週刊ロビクルをつくるブログ第17号、本体右側にモーターと後輪を取り付ける

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

デアゴスティーニの週刊ロビクルをつくる、第17号の組み立てブログです。

今号では前回と同じ作業要領で本体の右側にモーターと後輪を取り付けていきます。

スポンサーリンク

パーツの確認から。前回と同じくギヤードモーターが付属

まずは付属パーツの確認から。

週刊ロビクルをつくる第17号。
付属内容は前号とほぼ一緒。

今号で付属するパーツは以下のとおり。

  1. ギヤードモーターx1
  2. モーターホルダーx1
  3. 右タイヤハウスx1
  4. タイヤハウスカバーx1
  5. 銀ネジ(M2x5mmなべネジ)x9

パーツの構成は前号とほぼ一緒です。
そして今回使用する保管パーツは、

  • 第16号で組み立てた本体
  • 第7号で組み立てた右後輪

週刊ロビクル第17号で使用する保管パーツ。今回は右側をつくる。

こちらも前号とほぼ同様ですね。

ギヤードモーターと右後輪を取り付ける。左側と同様にシャフトのDカットに注意しながら作業する

では組み立てに入っていきます。
基本の工程は前号とまったく一緒で、それが右側になっただけです。

右側も同様に組み立てる。シャフトのDカットに注目しておく。

ギヤードモーターを本体にセットしたら、モーターホルダーをかぶせて銀ネジ2本で固定。
タイヤハウスを側面から差し込むようにして取り付けたら、裏側も含めた計3ヵ所を銀ネジで固定します。

右後輪取り付け時はギヤードモーターのシャフトのDカットと後輪のDカットを合わせる点に注意が必要です。前号でもやりましたが、無理やり押し込んでしまうとDカットが潰れてしまうので形を合わせるのは重要です。

銀色のシャフトが1mm程度になるまで右後輪を差し込む。

Dカットを合わせたら、横から見たときに銀色のシャフトが1mm程度見えるくらいまで差し込みましょう。

右後輪を取り付けたら、最後にタイヤハウスカバーをかぶせていきます。
タイヤハウスカバーの突起部分とネジ穴を合わせて、銀ネジ3本を使って固定したら組み立て完了です!

週刊ロビクルをつくる第17号の完成!ロビクル本体の両側にモーターと後輪が取り付けられた!

今号の組み立て作業は以上です。
週刊ロビクルをつくる、第17号での完成品はこちら!

週刊ロビクルをつくる第17号での完成品。両側の後輪が取り付けられた!

本体の両側にギヤードモーターと後輪が取り付けられました。
やはり車輪が両方に付くと、いよいよバギーの形になってきますね~。動き出すのが楽しみです!

デアゴスティーニ公式の組み立てサポート動画、第17号分はこちらです。

さて次回の週刊ロビクルをつくるブログは第18号となります。
次号では左右のリアサイドフレームを取り付けていきますよ!

当サイトの週刊ロビに関する記事一覧はこちらから

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク