についてはこちらにまとめてありますので、あわせてご覧ください。

【ToS】チーム名とキャラクター名の違い。アカウント共通のチーム名は重複不可のユーザー名
Tree of Saviorのオープンβがもうすぐやってきます! ToSでは「チーム名」というちょっと変わった名前が存在します。キャラ...

当サイトのTree of Savior関連記事はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク