ウェブカメラ「AUSDOM AW615」レビュー。3千円でフルHD・F2.0ガラスレンズ・マイク内臓

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

Skypeなどで気軽にビデオ通話が楽しめる時代ですが、それにはカメラが必要です。

他の有名メーカーに押されてあまり話題にならない(?)ですが、AUSDOMの「AW615」を購入したので、それについて書いてみます。

スポンサーリンク

実売価格3千円の低価格ながら高品質。USBで接続してすぐに使えて、ノートパソコンにも傷がつかない足

デスクトップPCはもちろんですが、WEBカメラが最初から付いているノートPCでも、その性能に満足できずに別途WEBカメラを購入しようとする方もいます。

WEBカメラで有名どころといえば「LOGICOOL ロジクール」や「iBUFFALO」などが製品を多く出していますが、今回は割りとマイナー(?)なAUSDOMの「AW615」というWEBカメラを購入しました。

2016_07_16_1_1

シンプルな箱。

外箱はシンプルなもので、余計な表示は一切ありません。

2016_07_16_1_2

AW615の内容物一覧。

こちらが今回購入したAUSDOMの「AW615」です。箱の内容物は、

  • AW615本体
  • ドライバ / アプリケーションCD
  • 取扱説明書

の3点のみ。AMAZONにてセール品、実売価格2,999円で購入しました。

AUSDOM ウェブカメラ FullHD(1080P)画質 ウェブカム 1/4.5インチCMOSセンサ200万画素 マイク内蔵 360度回転 AW615 AUSDOM ウェブカメラ FullHD(1080P)画質 ウェブカム 1/4.5インチCMOSセンサ200万画素 マイク内蔵 360度回転 AW615

AUSDOM
売り上げランキング : 7676

Amazonで詳しく見る

取り扱い説明書は英語で書かれているのですが、PCへ接続するだけですぐに使えるので何の心配もいりません。(Windows7環境にて)

ノートPCやモニタを傷つけないフレキシブルな足と360度回転する本体

私がWEBカメラを選ぶときに着目したのが、「ウェブカメラの固定方法」でした。

出来るだけ幅広いシーンで使えるように、固定方法は柔軟であって欲しかったのです。ノートPCなどではクリップ式だったりすると表面に傷が付かないか心配になってしまいますし、かといって台座に置くタイプだと狭い机周りに設置できません。

2016_07_16_1_3

このように足を自在に曲げられるのが良い。

その点も考慮して選んだのですが、覧のように足の部分をグイグイ曲げられます。カメラに対して結構長めの足なので、色んなシーンに対応できます。

折りたためば卓上に設置できますし、でっぱり部分をモニタに引っ掛ければモニタ上に設置できます。前述のとおり足が長いですから、モニタの厚さにかかわらずに設置しやすいのが魅力。

2016_07_16_1_4

本体は固定ではなく、360度回転。

カメラ本体部分はボールジョイントのようになっており、上下の傾きや360度回転も可能なので、ポジション調節がしやすい。

フルHD、F2.0ガラスレンズ、ノイズキャンセルマイク内蔵

WEBカメラとしての性能も申し分ないです。

200万画素1/4.5インチCMOSセンサーを搭載。FullHD(1080P)画質映し出すことができ、レンズ部分はプラスチックではなくガラスを採用しているのでクリアな画質で撮れます。

ノイズキャンセルマイクも内臓されているので、別途ヘッドセットなどを用意せずともPCへ接続するだけでビデオ通話がすぐ出来るという点も魅力です。

マイクの性能はそこそこですが、ビデオ通話での会話程度ならば十分役割を果たしてくれるでしょう。

2016_07_16_1_6

付属のアプリケーションで色々遊べる。

ドライバCD付属のアプリケーションには色々機能も付いているのでそれを使ってテストしたりすることもできます。

デザインがいかにもカメラなのが良い!重厚そうに見えて重さは約123gと軽い

ここは好みが分かれるところですが、デザインが個人的にとても好みでした。

最近のWEBカメラは一見カメラっぽく見えないものが多く販売されています。

2016_07_16_1_5

いかにもカメラですというデザインが好き。

そんな時代に逆行するかのごとく「いかにもカメラカメラしたウェブカメラ」なデザインに惹かれました。

私はこういうPCデバイスを揃えたりするのが大好きな部類の人間なので、このデザインがたまりません。

メタリックの重厚間のある見た目に反して、本体は約123gと軽量ですのでモニタの上でぐらぐらするという心配は無用。薄型モニタやノートPC上でも使えます。

低価格ウェブカメラのおすすめだが、用途によっては気にならないものの唯一の欠点はオートフォーカスが無いこと

AUSDOM AW615、大変素晴らしいウェブカメラなのですが、唯一の欠点はやはり「オートフォーカスが無い」点でしょう。

AW615はレンズ周囲のリング部分を回すことでピント調節を行う、マニュアルフォーカスです。

3千円以内で買えるのですからあまり贅沢はいえませんが、人によってはオートフォーカスの有無が重要という方もいるはず。

例えばゲーム配信者が手元を移したり、椅子に座った状態などを映したいのであればそこまで気を使わずにすむと思いますが、オートフォーカス機能が必須だという方の候補からは残念ながら外れてしまいます。

しかし用途的にその点を考慮しなくて良いのであれば、低価格帯ウェブカメラの候補上位には食い込むだけの性能を持っているのは間違いありません。

低価格ウェブカメラにありがちな発色の悪さやノイズが乗ってしまうということも無かったので、個人的にとても満足の良くものでした。

マニュアルフォーカスでも良い!低価格で品質の良いウェブカメラを!という方はぜひ候補に入れてみてください。

AUSDOM ウェブカメラ FullHD(1080P)画質 ウェブカム 1/4.5インチCMOSセンサ200万画素 マイク内蔵 360度回転 AW615 AUSDOM ウェブカメラ FullHD(1080P)画質 ウェブカム 1/4.5インチCMOSセンサ200万画素 マイク内蔵 360度回転 AW615

AUSDOM
売り上げランキング : 7676

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク