【FF14】マーチャント・コテージウォールが完成!バルーン付きの煙突の登り方。さすが忍者だ!

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

FCでちょくちょく作っていたハウジングの外見変更アイテム「マーチャント・コテージウォール」が先日完成しました!

バルーン付きのお洒落なお家になりました。

スポンサーリンク

バルーンの付いた染色可能なハウス外見一式。扉などのパーツも中々に良いデザイン

バトルコンテンツもひと段落付き、最近はハウジングをはじめとした生産系コンテンツを楽しんでいます。

結構前から作業台には設置してちょくちょく組み立てていたFCクラフトの「マーチャント・コテージウォール」が先日完成しました!

Sハウジング用のマーチャント・コテージウォール。

「週刊ハウジングを作る、創刊号はバルーンが付いて(以下略」ばりに工程数が多く、材料も多岐にわたるため結構大変です。

空いた時間に少しずつ素材納品などをFCメンバー皆でやりながら組み立てました。

グリダニアファミリーシリーズ「バルーンの付いたお洒落なお家」

設置してみると中々存在感があります。

通常ハウジングは外壁などの他、扉・窓・塀などを組み合わせるのですが3.0から追加されたFCクラフトでつくれるマーチャントシリーズはこれらのパーツが全てセットになっています。

一式セットなので、統一感は抜群ですよ!

屋根周りの装飾や質感も結構良い感じ。

外壁部分は白色で木目が見えるようになっています。

このマーチャントシリーズをはじめとした、FCクラフトで作れるハウジングの外見は種類や大きさを問わず、染色が可能になっています。

上記のマーチャントコテージウォールは初期値ではピンク色っぽい屋根になっていますが、うちのFCのイメージカラーでもある赤色に染めてみました。

屋根の色に合わせてバルーンの色も変わる。プカプカ浮いていて可愛い。

染色範囲は屋根と、バルーンなどの付随するパーツ部分です。

ハウジングの外見は色を変えるだけで随分と印象が違うので楽しいですね!

ハウスの外見を変更するアイテムなので、当然内装はほとんど変わりませんが、入り口となるドアや窓のデザインだけは変更されます。

家の内側からもドアや窓などの部分は変更されている。

特にこの外見のドアはガラス部分の面積が大きく取られているため、日の光が家の内部にも差し込んできて素敵な雰囲気を作り出してくれます。

やっぱり屋根に上りたくなる!煙突に上に登るにはジョブスキルが必要な場合もあるが、ちゃんと登れる

ところでお家といえば屋根。
屋根といえば上ってみたくなるのは、私がミコッテを使ってるからだけではないはず。何とも形容しがたい魅力があるものです。

屋根には上れても煙突(?)には通常のジャンプでは登れない。

屋根自体には段差を使っていけば簡単にあがれるのですが、問題は煙突部分。

マーチャントコテージウォールには上記画像のように、煙突(と思わしきもの)が付いているのですがやはりここにも登りたい!

しかし通常のジャンプやスプリントを使っただけではどうしても登ることができません。家の立地にもよりますが、ここで特定のジョブのスキルが必要になる場合もあります。

色々試してみた結果、一番やりやすいのは「忍者の縮地」を使う方法でした。

移動しながら縮地を使って煙突に登れる。

やり方はとってもシンプル。

煙突に向かって垂直に前進しつつ、縮地のグラウンドターゲットを煙突中央部へ合わせます。

この状態でジャンプしたのと同時に縮地を発動させます。

煙突の上でドヤ顔。さすが忍者!

すると煙突の上に着地することができます。

さすが忍者!!

コントローラでの操作だともしかすると若干難しいかもしれませんが、煙突に中々登れない場合は試してみてください。結構眺めも良いものです。

ちなみにちょっと難しいですが、黒魔道士のエーテリアルステップでも同様に登ることができます。竜さんでも登れますが意外に難しく、やはり一番安定性があるのは忍者の縮地という結果になりました。

こんなことを家が完成してからFCメンバーらと割とまじめにやってました(笑)
無事に煙突も攻略です!

バトルコンテンツだけプレイしているとあまり視野に入ってこないものですが、こういう割とどうでも良いような部分に面白さがあるのがMMORPGの醍醐味でもあるのかなぁと改めて思ったりしました。

パッチ3.1では空島も追加されるとのことですから、今から色々楽しみですね!

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク