【新生FF14】個人宅がFCハウスと同じ扱いに!2.38でハウジングが荒れた。当然Sは即売り切れ

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 17

9月16日にパッチ2.38がきて、これで個人ハウジングが所有できるようになったのですが、これが何ともすごい仕様。

個人用に別にエリアなどが用意されるものだと思っていたユーザーが多いようですが、冒険者居住区にある土地を個人でも買えるようになったというだけのものでした。

なお追加区画は7区と8区の2つだけ。

スポンサーリンク

まさかの冒険者居住区を個人に解放でさらに土地不足が加速。Sは即売り切れたようで、複数キャラでの買占めも可能

おそらく大半の方がFC所属に関係なく購入できる「冒険者居住区とは別のエリアにある物件を購入できるもの」と考えていたようですが、これが大ハズレ。

実際は冒険者居住区の物件が個人でも買えるようになっただけです。

FC所属・未所属に関係なく物件が購入できてしまい、1プレイヤーキャラクターあたり1つまでという制限はあるものの複数アカウントを所持している人はかなりいるでしょう。

また最低価格400万ギルからとのことですが、今の経済状態だとそのくらい複数買ってお釣りがくるというくらいギルを持ってる人もたくさんいます。

前回第6区が追加されたときにはFCのみ購入可能でしたがそれでも多くのFCが購入できなかったようですから、今回追加された2区は個人でも買える仕様だけあって、またかなりのFCが買えずに苦い思いをしたようです。

何故反響が大きいか。吉田氏の過去の発言が結局嘘になってしまったため「金が無い個人とログイン制限だったFC」が泣きを見た結果

実はハウジング機能が実装された当時、プロデューサーの吉田氏はこんなことを言っていました。

■今後追加予定の個人ハウジングについて■

今後公開を予定している個人ハウジングについて補足をさせていただきます。
実装と公開の時期を現時点でお知らせすることはできませんが、個人ハウジングシステム公開の際には、
今回公開となった「フリーカンパニーの本拠地としてのハウジング」とは価格をまったく別にしますので、
(当然ながらもっともっと安く公開させていただきます)その点についてはご安心ください。

フォーラム:「土地の値段が高すぎます」より引用

今回公開となった「フリーカンパニーの本拠地としてのハウジング」とは価格をまったく別にしますので、(当然ながらもっともっと安く公開させていただきます)その点についてはご安心ください。

価格をまったく別にしている、もっともっと安く公開すると発言していました。
つまり既存のハウジングとは別物であるという理解を大半のユーザーがしており、マンションタイプみたいなもとだとか、畑も鉢植えでできるようなものだと思われていました。

ところが実際はFCハウジングとまったく同一で、値段も一緒、エリアも一緒だったわけです。

今回のパッチ2.38の公開からの反響を見て、吉田氏は以下のように発言しています。

開発チームではパッチ2.3以降、限られたサーバーリソースを有効利用し、
できる限り多くの土地を追加できる、新しいシステムの開発を行ってまいりましたが、
大規模なデバッグ作業と最適化のため、公開ワールドへの投入をパッチ2.4へと見送ることとなりました。

「こんなに少ない土地ならパッチ2.4まで増やさないでほしかった」というご意見もあるかと思われますが、
できるだけ早く、少しでも土地を解放できるようにと、今回の追加に至っています。ご了承ください。

今後の予定ですが、現在開発中のシステム変更により、パッチ2.4では「今回追加した2区画を含め」、
現在あるすべての区画の土地面積を倍増できる見込みです。
(単純にパッチ2.38までの全ハウス建設用地が、パッチ2.4で倍になる、ということです)

「パッチ2.38~パッチ2.4までの土地追加について」より引用

何というかユーザー側も不意を付かれたという感じでしょうか……。

案の定メンテ明けにはログインが殺到する事態になり、回線切断される&ログイン制限がかかりまくることとなりました。

個人部屋と同じように比較的安価で買えるかもと思っていたユーザーにとっては「高すぎて買えず」、FCハウジングを期待していたFCにとっては「競争相手が激増で入手困難」という結果になってしまいました。

個人宅勢、FCハウス勢にも中々厳しかったかもしれない。

すぐにログイン制限がかかってしまい、問題なくログインできるようになるころには一番人気のSサイズ用土地は全て売れてしまったあとでした。ものの数十分で売り切れてしまったようです。どちらにしてもデメリットが大きかったように思えます。

前回第6区が追加されたときはメンテが前倒しで行なわれたこともあり、逃してしまったFCは「今度こそ」と思っていたはずです。

他のFCハウジング勢が競争相手ならまだ負けても納得はいくかもしれませんが、個人ハウジング勢まで入ってくるとなると納得できない部分は多いのではないでしょうか。

もちろんそういうシステムですし、今回はメンテフライングもなく皆同じ土俵で戦ったわけです。無事に買えた人も当然いるのですから、念願のお家を手に入れた方には素直に「おめでとう!」と言うべきでしょう。

ただ「今度土地が追加されたら絶対買って、メンバーとハウジングするんだ!」と意気込んでいたフレンドのFCマスターとかのサーチ情報から、「カンパニーのHousing」を見たときにでてくる「所有していません」の文字を見てしまうと何ともやるせない気持ちになってしまいます……。

開発の事情もたくさんあると思うので、要望ばかりすることはできないというのは解かってはいるのですが、今回の個人宅仕様については吉田氏が以前に発言していたものとまったく違うものとなってしまい、結局嘘になってしまった格好に。

十分な土地を用意できず、FCハウジングすら足りてない状態で個人ハウジング解放しなくても良かったのではないかなというのが私の率直な感想です。

早速土地の転売や煽る書き込みも出てきた!ネトゲでは良くあることだけど……。ハウジングの今後はどうなる?

自慢と嫉妬が渦巻くのがネトゲの常というのはある程度ネトゲをやってる方ならば分かることですが、ハウジング関連でも早速出てきました。

まず募集掲示板に「土地売ります」という募集。
400万ギルで買ったものを1500万ギルで売るというものです。土地の転売ですね!一攫千金を目指せるでしょうか。

さらにはロードストーンでの日記。
こちらも土地を買えた方の日記を拝見しますと、「やっと買えました!」という微笑ましいものから、「特に要らなかったけど買っちゃったので家具倉庫にでもしますw」という苦笑いモノまで実に様々。

今回の仕様での個人ハウジング実装はあらゆるところで大きな反響があったようです。

こういうのもひっくるめて楽しめるようになればネトゲユーザーとして一人前なのでしょうか……。

さてFF14のハウジング、今後はどうなるのでしょう。
先程の引用元にもありましたが、

今後の予定ですが、現在開発中のシステム変更により、パッチ2.4では「今回追加した2区画を含め」、
現在あるすべての区画の土地面積を倍増できる見込みです。
(単純にパッチ2.38までの全ハウス建設用地が、パッチ2.4で倍になる、ということです)

とあります。
今の区画に新たに土地が追加されて、全体で見ると倍になるということでしょうか。確かに大幅に追加されるようです。

今回個人ハウジングとFCハウジングが同じ物件を扱うということが判明したため、次回も当然そうなるでしょう。

土地の確保には相変わらず難儀するかもしれませんが、ハウジングを目指すならば避けては通れないですね。

パッチ2.4までの1ヶ月強の間に、どれだけ準備をしておけるでしょうか。
今回FC、個人問わずにハウジングを逃してしまった方は次回のパッチで入手できるよう頑張りたいところですね!

最後に海外ユーザーのパッチ2.38ハウジングに関する動画。

ちょっと和みますね。

当サイトのファイナルファンタジーXIV関連記事はこちらから

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク

この記事の内容をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク