【PS4】シェアプレイのやり方は簡単!ホストがPSプラス加入済みならビジターにプレイさせられる

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

PS4にはシェア機能というものが付いています。

プレイステーション4のシステムソフトウェアver.2.00以降ではゲームソフトを共有(シェアプレイ)することができるという何ともすごい機能が追加されました。

今回フレンドさんと一緒に試してみたので記事にしてみます。

スポンサーリンク

共有の方法は超簡単。ネット環境さえあればシェアプレイで「ちょっと遊ばせて!」が出来るというすごい時代になった

PS4でシェアプレイをするのは驚くほど簡単にできます。
今回はホスト側が持っているゲームソフトを、ビジターがプレイするという場合を例にしてみましょう。

まず前提条件としてホスト側、つまりゲームを貸してあげる側はプレイステーションプラスに加入している必要があります

PlayStation Plus 1ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード] PlayStation Plus 1ヶ月利用権(自動更新あり) [オンラインコード]
PlayStation 4ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング : 217

Amazonで詳しく見る

今回はゲームを貸してあげるだけなので、借りる側のビジターはプレイステーションプラスに加入していなくても問題ありません。

ここからは実際の画面を見ながらやっていきます。
シェアプレイのテストに使ったのは「プラントVS.ゾンビ ガーデンウォーフェア」というTPSのアクションゲームです。

プラントVS.ゾンビ ガーデンウォーフェア プラントVS.ゾンビ ガーデンウォーフェア
PlayStation 4エレクトロニック・アーツ
売り上げランキング : 1085

Amazonで詳しく見る

まずシェアプレイしたいゲームを起動したら、コントローラの左上にある「SHARE」ボタンを押します。

予めパーティを作っておいても良いですし、作っていなくてもシェアプレイを始める段階で自動的に作成されます。

【SHARE】ボタンを押してシェアプレイを開始する。

今回はパーティを作っていなかったので、パーティを作成するところからですね。

次にシェアプレイさせたい相手を選びます。
これはフレンドや、一緒に遊んだことのあるプレイヤーから選ぶことができます。

シェアプレイの招待を送ろう。

プレイさせたい相手を選んだら招待状を送ります。
メッセージはデフォルトで上記のものが入力されていますし、好きな文面に変えても良いでしょう。

ホストのPS4にビジターのPS4の接続が完了すると下記のようになります。

ビジターにコントローラーを渡すことで操作してもらえる。

これでシェアプレイが開始されました。
後はビジターにコントローラーを渡して、ゲーム画面に戻ることでゲーム内の操作をビジター側で行うことができます。

シェアプレイで操作を渡しても個人情報などの保護は安心!ゲーム画面以外では強制的に操作を取り返せる。制限時間付きなのにも注意だ

相手に操作を渡すということは、PS4自体を好き勝手に弄れるのでは?と考えてセキュリティの面を心配される方もいるかもしれませんが、その心配はありません。

ビジター側で操作できる範囲というのは限られていて、ホスト側がゲーム画面以外の画面を開いている間はビジター側には何も表示されず、操作も一切できません。

そのため個人情報などを相手に見られる心配はありませんし、PS4本体の設定を弄ることもできません。

逆を言えば常にゲーム画面を開いていなければビジターにゲームをプレイさせることができないので、その間ホスト側はゲーム画面を見ることしかできません。

そしてもう一点シェアプレイの制限についてですが、時間制限が設けられていて1回のシェアプレイで1時間しかできません

もし続けてビジターにゲームをプレイさせたいときは、一度シェアプレイを解除してからもう一度シェアプレイを開始する必要があります。これでまた60分間シェアプレイができます。

ですから例えば、「PS4付けっぱなしにしておくから後ゲーム進めておいてね。じゃあ寝るわ~おやすみ~」なんて事はできません。

不便と思うかもしれませんが、シェアプレイの本質を考えれば仕方ないことです。
1時間ごとに更新の手間はありますが、長い時間プレイさせることは可能ということですね!

回線次第だが、ラグも少なく対戦系ゲームでも十分遊べる。プレイステーション4はゲーマーのためのゲーム機といえる

恐らく気になるであろう「ラグ」についてですが、これは双方の回線状態にもよります。

私の場合今のところフレンド2名に協力してもらいテストを行いましたが、一人はほとんどラグが無く普通にTPS・FPSでも問題なく遊ぶことができました。

もう一人は回線状況がおもわしくなかったのか、途中ラグが発生するシーンがあったそうです。
双方の回線状況にもよるのですが、良好であれば対戦アクションゲームも十分楽しむことができますね。

いずれにしてもホスト側・ビジター側共にプレイステーション4とルータはLANケーブルでの有線接続が必須だと思いますから、シェアプレイを楽しみたい方は用意するのをお忘れなく!(無線でも出来ると思いますが、この手の機能を使うのは有線前提)

シェアプレイ、考えてみればネット環境を利用してゲームを遠く離れた人にプレイさせるという中々すごい技術なのですが、プレイステーション4は実に簡単にできてしまいます。

すごい時代になりましたね~。
またこういった機能をしっかり搭載しているあたり、PS4はまさに「ゲーマーのためのゲーム機」といった感じです。

次はシェアプレイを使ったローカルマルチプレイを試してみます。

当サイトのプレイステーション4に関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク