週刊ロビクルをつくるブログ第21号、本体にリア右LEDボードを取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニの週刊ロビクルをつくる、第21号の組み立てブログです。

今回はリア右LEDボードをロビクル本体へ取り付けていきます。

スポンサーリンク

パーツの確認から。LEDボードとケーブルのみだが取り扱いは慎重に

ではパーツの確認からしていきましょう。

週刊ロビクルをつくる第21号。
LEDボードとケーブルが付属。

今号で付属してくるパーツは以下のとおり。

  1. リア右LEDボードx1
  2. マイコン/リア右ケーブルx1

今回はLEDボードとケーブルだけですね。
LEDボードの基盤部分に直接触れないように注意して取り扱います。

今号の組み立てで使用する保管パーツは以下のものです。

  • 第20号で組み立てたロビクル本体
  • 第10号で組み立てたLEDテストボード
  • 第20号で付属した銀ネジx3

ロビクル第21号で使用する保管パーツ。

こちらも予め準備しておきましょう。

LEDボードにケーブルを接続し、本体へ取り付ける。ネジ留めの際は傷つけないように注意

では組み立てていきます。
まずはリア右LEDボードへケーブルを接続します。コネクターの形は両端とも同じ形となっています。

ケーブルをリア右LEDボードへ接続する。

金属が見えていない面を上にしてコネクターへ接続。

次にリア右LEDボードの取り付けです。
ケーブルのもう一方を右リアサイドフレームの一番後ろにある円い穴に通していきます。

リアサイドフレームに合わせてLEDボードを取り付ける。

画像のようにタイヤハウスカバー中央のネジ穴箇所の突起と、LEDボードの切り欠き部分を合わせて設置。LEDボードとネジ穴が合うので保管パーツの銀ネジ3本を使ってLEDボードを固定しましょう。

このときドライバーで基盤をガリっと傷つけてしまわないように特に最初の1本は慎重に締めていきます

LEDボードのテストを行う。時計回りに順に点灯すれば正常に動作している

さて最後は取り付けたLEDボードが正常に動作するかどうかテストを行いましょう。

マイコン/リア右ケーブルのコネクターを用意していたLEDテストボードへ接続し、電源を入れます。

時計回りに流れるように点灯すれば正常に動作している。

画像だと判りにくいですが、時計回り(後ろから前へ)流れるようにLEDが青く点灯しています。

このように光ればLEDボードは正常に動作しています。もし光らなかった場合は電池残量が残っているかや、ケーブルの接続が甘くないかどうかなどを確認してみましょう。

週刊ロビクルをつくる第21号の完成!右側後輪にリア右LEDボードが取り付けられた

今号の組み立て作業は以上です!
週刊ロビクルをつくる、第21号での完成品はこちらです。

週刊ロビクルをつくる、第21号での完成品。LEDボードが搭載された。

左側に続いて、右側のリアにもLEDボードが取り付けられましたね。

デアゴスティーニ公式組み立てサポート動画、第21号分はこちらです。

さて、次回の週刊ロビクルをつくるブログは第22号となります。
次号では、付属の右サイドカウルとカバー、パネルを使って右側も完成形に近づけていきますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク