【新生FF14】麒麟マウントを入手。イシュガルドの空を飛べる?極蛮神周回からようやく開放された

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

新生FF14のパッチ2.5で麒麟マウントが実装されましたが、先日ついに取得することができました!

極蛮神をひたすら脳死周回するという苦行からようやく開放されます。

スポンサーリンク

極蛮神馬を6種類集めることで入手できる麒麟マウント。首を長くして待ってたんだ……!

実は少し前から新生FF14をまたやりはじめて、麒麟マウント取得のために極蛮神周回の旅をしていました。

パッチ2.5から実装された麒麟マウントが欲しくてやり始めましたが先日ついに入手することができましたよ。

麒麟マウントをついに入手!動物園のキリンじゃないぞ!

麒麟マウントは伝説の生き物とされている麒麟に乗れるようになるものです。
キリンビールのロゴにあるあの麒麟ですね。

決して動物園にいるキリンじゃありませんよ!
とはいえ入手するときを夢見てキリンばりに首を長くしてまっていたのは事実ですが(笑)

入手までの道のりは険しい。イフリートでロット勝負を32連続で負ける苦行が最難関であった

麒麟マウント入手方法と手順は、

  1. 極蛮神クリア時の宝箱からでる固有馬を入手
  2. 各蛮神の固有馬を6種類揃える
  3. モードゥナにいる吟遊詩人(吉田)に話す
  4. イベント見て麒麟入手

という流れです。

しかしこの「各蛮神の固有馬を6種類揃える」というのが非常に辛いものでした。

まず馬の出難さです。

極蛮神固有馬は全部で以下の6種類いて、

  • アイトーン
  • クサントス
  • グルファクシ
  • エンバール
  • マルカブ
  • ボレアス

対応する各極蛮神を倒したあとに稀にドロップするレアアイテムです。以前はもっと低かったのですが、緩和された現在でもおよそ20%程度の確率でしかドロップしません。

そして馬が出たとしてもそれをPTメンバー8人でダイス勝負をして、勝って入手しなければならず、最終的には運ゲーとなります。

私はあまりくじ運がよろしくないので、この点が非常に辛いものでした……。

特に最後の馬となった極イフリートの「アイトーンホイッスル」ではドハマリしてしまい、極イフリートだけで合計160周ロット勝負で負けること32回と燦々たる状況に。

途中からはニコ生で配信しながらプレイすることで何とかモチベーションを保っていましたが、中々に辛いものでした。

リスナーの方から頂いた応援コメントがなければ諦めていたやもしれません。

あと馬1頭という場面でここまでハマるとは思いませんでしたが、ひたすらやり続けて33回目にしてようやくイフリート馬をゲット!

イフ馬アイトーンが麒麟と目を合わせず何故かよそ見している。

極イフだけをやり続けてちょっとSAN値がピンチになりかけましたが、手に入れたときの喜びもひとしおでした。

ちょっと面白かったのが麒麟取得のイベントではヨシダ、もとい「異邦の詩人」が出演するのですが、このとき空から降りてきた麒麟と各蛮神馬が目を合わせるはずなのに、イフリートの馬「アイトーン」だけが何故かよそ見をしていました。

これはあれでしょうか、ハマりまくったせいもあって都合が悪かったのか、それとも入手されてしまったことが不服なのか……(笑)

拡張パック「蒼天のイシュガルド」では空を飛べるが、麒麟マウントも飛べるって本当ですよね?

私の場合は最初は特に麒麟に興味がなかったのですが、近日発売のFF14初となる拡張パック 「蒼天のイシュガルド」で麒麟が空を飛べるらしいと聞いてから集めだすようになりました。

デブチョコボが空を飛べるわけですから、伝説の生物である麒麟さんが空を飛べないはずがない!

と、思うのですが実際飛べるかどうかはまだわかりません。

3.0でイシュガルドの空を麒麟で飛びたいという夢だけを原動力に頑張ってきたわけですが、果たしてどうなることでしょうか……。

何はともあれ何とか蒼天のイシュガルド編が始まるまでに入手できました!

無事に目標は達成できたので安心して蒼天のイシュガルドを迎えることができそうです。

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク