【FF14】キャスターのゴルディオン装備一式コンプリート。武器はジョブによっては発光が目立たない

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

アレキ零式4層をクリアしてから8週分経過し、先週でキャスターのゴルディオン装備が全て揃いました。

特にゴルディオン武器は発光するのですが、ジョブによって光る部分に差異があります。

スポンサーリンク

キャスターのゴルディオン全装備コンプリート!染色可能な胴体部分は中々良い。武器は黒より召喚の方が目立つ

初めて4層をクリアしてから固定で以降のレイドを消化していましたが、先週で8回クリアで無事全員にタチコママウントも回りました。

幸運なことにその過程で、断章もあわせてキャスターのゴルディオン装備が全て揃ったので、黒魔道士と召喚の武器の差などを含めて掲載してみます。

黒魔道士のゴルディオンスタッフと装備一式

まずは私のメインジョブ、黒魔道士の装備一式です。
胴体装備の外見自体は、アレキノーマルのプロトゴルドシリーズと変わりありませんが、染色が可能になっています。

私は赤系で胴体を「カララント:ダラガブレッド」で染めてみました。

ゴルディオン胴体は染色するとイメージがガラッと変わる。

装飾品の部分が良い感じに目立っていますね。
某黒魔道士の人もびっくりするくらいジャラジャラしてます。

ところでこのゴルディオン胴体ですが、見た目はともかく性能は残念なことに。

ゴルディオン・キャスターガウンの性能が、

  • VIT +96
  • INT +101
  • 命中力 +94
  • スペルスピード +66

となっています……。

現状レイドで最難関なのがアレキ零式4層ですが、そこに行くまでに既に挑戦者は命中を調整してきています。4層で取得できるこの胴体で命中がマシマシになっていても正直微妙!

黒魔道士・召喚士ともに間違いなく禁書胴体の方が強いです。
私は普段禁書胴体にこのゴルディオンキャスターコートをミラプリして使っています。

ゴルディオンスタッフのデザインはシンプルな感じ。

黒魔道士の武器、ゴルディオンスタッフは性能が優秀。

ゴルディオンスタッフの性能は、

  • クリティカル +102
  • スペルスピード +71

強化禁書武器のルナリスロッドは、

  • 意志力 +68
  • スペルスピード +102

となっていて、スペルスピードの違いも大きいのですが、今回は武器には命中が付いていないので禁書武器との一番の差異はクリティカルか意思かの違いとなります。

ゴルディオン武器は抜刀時に光るが、黒杖は光る部分が小さい。

黒魔の意思派かクリティカル派かは随分昔から議論されてきましたが、詰まるところどちらも優秀で「使用者の好みによる」としか言えません。

今のところせっかく断章使ってゲットしたのでゴルディオンを使っていますが、デザインはルナリスロッドの方がやはり好きです……(笑)

ゴルディオンシリーズの武器は、抜刀時に一部が周期的に発光するギミックがあります。黒魔道士のゴルディオンスタッフも勿論光りますが、残念なことに光る部分が杖先端の尖った部分だけとなっています。

染色も試してみましたが、あまり目立ちません。
例えば戦士の斧、暗黒騎士の大剣などは全体が光っているだけに、そのような派手さがなく正直地味です。

せっかくだからもっとメカメカしい感じのデザインでも良かったのにな~とは思いました。

召喚士のゴルディオングリモアと装備一式

こちらは直ドロップのゴルディオングリモア。
召喚士用の武器です。

書いてある内容はいつもの図形。内側は特に目立たない。

ゴルディオンシリーズ特有の突起は付いています。
書かれている内容はいつもの図形で、内側は大して目立たないのですが、外側を見てみると……。

本系武器は外側が目立つ!光る面積が大きいのが良い。

外側がこのような感じに光ります。
武器も染色可能ですから、染色すればその色に光って(周期的に発光)くれます。

やはり黒杖と違って、光る部分の面積が大きいので目立っていて良いですね~。ゴルディオンスタッフももうちょっと派手なのが良かったです!

さてこのゴルディオングリモア、性能面は召喚士としては嬉しい「意思・クリティカル」です。

ゴルディオングリモアが、

  • クリティカル +71
  • 意思力 +97

強化禁書のアルマンダルが、

  • クリティカル +102
  • スペルスピード +71

となっています。

バージョン3からは召喚のスペルスピードも意味のあるステータスになりましたが、やっぱり意思クリが良い!という方はぜひ取得しておきたい武器でしょうか。

レイドに行くキャスターメインの方は黒魔道士・召喚士を両方上げていることが多いですから、4層の断章で武器をどちらにするか迷った場合、召喚の本をとった方が良いかもしれません。見た目的な意味で

ゴルディオン装備一式も空島探索の登場で最強装備の座が危うくなる?ゴルディオン産、短い間でしたがお世話になり(ry

真成編のときは結局最後までキャスター胴体がでませんでした(未だに持ってない)から、今回は運よく全ての装備を拾うことができて個人的には満足しています。

空島産のIL210装備がどんなものか気になるところだ。

めでたく平均IL210になったわけですが、11月10日に予定されているパッチ3.1では新しく「空島探索」というコンテンツが加わります。

ここでは最高でIL210の装備品が入手できるとのことですから、いわゆるレイド産の「最強装備」の座は早くも危ういかもしれません。空島装備はステータスがランダムらしいですし、もしかしたらそっちの方が強い!というのもあるのでしょうか。

スペルスピード超特化とか、そういう装備の構成もしやすくなるのならば遊び方が広がりますよね!

パッチ3.1の公開が楽しみです。

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク