【新生FF14】真成編4層クリア!メガフレアダイブは絶対回避。各フェーズでの失敗しやすいポイントなど

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

12月11日、ついに真成編4層をクリアしました!
連日主催として募集しては、練習、解散、再募集と中々に苦労していたのですがやっとクリアできました。

夜な夜な一緒に頑張ってくれたフレンドにも感謝です。

スポンサーリンク

最終決戦だけあってギミックミスは許されない。多くのPTで躓くであろうフェーズ毎のポイント整理

ラスボスというだけあってやはり大変手ごわい相手ででした。
フェーズは全部で4つに分かれていますが、フェーズ2以降で躓きやすい点をまとめてみました。

フェーズ2で失敗しやすいポイント

ここでは龍圧デバフが付く玉「フレアスター」ギミックが事故の原因になりやすいです。
基本的にデバフスタック3つ目を取った時点でほぼ死にますが、そこで生き残っても次の龍神の咆哮で死にます。

フレアスターの出る位置及び追尾の対象はランダムなので、誰が優先してとるかということを予め決めておくと事故が減るはずです。また巻き込み範囲が見た目よりも大きいため、大げさなくらい離れておいた方が安心です。

フェーズ2から追加される「塔」にも注意。
こちらは頭割りメガフレアと合わせて出現しますが、塔の位置にメガフレアが着弾したときにその塔付近に誰もいないと全体ダメージ+DoTを食らいます。これは出現位置にいた人が基本処理ですが、頭割り対象だった場合などは他の人が代行。

頭割り集合位置に塔が出現したらヒーラーの差込回復で耐えるしかありません。この塔のギミックは最終フェーズでも同じものがきます。(しかも塔が2本になってる)

フェーズ3で失敗しやすいポイント

フェーズ3はDPSの火力チェックのシーンです。
このフェーズに入ると全て時間ごとに進行し、一定時間経過で次の敵がPOPします。

そのため次々と湧いてくる敵増援をすばやく倒す必要があります。
そして大迷宮バハムート恒例の「ダイブ」もここで追加されます。

フェーズ以降後のダブルダイブ、シンx2の後のダブルダイブ、そしてテラフレア前のダイブ(単体)。
合計3回のダイブ攻撃がきます。

PTで一緒になった皆とクリア記念撮影!やっぱりこの瞬間が一番楽しい。

邂逅編・侵攻編・真成編と通してみてきていつも壁になるのがこのダイブでした。
どうしてもダイブ系が苦手な方がいるようで、募集で集めたPTで必ずHITする人がかなりの割合でいらっしゃいました。

このダイブは100%回避できなければこの先のクリアはまず絶望的になるので何としても慣れてもらうしかありません。このフェーズでは完全に時間で管理されているため、タイマーマクロなどで警告するようにすれば事故は減らせます。あとは回避位置などの打ち合わせをしっかりと行います。この点は主催の腕の見せ所といったところでしょうか。

サーバーによってはこのダイブ回避方法がいろいろあるようですが、チョコボサーバーでは現在のところ中央に集合し、ダイブ射線確定後にバハ基準で左右に4:4に分かれて散開というのが主流になっています。

ダイブ以外でありがちなのはガストがペインに食われるという事故もあります。
タンクが予めガストを誘導する位置などは決まっていますが、ガストは出現後まずまっさきにヒーラーへ向かうはずなのでヒーラーはペインなどから離れた位置に移動しておくとタンクが安心してガストを取ってくれます。

PT火力にもよるのでしょうが、多くの場合テラフレア直前くらいまで最後にPOPしたペインが残っているはずです。この際ガストと離すため湧き位置にてSTがペインを保持しています。

中央から左右に散開する方式でダイブを避けている場合、テラフレア直前のダイブ(シングル)がSTに確定した際うっかり戦士の方に逃げてぶっ飛ばされるというケースもありました。

最後のダイブはシングルなので、落ち着いて誰が対象になったか確認しておきましょう。またこの際ペイン保持のSTが落ちやすいためヒーラーはSTの回復に気を使わなくてはなりません。

フェーズ4(最終フェーズ)で失敗しやすいポイント

いよいよ最終フェーズだなぁオイ!
さてここまでくればクリアまであと少しですが、最終フェーズも油断なりません。

基本的なギミックはフェーズ1と2までのものですが、塔が2つになっている・テンペストィング・アクモーンのギミックが追加されます。

塔が2つになることで重なるとかなりヒーラーがきつい場面ですからHPの確保は必須といえます。焦って集合して失敗するパターンも多い場面でした。

テンペストウィングはタンクがそれぞれ1本ずつ線を取って代行するのが主流です。
テンペストウィングがくるのは「メガフレアの後」「アースシェイカー」のときです。

アースシェイカーのときは正直簡単なのでそこまででもないですが、事故りやすいのはメガフレアの後のやつです。メガフレアの大円が重なったり、それぞれ回避行動をとろうとするため線が上手く取れないことがあります。

アースシェイカーの汚泥は踏むと結構食らうためP1から慣れておこう。

ここでタンク以外が線を取っていると吹き飛ばしを食らってまず崩壊コースです。
タンクの場合バハムートの脚の付け根あたりに位置を取り、そこから左右それぞれの分担の線を取るとやりやすいです。密着しておくのがコツのようでした。

線を取ったらタンクはそのままバハから離れます。
バハ前方の方へそれぞれ退避するためそこから線を取り返されることはまずないでしょうが、稀にDPSが横取りするケースがあります一度線を取ってから離れたのにそのあとにまた線をとられた場合明らかにDPSに非がありますのでこの点は気をつけたいところです。

アクモーンは回を重ねるごとに回数が1ずつ増えていきます。
火力が足りていればアクモーンは通常全部で5回は来るはずなので、それぞれどの回でタンクが何のスキルを使って対応するのか確認しておくことも非常に重要です。

これもPTごとに多少違いがあるかもしれませんが、私のときはアクモーン2回目で戦士が挑発・ホルムギャング使用、ナイトが「かばう」を使って対応していました。

このとき実際に起こった事故としてはナイトがタゲを奪い返してしまってアクモーンがナイト直撃というケースがありました。もしタゲ取り返しが心配な場合はバハムートプライムのターゲットを一時的に外す(AAなどで取り返す可能性が0になる)というのも手かもしれません。

ヒーラーは頭割りやアクモーン対処で中々大変なシーンでもあるのですが、今までの経験を生かして耐えて欲しいところです。中々ギリギリの戦いになるはずなので、DPSはとにかく余計な被弾をせず最大火力を出すことに集中しましょう。

時間切れギリギリの場合は5回目アクモーンのあとに時間切れギガフレアが詠唱開始されるので何とか頑張ってください!

大迷宮バハムートクリアの証!称号「the Final Witness」とミニオン「マメット・ルイゾワ」が貰えるぞ!

無事大迷宮バハムート真成編4層をクリアすれば、クリアの証として称号「the Final Witness」とミニオン「マメット・ルイゾワ」がもらえます。

クリアの証、マメット・ルイゾワ!可愛い系のミニオンではないが嬉しいものだ。

マメット・ルイゾワはグリダニア旧市街(10,6)にいるアチーブメントと交換してくれるNPC「ジョナサス」から受け取ることができます。クリアしたら忘れずに貰っておきましょう!

攻略などについて書きたいことはたくさんありますがまとめ切れませんのでバハムート真成編4層も含めて何回かに分けて記事にしてみようと思います。

ゲームの方もひと段落着いたのでやっとゆっくりブログ更新とかができます(涙)

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク